長良 (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長良
佐世保に停泊中の長良(1932年春)
佐世保に停泊中の長良(1932年春)
基本情報
建造所 佐世保工廠
運用者 日本海軍
艦種 二等巡洋艦(軽巡洋艦)
級名 長良型軽巡洋艦
艦歴
発注 1917年度計画
起工 1920年9月9日
進水 1921年4月25日
就役 1922年4月21日
最期 1944年8月7日戦没
除籍 1944年10月10日
要目
基準排水量 5,170トン
常備排水量 5,570トン
全長 162.15m
14.17m
吃水 4.80m
出力 90,000馬力
最大速力 36.0ノット
航続距離 14.0ノットで5,000海里
乗員 竣工時定員450名[1]
兵装 50口径三年式14cm砲 単装7基7門
四十口径三年式八糎高角砲 単装2基2門
三年式6.5mm機銃 2挺
八年式連装魚雷発射管 4基8門(魚雷16本)
飛行機滑走台 1基
機雷 48個
搭載機 1機
テンプレートを表示

長良(ながら)は、日本海軍軽巡洋艦長良型1番艦。その艦名は、長良川から因んで名付けられた。

概要[編集]

1920年代、帝国海軍拡張期に6隻が建造されたうちの1隻。球磨型川内型と3型あわせて5500トン級軽巡洋艦とも呼ばれる。

艦歴[編集]

1922年(大正11年)4月竣工。30ノット以上の速力、魚雷発射管の主兵装、複数の対水上用の14センチ単装主砲は純粋な水上戦闘が行われた第一次世界大戦の影響を強く残す。

太平洋戦争開戦時には、第三艦隊第十六戦隊に足柄球磨と共に所属していたが、この2隻が南方部隊比島部隊主隊となった一方で、長良は第四急襲隊旗艦としてフィリピン侵攻の支援を行った。この際第一根拠地隊司令の久保九次少将が旗艦としている。

1942年1月25日にはケンダリー攻略作戦に従事中、同じく従事中であった第21駆逐隊の初春が船体右舷中央に衝突し乗員2名が負傷した。第一根拠地隊旗艦の任務は第21駆逐隊の初霜に譲り、応急修理のためダバオへ後退した。修理終了後2月4日には、初霜から再び第一根拠地隊旗艦を継承している。その後、マカッサル攻略作戦に従事中の2月7日未明には潜水艦スカルピンから、バリ島攻略中の2月17日にはイギリス潜水艦トルーアントから魚雷攻撃を受けたが、どちらも損害はなかった。3月下旬、クリスマス島攻略戦に、那珂名取等と共に参加。3月31日には潜水艦シーウルフから雷撃されたが、これも損害はなかった。一方で、僚艦の那珂はシーウルフの雷撃で大破し、名取に曳航されて避退した。

4月11日に長良は舞鶴へ帰港し、13日には第十戦隊旗艦(木村進少将)に配属がえとなった。 5月にはMI作戦に備えて柱島へと移動し、5月26日に第一機動部隊(南雲機動部隊)警戒隊旗艦として柱島を出港、6月5日のミッドウェー海戦に参加した。 ミッドウェー海戦で旗艦赤城が2発の命中弾と1発の至近弾を受けて、味方駆逐艦魚雷雷撃処分された後、南雲忠一中将以下の第1航空艦隊司令部が移譲、旗艦となった。

呉に帰投後、7月14日に第十戦隊は第三艦隊に編入され、8月16日にソロモン海域での作戦に従事するため出港した。8月24日には第二次ソロモン海戦に参加、10月26日には南太平洋海戦に参加したが、損傷なくトラック諸島へと帰還した。 11月12日からの第三次ソロモン海戦には、戦艦比叡霧島を護衛し、海戦にも参加した。13日の第一夜戦では軽巡洋艦アトランタに対して命中弾を得たが、重巡洋艦サンフランシスコの5インチ砲を被弾した。しかし損傷は軽微にとどまり、作戦を続行した。15日の第二夜戦において、ワシントンサウスダコタの2戦艦を中心とする第64任務部隊と交戦、駆逐艦綾波が損傷させた駆逐艦プレストンにとどめをさし、撃沈する戦果を挙げた。しかし、米新鋭戦艦2隻に対して雷撃による被害を与える事は出来なかった。18日にはトラックに帰還し、第二艦隊第四水雷戦隊に編入された。

1943年4月7日、北緯08度40分 東経147度00分 / 北緯8.667度 東経147.000度 / 8.667; 147.000のトラック西水道西北西480km地点付近で、駆逐艦夕霧の護衛を受けて呉からトラックに向かっていた特設運送船(給糧船)厚生丸(日本海洋漁業、8,282トン)が米潜タニーの雷撃を受けて沈没の危機に瀕したとの報を受け、長良はトラックを出撃。現場に到着して厚生丸の援護にあたった。そして、厚生丸を曳航して本土へ向かう。しかし、9日になって厚生丸の浸水が著しいため曳航を断念。1307、長良が見守る中、厚生丸は北緯08度53分 東経146度42分 / 北緯8.883度 東経146.700度 / 8.883; 146.700のトラック西水道の西北西530km地点付近で沈没した[2][3]

その後、長良は1943年7月に第2水雷戦隊、8月に第八艦隊に編入され、11月に第四艦隊旗艦となるなどしながらトラック近辺で作戦活動を続けていた。

11月前半に長良は連合艦隊のラバウル撤退を支援し、11月12日には潜水艦によって雷撃・大破した軽巡洋艦阿賀野をトラック泊地まで曳航した。

11月21日、アメリカ軍はギルバート諸島タラワ環礁へ攻撃を開始、『タラワの戦い』がはじまった[4]。 連合艦隊は第四艦隊長官を指揮官として、タラワ増援部隊を編成した。支援部隊(第四戦隊、第七戦隊、第八戦隊、第二水雷戦隊)、南洋方面航空部隊、補給部隊(第十駆逐隊、東亜丸、富士山丸)と共に、輸送部隊(指揮官伊澤少将:第十四戦隊《那珂、五十鈴》、長良、第6駆逐隊《雷、響》)、先遣隊潜水艦9隻という戦力が作戦に組み込まれた[4]。21日、第十四戦隊はトラックを出発、22日にポナペ島に到着して陸軍部隊を収容、25日にクェゼリンに到着した[5]。26日までに軽巡長良、第6駆逐隊()はクェゼリンに集結、第十四戦隊(那珂)の指揮下に入る[5]。こうしてギルバート方面への逆上陸準備は完了した[5]。だがタラワはすでにアメリカ軍により陥落しており、逆上陸作戦は実行されなかった[6]。タラワの陥落と、並行して勃発したギルバート諸島沖航空戦の敗北により、日本軍は制海権も制空権も失いかけていた[7]

長良は1943年12月5日にクェゼリン環礁に寄港中に第50.3任務部隊の空母艦載機の攻撃を受け、至近弾により搭載魚雷が誘爆、48名が死亡、艦長を含む112名が負傷した[8]

長良は同環礁に停泊していた工作艦山霜丸より応急修理を受け、トラックに退避した[8]病院船氷川丸に負傷者や戦死者の遺骨を預け、西村友晴先任将校を艦長代理とした[8]。この損傷から日本本国での修理が決まるが、先だってラバウル空襲で損傷し艦尾を切断した駆逐艦長波の曳航を命じられる[9]。氷川丸に預けた戦死者遺骨を再び長良に持ち帰り、長波を曳航して日本本土に向かった[9]。1944年1月24日に呉に到着して長波を引き渡し、長良は1月26日に舞鶴に入港して修理を受けた。この際に後述の「大戦中の要目」に記された改装を受けている。長良は修理中に中部太平洋方面艦隊付属に編入されたが、出渠して訓練も終了した5月に第十一水雷戦隊へ編入となった。

長良はしばらく呉に入港していたが、1944年6月15日にアメリカ軍がサイパン島に上陸したのを受け、逆上陸作戦の参加戦力として6月19日に横須賀へ移動した。だが6月21日のマリアナ沖海戦の敗北を受けて、25日に逆上陸は中止となった。急遽小笠原諸島の防衛力増強の必要に迫られた陸軍はサイパン島逆上陸用に用意していた部隊を小笠原諸島防衛に転用することを決定し、海軍も同様に準備していた艦船を小笠原への輸送にあてることとし、伊号輸送部隊を編成した。長良は伊号輸送部隊第一輸送隊(長良、駆逐艦冬月第四号一等輸送艦等)に加わり6月28日に横須賀を出港、7月1日に父島二見に入港し任務を果たした。

7月14日から長良は沖縄への呂号輸送作戦に従事し、8月5日に那覇から疎開者をつれて出港して6日に鹿児島に入港、疎開者を上陸させた。

ところが1944年(昭和19年)8月7日、長良は鹿児島を出港して佐世保へ向かう途中、熊本県天草諸島の西においてアメリカの潜水艦クローカー(USS Croaker, SS-246) の雷撃に遭った。クローカーの後部発射管から4本の魚雷が射出され、うち1本の魚雷が長良の右舷後部に命中し、長良はほどなくして沈没した。長良の中原艦長以下348名が戦死し、237名が救助された。沈没する長良の様子はクローカーによりカラー映像として記録されていた。

戦没者の慰霊碑は牛深市の在郷軍人墓地の一角にあり、同市にはうしぶか海彩館に軍艦長良記念館がある。記念館には砲弾、鉄帽、長良の模型などが展示されている。

太平洋戦争開戦時の要目[編集]

1941年(昭和16年)12月での要目。

  • 兵装:
    • 50口径三年式14cm単装砲 7基7門
    • 九六式25mm連装機銃 2基4挺
    • 保式13mm四連装機銃 1基4挺
    • 7.7mm単装機銃 2挺
    • 61cm連装魚雷発射管 4基8門
  • 航空兵装:
    • 呉式2号射出機3型改1 1基
    • 水偵 1基

大戦中の要目[編集]

大戦中は5番、7番主砲を撤去、航空兵装も廃止し代わりに12.7cm連装高角砲1基を装備した。また機銃も増備している。電探も装備と推定される。 酸素魚雷についてはあ号作戦終了後の改装時に、魚雷兵装を4連装発射管2基へと換装した事により発射能力を得たとの説があり、これ以前には空気魚雷を使用していた[10]

1944年(昭和19年)6月での要目。

  • 基準排水量:6,050トン
  • 公試排水量:7,199トン
  • 速力:33.4ノット
  • 兵装:
  • 航空兵装:なし

1944年(昭和19年)8月での兵装要目。

  • 兵装:
    • 50口径三年式14cm単装砲 5基5門
    • 40口径八九式12.7cm連装高角砲 1基2門
    • 九六式25mm3連装機銃 2基、同連装 6基、同単装 14基、合計32挺
    • 九三式13mm連装機銃 1基、同単装 8基、合計10挺
    • 61cm4連装魚雷発射管 2基8門(九三式魚雷搭載)
    • 二一号電探 1基

一方、艦艇研究家の田村俊夫によれば上記の定説に対して、換装した根拠がない事や一部の特型駆逐艦が発射管を改造して酸素魚雷を運用した例がある事から疑問を持ち、長良の兵装変遷を調査した。その中で、

  • 1944年7月1日に作られた『艦船要目概要一覧表』には、魚雷兵装に関して「連装発射管四基、九三式魚雷」と書かれている事。
  • あ号作戦後に作られた『各艦機銃電探哨信儀等現状調査表』の図ではウェルデッキのままであり、戦前に酸素魚雷へ改装しウェルデッキを廃止した阿武隈の増備図とは大きく異なる事。
  • 沈没時に米潜水艦クローカーから撮られた写真では、ウェルデッキが確認されている事。

以上の事から「連装発射管を改装して九三式酸素魚雷を発射可能にしたのではないか」という説を上げている[11]

田村俊夫が調査した1944年(昭和19年)8月での兵装要目。

  • 兵装:
    • 50口径三年式14cm単装砲 5基5門
    • 40口径八九式12.7cm連装高角砲 1基2門
    • 九六式25mm3連装機銃 2基、同連装 6基、同単装 14基、合計32挺
    • 九三式13mm連装機銃 1基、同単装 8基、合計10挺
    • 九二式7.7mm機銃 2基
    • 61cm連装魚雷発射管 4基8門(九三式魚雷搭載)
    • 三式爆雷投射基4基
    • 爆雷投射軌条2基
    • 爆雷60個
    • 二一号電探 1基
    • 逆探 1基
    • 九三式水中探信儀
    • 九三式水中聴音機

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』146-149頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 黒田瀧二郎 大佐:1921年6月15日 - 1921年9月10日[12]

艦長[編集]

  1. 黒田瀧二郎 大佐:1921年9月10日[12] - 1922年11月10日
  2. 藤井謙介 大佐:1922年11月10日 - 1923年11月1日
  3. 佐藤巳之吉 大佐:1923年11月1日 - 1924年11月1日
  4. 堀悌吉 大佐:1924年11月1日 - 1925年10月20日
  5. 吉武純蔵 大佐:1925年10月20日 - 1926年7月1日
  6. 柳沢恭亮 大佐:1926年7月1日 - 1927年12月1日
  7. 伴次郎 大佐:1927年12月1日 - 1927年12月21日
  8. 相良達夫 大佐:1927年12月21日 - 1928年12月10日
  9. 佐藤市郎 大佐:1928年12月10日 - 1929年5月1日
  10. 三井清三郎 大佐:1929年5月1日 - 1929年11月30日
  11. 小林宗之助 大佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
  12. 脇鼎 大佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
  13. 谷池三郎 大佐:1931年12月1日 - 1932年12月1日
  14. 渡部徳四郎 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  15. 高木武雄 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  16. 松永次郎 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  17. 梶岡定道 大佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  18. (兼)松山光治 大佐:1936年12月1日 - 1937年2月20日
  19. 中尾八郎 大佐:1937年2月20日 - 1937年11月10日
  20. 澤田虎夫 大佐:1937年11月10日 - 1938年7月15日
  21. 一瀬信一 大佐:1938年7月15日 - 1938年12月15日
  22. 江戸兵太郎 大佐:1938年12月15日 - 1939年7月1日
  23. 矢野英雄 大佐:1939年7月1日 - 1939年9月1日
  24. 中里隆治 大佐:1939年9月1日 - 1940年11月1日[13]
  25. 曽爾章 大佐:1940年11月1日 - 1941年9月10日
  26. 直井俊夫 大佐:1941年9月10日 -
  27. 田原吉興 大佐:1942年7月10日 -
  28. 篠田勝清 大佐:1942年12月17日 - 1943年8月16日
  29. 北村昌幸 大佐:1943年8月16日 - 1944年4月7日
  30. 近藤新一 大佐:1944年4月7日 -
  31. 中原義一郎 大佐:1944年5月8日 - 1944年8月7日戦死

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大正11年2月25日付 海軍内令 第48号改正、海軍定員令「第50表 二等巡洋艦定員表 其4」。この数字は特修兵を含まない。
  2. ^ #木俣水雷 p.299
  3. ^ #四水戦1804 pp.5-6
  4. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)477頁『タラワ増援作戦部隊の編成』
  5. ^ a b c #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)481頁『在ポナペ甲支隊のギルバートへの増援準備』
  6. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)488-490頁『ギルバートへの増援逆上陸の中止と甲支隊及び南洋第一支隊のクサイ、ミレへの転進』
  7. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)594頁『彼我の死傷者数及びギルバート作戦の及ぼす影響』
  8. ^ a b c #日本海軍のこころ36頁
  9. ^ a b #日本海軍のこころ37頁
  10. ^ 『写真|日本の軍艦』p156-157
  11. ^ 『真実の艦艇史2』p80-91
  12. ^ a b 『官報』第2735号、大正10年9月12日。
  13. ^ 海軍辞令公報(部内限)第550号 昭和15年11月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079300 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030116500 『自昭和十八年四月一日至昭和十八年四月三十日 第四水雷戦隊戦時日誌』。
  • 雑誌「丸」編集部 『写真|日本の軍艦 第8巻 軽巡Ⅰ』光人社、1990年
  • 吉田俊雄 『日本海軍のこころ』 文藝春秋、2000年12月。ISBN 4-16-356900-6
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • 田村俊夫「5500トン型軽巡「長良」の兵装変遷の定説を正す全調査」『歴史群像 太平洋戦史シリーズVol.51 帝国海軍 真実の艦艇史2』学習研究社、2005年 ISBN 4-05-604083-4
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 官報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]