出雲 (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
装甲巡洋艦 出雲
艦歴
発注
起工 1898年5月14日
進水 1898年9月19日
就役 1900年9月25日
その後 1945年7月24日戦没
除籍 1945年11月20日
性能諸元
排水量 9,750t
全長 121.92m
全幅 20.94m
吃水 7.37m
機関 ベルヴィール式石炭専焼水管缶24基
直立型三段膨張式四気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大速 20ノット
兵員 672名
兵装 20.3cm連装砲塔2基
15.2cm単装速射砲14門
12ポンド単装速射砲12門
2.5ポンド単装速射砲8門
45.7cm水中魚雷発射管単装4門
兵装(最終時) 八九式12.7cm(40口径)連装高角砲2基
15.2cm(40口径)単装速射砲4基
三年式8cm(40口径)単装高角砲1基
九六式25mm三連装機銃2基
九六式25mm連装機銃2基
九六式25mm単装機銃4基
九三式13.2mm単装機銃2基

出雲(いずも)は、日本海軍装甲巡洋艦

概要[編集]

出雲型1番艦。 艦名は出雲国に由来する[1]。 艦内にはクシナダヒメの神像を祀っていた[2]

日露戦争では上村彦之丞提督(第二艦隊司令長官)率いる「上村艦隊」の旗艦として参加[3]日本海海戦では殿(しんがり)艦を務めた姉妹艦磐手と共に活躍している[1]第一次世界大戦には、メキシコの動乱に際して警備艦として派遣される[3]。続いて第二特務艦隊として地中海に派遣された。世界大戦終了後、練習艦(類別上は巡洋艦籍のまま)として遠洋航海に従事した[3]

旧式化により1921年(大正10年)9月より一等巡洋艦から海防艦[4]に類別変更された[5]

その後も1932年(昭和7年)以降の支那事変において、第三艦隊旗艦としておもに上海に停泊した[6]1937年(昭和12年)7月以降の日中戦争では、支那方面艦隊旗艦として上海方面にあった[7]

1942年(昭和17年)7月1日、日本海軍の海防艦定義変更にともない、「出雲」は一等巡洋艦に復帰した[8]1943年(昭和18年)、中国大陸から内地にもどり、瀬戸内海で練習艦となった[6]太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)7月24日、呉軍港空襲により転覆・沈没した[6]。戦没するまで45年間現役にあった。

艦歴[編集]

日露戦争まで[編集]

六六艦隊計画(戦艦6、装甲巡洋艦6)の一艦としてイギリスに発注された[9]1898年(明治31年)5月14日、イギリスのアームストロング社で起工[1]1899年(明治32年)9月19日、進水[10][11]1900年(明治33年)9月25日、竣工[1]。同年10月2日、イギリスを出発[1]。同年12月8日、横須賀に到着した[1][12]

日露戦争[編集]

日露戦争中の出雲は通商破壊戦を行うウラジオ艦隊を警戒して対馬海峡に展開していたが、その努力も虚しく1904年明治37年)6月15日に陸軍の輸送船「常陸丸」がウラジオ艦隊によって撃沈される常陸丸事件が発生してしまう。降伏を拒否して小銃で応戦した陸軍将兵達の悲壮な最期が国内に伝えられると、濃霧によりウラジオ艦隊を取り逃がした上村や出雲の所属する第二艦隊は国民からの強い批判にさらされた。演説会や新聞では「無能」や「露探(ロシアのスパイ)提督」などと中傷され、激昂した暴徒が上村将軍の家に押し寄せて石や短刀を投げつける事件も発生している。この事態に上村の部下たちは憤慨したが、上村は「家の女房は度胸が据わっているから大丈夫」と笑って取り合わなかったといわれる。上村の妻は毎日寺参りをして敵艦隊発見を祈願していた。

常陸丸事件から2か月後に発生した蔚山沖海戦では[13]、第二艦隊(第二戦隊〈出雲〔第二艦隊旗艦〕、吾妻常磐磐手千早〉、第四戦隊〈浪速高千穂対馬新高〉)がついにウラジオ艦隊の装甲巡洋艦リューリクを撃沈した[14]。上村将軍(出雲座乗)は残存する装甲巡洋艦2隻(ロシア、グロモボーイ)の追撃を指示するも「我レ、残存弾数ナシ」の報告を受け結局攻撃を断念した。

撃沈されたリューリクは日本の艦船を多数撃沈しており、上村中将にとっては常陸丸事件の件でも恨みの深い相手であったが、沈みながらも味方艦を逃がすために砲撃を続ける姿に感銘を受けた日本艦隊は生存者の救助に当たった。この行動は国内外で賞賛され、後にこの救助活動を元にした「上村将軍」という歌が作られている。スラバヤ沖海戦で敵兵を救助した工藤俊作もこの歌を祖母から子守唄のように聞かされていたとされている[15]

日本艦隊に撃沈されるリューリク

上村将軍(一部) 作詞:佐々木信香 作曲:佐藤茂助

蔚山沖の雲晴れて 勝ち誇りたる追撃に 艦隊勇み帰る時 身を沈め行くリューリック

恨みは深き敵なれど 捨てなば死せん彼等なり 英雄の腸ちぎれけん

救助と君は叫びけり 折しも起る軍楽の 響きと共に永久に

高きは君の功なり 匂うは君の誉れなり

この際、出雲に救助されたリューリクのロシア将校が艦内に小鳥が飼われているのを見つけ「この小鳥は前から飼っているのか」と聞くと、日本人通訳が「あれはリューリックの溺者を救助にいったものが海に浮かんでいるのを見つけて可哀そうだから捕えてきて飼っているのだ」と答えると、ロシア将校は涙を浮かべてそれは自分が飼っていた鳥であること、通商破壊戦で多くの民間船を撃沈していたため報復されると思っていたことを語り、神に黙祷を捧げたというエピソードが残っている[16]。艦を指揮した上村中将は非常に感情の激しい人物として有名であるが、鳥が好きであった。この際救助した小鳥かは不明だが、肩に小鳥を乗せて笑みを浮かべている写真を何枚か残している。

上村将軍の歌詞には、救助活動時の軍楽隊による演奏についての一説があるが、当時の出雲の軍楽隊長は吉本光藏であった。

その後の日本海海戦でも、第二艦隊(旗艦出雲)は上村の指揮のもとで参加[17]。命中弾7-8発、戦死者3名・負傷者27名[18]。 戦闘中、舵が故障した戦艦「クニャージ・スヴォーロフ」を見てバルチック艦隊が北へ向かうと誤認した旗艦「三笠」は、これの追撃を指示したが、上村と副官の佐藤鉄太郎中佐は舵の故障と即座に判断、三笠の命令を無視して「我に続け」の信号旗を掲げながらバルチック艦隊に突撃。巡洋艦中心の第2戦隊が、戦艦中心のバルチック艦隊に突撃するという前代未聞の作戦を実施し、結果的に挟撃することに成功した。クニャージ・スヴォーロフ以外のバルチック艦隊の後続艦は南東方向に舵を取ってウラジオストクへの離脱を目指していたため、三笠の命令に従っていれば残存艦艇に逃げられていた可能性は高く、日本側の勝利に大きく貢献する活躍となった。

1910年には日露戦争の英雄的人物である秋山真之も艦長を務めている。

第1次世界大戦・戦間期[編集]

1913年(大正2年)11月20日、横須賀を出撃。ウエルタ将軍のクーデターに端を発する内戦で混乱するメキシコに、邦人保護を目的に派遣された[1]。翌年の1914年(大正3年)に第一次世界大戦が勃発すると、装甲巡洋艦「浅間」、戦艦「肥前」(旧「レトヴィザン」)とともに遣米支隊が編成され、出雲は旗艦としてアメリカ西海岸を防衛する任務に当たった。

1917年(大正6年)8月、第二特務艦隊の増援部隊として地中海マルタ島に派遣される[1]。 地中海進出後、第二特務艦隊司令官佐藤皐蔵少将は旗艦を「明石」から「出雲」に変更[19]。 第二特務艦隊は、中央同盟国潜水艦部隊による通商破壊から船団を護衛する任務に従事した。

1919年(大正8年)7月9日、横須賀軍港で御親閲式(第一次大戦の遣欧艦隊に対する閲兵)が行われた[20][21]。 「出雲」は大正天皇が乗艦する御召艦(おめしかん)を務めた[21][22]

その後、日露戦争で活躍した各艦は練習艦として運用される[1]。「出雲」は遠洋航海に6回参加し、士官候補生達を乗せてヨーロッパや米国など世界中を回った。 1922年(大正10年)9月1日、日露戦闘時代の主力艦は戦艦や巡洋艦から海防艦に類別変更される[5]。「出雲」も一等海防艦になった[5]。同年の「ブラジル独立100年祭記念観艦式」の際には、同型艦の「磐手」や「浅間」と共に参加している。

1924年(大正13年)夏、海軍兵学校第52期生(少尉候補生。源田実など)が「出雲」に乗艦する[23]。当時の出雲第一分隊長は有馬正文大尉だった[23]

1925年(大正14年)5月24日、秩父宮雍仁親王はヨーロッパ留学のため横浜港で「出雲」に乗艦[24]、装甲巡洋艦日進に座乗した摂政宮昭和天皇)に見送られて出港した[25]6月6日、秩父宮は香港で「出雲」から貨客船箱崎丸に移乗、ヨーロッパに向かった[26]

1934年からは九〇式二号水上偵察機を搭載するようになった。

支那事変・太平洋戦争[編集]

上海沖に停泊している出雲(37年撮影)

日中戦争支那事変)における「出雲」は、第三艦隊(司令長官長谷川清中将)の旗艦として上海に停泊した[1][11]1937年(昭和12年)7月上旬に生起した盧溝橋事件は、第二次上海事変に発展。上海の黄浦江に停泊していた旗艦「出雲」は中華民国空軍の目標になる[27]。8月14日午前10時以降、「出雲」と第八戦隊は中華民国空軍爆撃機(10機程度)の攻撃を受けた[27]。対空射撃を敢行し、軽巡洋艦川内と共に撃退している[28]。中華民国空軍による「出雲」爆撃は上海共同租界の諸外国に通知されており、外国人達は1時間程迄前から建物の屋上に鈴なりになって「出雲」が沈没する様子を見ようと期待していた[28]。ところが「出雲」の対空砲火で中華民国爆撃機は爆撃針路を変更、外れた爆弾が観戦者達に死傷者が出た[28]源田実(当時、第二連合航空隊参謀)は「中国側も中国側であるが、他人の命がけの戦争を高みの見物としゃれる方もしゃれる方である。天罰覿面という所か。」と回想した[28]。 同月16日、中国側は魚雷艇による「出雲」襲撃を敢行した。「出雲」に被害はなかった。なお、攻撃した中国魚雷艇は撃沈。後に引き上げられて日本軍に使用されている。

1941年(昭和16年)12月8日、真珠湾攻撃によって日米が開戦したこの日に出雲は米国の砲艦「ウェーク」を拿捕、投降を拒否した英国の砲艦「ペテレル」(w:HMS_Peterel_(1927))を撃沈している。なお、ウェークは第二次世界大戦で唯一敵に降伏したアメリカ海軍の艦船となっている。

1942年(昭和17年)7月1日、日本海軍は海防艦の定義を大幅に変更。航行能力のある軍艦3隻(八雲、出雲、磐手)は海防艦から一等巡洋艦(重巡洋艦)に類別変更された[8]

1943年(昭和18年)より内地に帰投[6]。瀬戸内海で練習艦として運用された[6]1945年(昭和20年)7月24日に呉軍港空襲で米艦載機の攻撃を受け、至近弾により転覆着底、3名が死亡した。姉妹艦「磐手」も呉軍港空襲により損傷・着底した[29]

広島県江田島市には、共に小用港沖で戦い戦没した戦艦「榛名」と合同の戦没者留魂碑が小用港沖を望む丘の上に建てられている。

年譜[編集]

歴代艦長[編集]

※脚注無き限り『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長
艦長
  • 井上敏夫 大佐:1900年3月14日 - 1902年3月12日
  • 宮岡直記 大佐:1902年3月12日 - 1903年9月26日
  • 伊地知季珍 大佐:1903年9月26日 - 1905年12月12日
  • 加藤定吉 大佐:1905年12月12日 - 1906年2月2日
  • 名和又八郎 大佐:1906年2月2日 - 10月12日
  • 奥宮衛 大佐:1906年10月12日 - 1907年8月5日
  • 釜屋忠道 大佐:1907年8月5日 - 1908年2月20日
  • 矢島純吉 大佐:1908年2月20日 - 1908年9月15日
  • 茶山豊也 大佐:1908年9月15日 - 1909年5月22日
  • 山口九十郎 大佐:1909年5月22日 - 1909年7月10日
  • 竹下勇 大佐:1909年7月10日 - 1910年4月9日
  • 秋山真之 大佐:1910年4月9日 - 1910年12月1日
  • 関野謙吉 大佐:1910年12月1日 - 1911年3月11日
  • (兼)西垣富太 大佐:1911年3月11日 - 1911年5月23日 (本職:敷島艦長)
  • 田所広海 大佐:1911年5月23日 - 1912年12月1日
  • 竹内次郎 大佐:1912年12月1日 - 1913年11月12日
  • 森山慶三郎 大佐:1913年11月12日 - 1914年11月19日
  • 三村錦三郎 大佐:1915年1月25日 - 1915年12月13日
  • 河田勝治 大佐:1915年12月13日 - 1916年11月6日
  • 小林研蔵 大佐:1916年11月6日 - 1918年7月5日
  • 増田幸一 大佐:1918年7月5日 - 1919年11月20日
  • 宮村暦造 大佐:1919年11月20日 - 1921年2月15日
  • (兼)小泉親治 大佐:1921年2月15日 - 1921年4月14日 (本職:肥前艦長)
  • 植村信男 大佐:1921年4月14日 - 1922年4月15日
  • 原敢二郎 大佐:1922年4月15日 - 1923年3月1日
  • (兼)白石信成 大佐:1923年3月1日 - 1923年5月1日 (本職:常磐艦長)
  • (兼)佐藤巳之吉 大佐:1923年5月1日 - 1923年7月20日 (本職:佐多特務艦長)
  • 原道太 大佐:1923年7月20日[32] - 1923年11月10日[33]
  • 重岡信治郎 大佐:1923年11月10日[33] - 1925年12月1日
  • 井上継松 大佐:1925年12月1日 - 1927年2月1日
  • 鈴木秀次 大佐:1927年2月1日[34] - 1927年12月1日[35]
  • 広田穣 大佐:1927年12月1日 - 1929年2月8日
  • (兼)山本松四 大佐:1929年2月8日[36] - 1929年5月1日[37] (本職:龍田艦長)
  • 小籏巍 大佐:1929年5月1日[37] - 1929年11月30日[38]
  • (兼)川名彪雄 大佐:1929年11月30日 - 1930年2月5日 (本職:夕張艦長)
  • 星埜守一 大佐:1930年2月5日 - 1931年11月2日
  • 松野省三 大佐:1931年11月2日 - 1932年11月15日
  • 中村重一 大佐:1932年11月15日 - 1933年11月15日
  • 高須三二郎 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月1日
  • 大島四郎 大佐:1934年11月1日 - 1935年7月10日
  • 岩越寒季 大佐:1935年7月10日 - 1936年11月16日
  • 鎌田道章 大佐:1936年11月16日 - 1937年12月1日
  • 岡新 大佐:1937年12月1日 - 1938年9月1日
  • 原田清一 大佐:1938年9月1日 - 1939年11月15日
  • 吉富説三 大佐/少将:1939年11月15日 - 1940年11月1日
  • 秋山勝三 大佐:1940年11月1日 - 1941年9月13日
  • 魚住治策 大佐:1941年9月13日 - 1942年10月7日
  • 村山清六 大佐:1942年10月7日[39] - 1943年9月12日[40]
  • 西岡茂泰 大佐:1943年9月12日 - 1943年12月30日
  • 加藤與四郎 大佐:1943年12月30日 - 1944年8月10日
  • 草川淳 大佐/少将:1944年8月10日[41] - 1945年3月1日[42]
  • 鳥居威美 大佐:1945年3月1日[42] - 1945年8月10日[43]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『軍艦出雲は日露戰爭前出來上がった。其の當時世界的に優秀な装甲巡洋艦である。同艦には出雲の國の人達から贈られた稲田姫の御神像と神酒甕と大杯がある。日露戰爭のときは第二艦隊司令長官上村彦之丞中将の旗艦であった。明治27年2月9日旅順沖の海戰に初陣をした後で上村長官は将官室に准士官以上を呼び、一人々々に自ら柄杓で神酒を大杯に注がれて戰捷を祝された。同年八月十四日の蔚山沖海戰のときは御神像の安置してあった将官食堂は敵彈の爲目茶目茶に破壊され、器物皆顛倒墜落したにも係らず、御神像のみは少し向きが換った位で安全であった。日本海々戰のときも無事であった。余は日露戰爭中次の如き狂歌を作った。
     上村が いくさ加藤と勇むなり 出雲變らぬ元氣にて
     出雲勝て出雲安かれ出雲艦出雲の神や出雲守らん
     戰爭の初年期は加藤友三郎が参謀長であったから、之をも一ヶ所に讀み込んだのである。日露戰爭中東郷長官の旗艦であった三笠は危き運命を幸運にも逃がれて永久に保存さるゝことになった。其後軍艦出雲は世界大戰に際し第二遣外艦隊司令官の旗艦として遂に地中海迄出動して輝かしい武勲をたてた。
     過ぐる満州事變後の上海事變のときは野村第三艦隊司令長官の旗艦として三度輝かしい武勲をたてた。今回の支那事變に當りては長谷川第三艦隊司令長官の旗艦として幾度か飛行機の爆撃や砲銃彈や水雷の攻撃を受け何等損傷を來さなかった程幸運の艦である。聞く所によれば上海で外人仲間で幸運の表徴として尊敬され、激戰最中の某日彼等の會合の席上談偶々今上海で何處が一番安全だらうかとの問に對し、異口同音に、ソレは軍艦出雲だと言った位神秘的幸運の軍艦である。それが今回の支那事變に限られたのではなく、日露戰爭を初陣に四回までも世界注目の戰場にあって嚴然たる威容に何等の傷を受けず、赫々たる武勲をたてた。かうなると最早三笠以上の輝かしい戰歴を經た軍艦である。せめて佐世保軍港あたりに永久に保存することゝし、以て東に三笠あり、西に出雲あり、之に依って獨り日本海軍の士氣のみならず、日本國民の精神發揚に資したきものである。』
  2. ^ 『大正六年二月一日獨逸が無制限潜水艦戰宣言を聲明せし以來、其の潜水艦は特に地中海方面に出没して暴威を逞ふし、聯合國商船の被害は俄然増加し、我が歐州航路船舶の遭難も亦頻出するに至った。是に於て帝國政府は英國政府の懇請と、世界平和促進のため、遠く地中海に艦隊を派遣して協同作戰に從事する事となった。/新に編成せられたる第二特務艦隊の軍艦明石及第十驅逐隊(桂、楓、楠、梅)第十一驅逐隊(松、榊、杉、柏)は、司令官佐藤皐藏少将指揮の下に、大正六年三月十一日新嘉坡發、四月十三日「モルタ」着、爾来同地を根據とし、其後増勢せられたる艦艇と共に、英國海軍と協同して對潜水艦作戰及輸送船隊の護衛任務等に從事した。/同年六月一日新に編入せられたる軍艦出雲及第十五驅逐隊(樫、桃、檜、柳)は、八月初旬「モルタ」に到着、出雲は明石と交代し旗艦となった。又英海軍の要望により二隻の英國「トローラー」に、我が将兵を載せて我が軍艦旗を掲げ、一隻は「東京」、他は「西京」と假稱し、其後更に英驅逐艦二隻に、右同様我が軍艦旗を掲げ、「栴檀」及「橄欖」と假稱し、臨時第十一驅逐隊に編入して所要の任務に服せしめた。/斯くて我が第二特務艦隊は出征以來「モルタ」を根據とし、殆んど地中海の全部に亙り、主として軍隊輸送船の護衛任務に從事し、聯合與國の作戰に寄與することと甚大であった。此間戰闘、救護の主なるものは次の如し。(以下略)』
  3. ^ 『◎行幸 天皇陛下ハ御豫定ノ如ク昨九日午前七時十五分御出門同七時三十分東京驛御發車同九時五分横須賀驛御箸車横須賀軍港ニ於テ軍艦磐手其他御親閲午後三時二十分横須賀驛御發車同四時五十五分東京驛御箸車同五時十分還幸アラセラレタリ』
  4. ^ 『大正十四年には英國御留学の御目的にて御渡歐あそばされる事となり、五月廿四日軍艦出雲に御乗艦横濱を御出發あそばされ、七月六日佛國マルセイユ御着、七日パリ―を經て御無事英國ロンドンにお着あそばされた。(以下略)』
  5. ^ 『◎東宮行啓 皇太子殿下ハ雍仁親王殿下御渡歐ニ付御見送ノタメ一昨二十四日午前七時四十分東宮假御所御出門同八時東京驛御發車同八時五十五分横濱港税關岸壁御箸車軍艦出雲ニ御乗艦後軍艦日進ニ御移乗御午後一時五十五分同岸壁御發車同二時五十分東京驛御箸車同三時十分還啓アラセラレタリ』
  6. ^ 『大正十四年の五月廿四日に秩父宮さまには軍艦出雲に御乗りあそばされ、御兄君の攝政宮さまをはじめ各皇族方と甲板の上に御別杯をあげさせられ、正午横濱港を御出航御外遊の旅にのぼらせられたが、御兄君の攝政宮さまにはランチを港外まで進めさせられ、小山のやうな出雲艦の姿が遠くかすむまで御見送りあり、つきぬ御名殘りを惜しませられました。/御航海の途中で沖縄、臺北、臺南、澎湖島を御見學あり、ホンコンでは總督サー・エドワード・スタックスを御訪問あり、六月六日午前十一時に箱崎丸に御乗換へあり、その日午後御出港あり十日にシンガポールに御安着あそばされました。』

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ60(原本86頁)
    出雲(いづも)
    艦種一等巡洋艦 二檣(戰闘檣あり)磐手と姉妹艦なり
    艦名考國名にして山陰道出雲國に採る。
    艦歴明治33年9月25日英國にて竣工、同年10月2日英國出發、12月8日横須賀到着。磐手と姉妹艦なり。明治37・8年戰役に從軍:(第二戰隊、第二艦隊司令長官上村彦之丞旗艦)、同37年8月蔚山沖海戰に参加(艦長大佐伊地知季珍)、同42年7月北米合衆國桑港に於ける、同國發見140年祭参列、太平洋沿岸巡航(艦長大佐竹下勇)。同2年11月墨國警備に從事(艦長大佐森山慶三郎)、大正3年乃至9年戰役從軍:同3年8月遣米支隊に属し北米・中米方面警備(艦長同前)、同6年6月第二特務艦隊に属し地中海方面警備(艦長大佐小林研藏、同増田幸頼)、同10年一等海防艦に編入。昭和6・7年事變(日支)に從軍、同7年2月北支上海方面警備(第三艦隊に属す、艦長大佐松野省三)。現在も引續き第三艦隊の旗艦たり。/因に練習艦隊の一艦として從來屡々海軍少尉候補生等の練習任務に服す。
    要目長434呎/幅69呎/喫水24.5呎/排水量9,800噸/機關 四汽筒三聯成汽機2臺 ベルビル/馬力14,500/速力20.77/乗組人員483/船材 鋼(装甲)|兵装 8吋砲 4/6吋砲 14/12听砲 12/2.5听砲 8/小砲 4/發射管 4/起工 明治31-5-16/進水 同32-9-13/竣工 仝33-9-25/建造所 英國安社』
  2. ^ #天皇中心道続編コマ23(原本42-43頁)『軍艦出雲を永久に生かせ』[注釈 1]
  3. ^ a b c 日本戦艦物語II116-118頁『装甲巡洋艦―世界全海域に有名を轟かす』
  4. ^ 藤田精一 「一等海防艦出雲」『大日本軍艦写真帖』 海上協会、1924年9月、29頁。
  5. ^ a b c d #達大正10年9月p.1『達第百六十四號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 大正十年九月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|戰艦ノ欄内「敷島、朝日、三笠、肥前、」ヲ、巡洋艦一等ノ欄内「淺間、常磐、八雲、吾妻、磐手、出雲、春日、日進」ヲ、同二等ノ欄内「千歳、須磨、明石、新高、對馬、」ヲ削ル|海防艦一等ノ欄内「周防」ノ次ニ「、敷島、朝日、三笠、肥前、淺間、常磐、八雲、吾妻、磐手、出雲、春日、日進」ヲ、同二等ノ欄内「武藏」ノ次ニ「、千歳、須磨、明石、新高、對馬」ヲ加フ』
  6. ^ a b c d e 日本戦艦物語II120頁『◇出雲』
  7. ^ 日本戦艦物語II117頁(出雲写真解説)
  8. ^ a b c #内令昭和17年1月(1)pp.8-9『内令第千百八十六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十七年七月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦一等青葉型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ | |八雲、磐手、出雲| 同海防艦ノ項ヲ削ル/同砲艦ノ部中「多多良」ノ下ニ「、須磨」ヲ加フ/潜水艦ノ欄ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |海防艦| | |占守型|占守、國後、八丈、石垣|(内令提要巻三、三三頁参照)』
  9. ^ 日本戦艦物語II38-39頁『独創的な日本の装甲巡洋艦』
  10. ^ 明治32年9月21日 官報第4869号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ2『○陸海軍/○軍艦進水 英國ニ於テ製造ノ軍艦出雲ハ一昨十九日首尾好ク進水セリ(海軍省)』
  11. ^ a b 日本軍艦集2600年版コマ66(原本103頁)『―海防艦― 出雲(いづも) 基準排水量9,180噸、長さ121,92米、幅20.93米、平均吃水7.39米、速力20.75節、備砲20糎砲4門、15糎砲14門、8糎砲4門、8糎高角砲1門、魚雷發射管2門、起工明治31年5月14日、進水明治32年9月19日、竣工明治33年9月25日、建造所英國アームストロング社―支那事變で、旗艦として活躍中。』
  12. ^ 明治33年12月11日 官報第5234号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ5『○陸海軍/○軍艦發箸 軍艦出雲及磐城ハ本月八日横須賀ヘ投錨、同豊橋ハ佐世保投錨、同橋立、嚴島及龍田ハ嚴島ヘ、驅逐艦陽炎及曙ハ呉ヘ一昨九日孰モ投錨(海軍省)』
  13. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ209-210(原本26-28)『(ロ)蔚山沖海戰(明治三十七年八月十四日)』
  14. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ210-211(原本28-30)『蔚山沖海戰彼我勢力、主要職員及損害一覧(明治三十七年八月十四日)』
  15. ^ 【消えた偉人・物語】 工藤俊作と上村彦之丞 再現された少年時代の“手本” 産経新聞 2011.3.19(現在はリンク切れ)
  16. ^ 長谷川伸 日本捕虜志 p.169
  17. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ211-215(原本28-38)『(ハ)日本海海戰(明治三十八年五月二十七日、八日)』
  18. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ215-221(原本38-50)『日本海海戰 彼我勢力、主要職員及損害一覧(明治三十八年五月二十七日、八日)』
  19. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ222(原本52)『(ロ)地中海遠征(大正六年三月より)』[注釈 2]
  20. ^ 大正8年7月10日 官報第2079号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ4/宮廷録事[注釈 3]
  21. ^ a b 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ238-239(原本85-86)〔(ホ)御召艦一覧表〕『大正八―七―九|横須賀軍港にて、第一第二特務艦隊御親閲|軍艦出雲|(空欄)』
  22. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ239(原本87)〔觀艦式一覧表〕『大正八-七-九|横須賀沖|御親閲式|出雲|(参加艦艇)(隻數)二六/(噸數)八六,〇一三|(同航空機)―|(外國軍艦)(空欄)』
  23. ^ a b 海軍航空隊、発進224頁
  24. ^ #大正天皇物語コマ31-32(原本47-48頁)『御外遊』[注釈 4]
  25. ^ 大正14年5月26日(火)官報第3825号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ8/宮廷録事[注釈 5]
  26. ^ #大正天皇物語コマ123-124(原本221-222頁)『バッキンガム宮殿に英國皇帝陛下と御會食』[注釈 6]
  27. ^ a b 海軍航空隊、発進228-230頁『敵機「出雲」を爆撃』
  28. ^ a b c d 海軍航空隊、発進231-232頁
  29. ^ 日本戦艦物語II120頁『◇磐手』
  30. ^ 『官報』第5180号、明治33年10月5日。
  31. ^ 『写真日本海軍全艦艇史』資料篇、4頁。
  32. ^ 『官報』第3293号、大正12年7月21日。
  33. ^ a b 『官報』第3367号、大正12年11月12日。
  34. ^ 『官報』第28号、昭和2年2月2日。
  35. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  36. ^ 『官報』第634号、昭和4年2月12日。
  37. ^ a b 『官報』第699号、昭和4年5月2日。
  38. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  39. ^ 昭和17年10月7日付 海軍辞令公報 (部内限) 第959号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087200 
  40. ^ 昭和18年9月13日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1214号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093000 
  41. ^ 昭和19年8月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1563号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100500 
  42. ^ a b 昭和20年3月9日付 秘海軍辞令公報 甲 第1741号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103700 
  43. ^ 昭和20年8月18日付 秘海軍辞令公報 甲 第1888号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106900 

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』普及版、光人社、2003年。
  • 源田実 『海軍航空隊、発進』 文藝春秋〈文春文庫〉、1997年8月(原著1961年)。ISBN 4-16-731004-X
  • 福井静夫福井静夫著作集 ― 軍艦七十五年回想 日本戦艦物語〔Ⅰ〕』第1巻、阿部安雄、戸高一成編、光人社、1992年5月。ISBN 4-7698-0607-8
  • 福井静夫福井静夫著作集 ― 軍艦七十五年回想 日本戦艦物語〔Ⅱ〕』第2巻、阿部安雄、戸高一成編、光人社、1992年8月。ISBN 4-7698-0608-6
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 『JAPANESE NAVAL VESSELS AT THE END OF WAR』第二復員局 1947年刊行
  • 官報


関連項目[編集]