浅間温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg浅間温泉
温泉情報
所在地 長野県松本市
交通 公共交通 : 篠ノ井線松本駅前の松本バスターミナルより松本電鉄バスで約25分
泉質 単純温泉
泉温(摂氏 42〜52.3
液性の分類 アルカリ性
外部リンク 浅間温泉観光協会
テンプレートを表示

浅間温泉(あさまおんせん)は、長野県松本市北東部にある温泉。同市の奥座敷といわれる。

泉質[編集]

  • アルカリ性単純温泉 42〜52.3度
  • 源泉は第1号源泉、第2号源泉、第4号源泉、東北源泉、山田源泉、大下源泉、鷹の湯源泉の7カ所が使用されており、この他に旧松の湯源泉が存在したが昭和29年頃に枯渇した。また、温泉街中心から南東約300メートルを隔てた山林内に未利用の源泉が自噴している。
  • おおむね無色無臭であるが、第1号源泉のみ微かな硫黄臭を感じる。

温泉街[編集]

温泉会館を中心に、約30軒の旅館と2軒の日帰り専用入浴施設(枇杷の湯、市営浅間温泉会館ホットプラザ浅間)、3軒の共同浴場(仙気の湯、港の湯、倉下の湯)がある。このほか、各町会などで管理する共同浴場が多数あるが一般には開放されていない。また北仙気の湯は近年まで一般開放されていたが現在では一般開放は行っていない。

歴史[編集]

開湯は約1000年前。地元の豪族であった犬飼氏が天慶2年(939年)に発見したことに由来し、「犬飼の御湯」とも称される。

江戸時代慶長年間に松本藩主石川氏が別邸を置き、それより松本藩の保養を兼ねた下屋敷として使用された。温泉は、御殿湯(御殿の湯)とも称され、湯守により管理された。現在の日帰り入浴施設「枇杷の湯」がそれである。また、藩士の保養を目的とした御組の湯、柳の湯、御用馬の湯なども置かれた。元禄年間の善光寺街道名所絵図には、内湯や外湯を利用して旅の疲れを慰める旅人の様子が描かれており、善光寺街道に接した宿場として栄えた。

明治時代に災害により御殿湯等が被害を受け、近隣の山には植林等の災害対策が施された。 宮家(閑院宮久邇宮)や文人(若山牧水与謝野晶子徳田秋声)らが訪れたことがある。

太平洋戦争末期には特攻隊員の待機所が置かれた。

また、ドラマ白線流し(1996年1月〜3月放映、他)において、橘冬美の実家として浅間温泉にある某旅館(大正時代の建物)が使用された。

2005年度から、浅間温泉観光協会が観光で利用する名称を「松本あさま温泉」に変更した。これは、「浅間」という名称が浅間山の近辺を連想させる事から、松本近郊の温泉であることをPRするための変更である。

ひらがな表記にするという検討がなされたが、各団体で検討の結果、現状の浅間温泉という温泉地名は変更しない事が確認された。ひらがなを使用して宣伝に使用する場合も、必ず漢字の「浅間温泉」を注釈で記載するという決定もなされた。

地名としての浅間温泉[編集]

浅間温泉
—  町名・大字  —
浅間温泉の位置(長野県内)
浅間温泉
浅間温泉
座標: 北緯36度15分43.2秒 東経137度59分19.4秒 / 北緯36.262000度 東経137.988722度 / 36.262000; 137.988722
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Nagano Prefecture.svg 長野県
市町村 Flag of Matsumoto, Nagano.svg 松本市
人口 (2015年(平成27年)1月1日現在)[1]
 - 計 3,386人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 390-0303
市外局番 0263
ナンバープレート 松本
座標は浅間温泉郵便局

松本市の町丁および大字。浅間温泉街は1991年11月5日住居表示実施によって浅間温泉一丁目〜三丁目に別れ[2]、背後の山側が大字浅間温泉となる。人口は3,386人[1]郵便番号は390-0303[3]

主な施設[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]