加藤友三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 友三郎
かとう ともさぶろう
Admiral Kato Tomosaburo.jpg
正装を着用した加藤
生年月日 1861年4月1日
文久元年2月22日
出生地 Flag of Japan (WFB 2000).svg 日本安芸国広島城下大手町
(現:広島県広島市中区大手町
没年月日 (1923-08-24) 1923年8月24日(62歳没)
死没地 日本における郵船商船規則の旗 日本東京府東京市赤坂区青山南町
出身校 海軍大学校卒業
前職 第一艦隊司令長官
所属政党 無所属
称号 元帥徽章.svg 元帥海軍大将
正二位
大勲位菊花大綬章
功二級金鵄勲章
子爵
配偶者 加藤キヨ子
親族 加藤七郎兵衛(父)
加藤隆義(女婿・養子)
小林躋造(甥)
早川幹夫(甥)
サイン KatoTo kao.png

内閣 加藤友三郎内閣
在任期間 1922年6月12日 - 1923年8月24日
天皇 大正天皇

日本における郵船商船規則の旗 第8代 海軍大臣
内閣 第2次大隈内閣
寺内内閣
原内閣
高橋内閣
加藤友三郎内閣
在任期間 1915年8月10日 - 1923年5月15日
テンプレートを表示

加藤 友三郎(かとう ともさぶろう、1861年4月1日文久元年2月22日〉- 1923年大正12年〉8月24日)は、日本海軍軍人政治家位階正二位勲等大勲位功級功二級爵位子爵階級海軍大将、没後 元帥海軍大将

日露戦争連合艦隊参謀長日本海海戦時、第一艦隊参謀長兼任)、ワシントン会議で日本首席全権委員を務める。海軍大臣(第8代)、内閣総理大臣第21代)を歴任し、山梨軍縮シベリア出兵撤兵を成し遂げた。

概要[編集]

海軍軍人として、海軍省次官呉鎮守府司令長官第一艦隊司令長官などを歴任した。その後、第2次大隈内閣をはじめ、寺内内閣原内閣高橋内閣加藤友三郎内閣と5つの内閣海軍大臣を務めた。1921年(大正10年)から1922年(大正11年)にかけて、ワシントン会議に出席した。階級は海軍大将だが、没後に元帥の称号を贈られている。

1922年(大正11年)には内閣総理大臣に就任したが、翌年、在職中のまま死去した。外務大臣内田康哉内閣総理大臣臨時兼任として加藤友三郎内閣を差配し、後任の内閣総理大臣が任命されるまで政権を運営した。

同じく海軍大将であった加藤隆義は養子。小林躋造海軍大将、早川幹夫海軍中将(両者は兄弟)は甥とする書物もあるが、加藤の兄弟姉妹に早川姓、小林姓の者はいない。

生涯[編集]

海軍軍歴と入閣[編集]

連合艦隊幹部。右から秋山真之、加藤友三郎、上村彦之丞東郷平八郎島村速雄舟越楫四郎

広島藩士、加藤七郎兵衛の三男として広島城下大手町(現在の広島市中区大手町)に生まれる。父・七郎兵衛は家禄13石の下級藩士だが、学識があり頼聿庵らと共に藩校の教授を務めた人物であった。

幼年期に広島藩校学問所・修道館(現修道中学校・修道高等学校)で山田十竹らに学び[1]1884年明治17年)10月、海軍兵学校7期卒業。1888年(明治21年)11月、海大甲号学生。

日清戦争に巡洋艦「吉野」の砲術長として従軍、「定遠」「鎮遠」を相手として黄海海戦に大いに活躍した。

日露戦争では、連合艦隊参謀長第一艦隊参謀長として日本海海戦に参加。連合艦隊の司令長官・東郷平八郎、参謀長・加藤、参謀・秋山真之らは弾丸雨霰の中、戦艦「三笠」の艦橋に立ちつくし、弾が飛んできても安全な司令塔には入ろうとせず、兵士の士気を鼓舞した。

その後、海軍次官、呉鎮守府司令長官、第一艦隊司令長官を経て、1915年(大正4年)8月10日第2次大隈内閣海軍大臣に就任。同年8月28日海軍大将に昇進。以後、加藤は寺内高橋と3代の内閣にわたり海相に留任した。

ワシントン会議[編集]

ワシントン軍縮会議前の全権大使。左から幣原喜重郎・加藤友三郎・徳川家達

1921年(大正10年)のワシントン会議には日本首席全権委員として出席。会議に向けて出発する際、当時の原敬首相より「国内のことは自分がまとめるから、あなたはワシントンで思う存分やってください」との確約を得た。

全権代表として会議に臨んだ加藤を、各国の記者などはその痩身から「ロウソク」と呼んで侮っていたが、当時の海軍の代表的な人物であり「八八艦隊計画」の推進者でもあった彼が、米国発案の「五五三艦隊案」を骨子とする軍備縮小にむしろ積極的に賛成したことが「好戦国日本」の悪印象を一時的ながら払拭し、彼は一転して「危機の世界を明るく照らす偉大なロウソク」「アドミラル・ステイツマン(一流の政治センスをもった提督)」と称揚されたという[注釈 1]

米国案の五・五・三の比率受諾を決意した加藤は、海軍省宛伝言を口述し、堀悌吉中佐(当時)に次のように筆記させている。

国防は軍人の専有物にあらず。戦争もまた軍人にてなし得べきものにあらず。……仮に軍備は米国に拮抗するの力ありと仮定するも、日露戦争のときのごとき少額の金では戦争はできず。しからばその金はどこよりこれを得べしやというに、米国以外に日本の外債に応じ得る国は見当たらず。しかしてその米国が敵であるとすれば、この途は塞がるるが故に……結論として日米戦争は不可能ということになる。国防は国力に相応ずる武力を備うると同時に、国力を涵養し、一方外交手段により戦争を避くることが、目下の時勢において国防の本義なりと信ず。

最期[編集]

加藤友三郎

1922年(大正11年)6月12日加藤友三郎内閣が発足した。しかし1923年(大正12年)8月24日、首相在任のまま大腸ガンの悪化で青山南町の私邸で臨終を迎えた。享年63(公表では8月25日)。そのため、外相・内田康哉内閣総理大臣を臨時兼任したものの、その8日後に関東大震災が発生し、日本は「首相不在」という異常事態の中でこの大災害を迎えることとなった。

海軍でも1、2の酒豪で知られ、総理在任中も飲み過ぎで大腸ガンにかかり他界したのでは、とまでいわれた。その加藤の亡骸は、元帥府に列せられ、海軍葬に付せられることになった。現在、東京都港区青山霊園を墓所として埋葬されている。

加藤は女婿の船越隆義を養子に迎え入れようとするも生前は果たせず、隆義は1923年(大正12年)11月20日戸籍上の手続きを完了して加藤家の家督を相続し、同年12月10日襲爵の沙汰を得て子爵となっている[注釈 2]

1935年には広島市南区比治山公園に元帥刀に手をかけて立つ姿の銅像(高さ約4m)が建てられた[2]。しかし、太平洋戦争時の金属類回収令で供出[2]。銅像と由来の碑ともに取り除かれ石造の土台部分のみが残っている。2008年、広島市中区広島市中央公園内に、ワシントン軍縮会議時のフロックコート姿の加藤の銅像が新しく建立され[2]、没後85年にあたる2008年平成20年)8月24日に除幕式が行われた。大手町第二公園には生家があった事を示す石碑があり、2015年(平成27年)2月22日石碑の横に加藤についての説明板が設置された。また、2020年(令和2年)12月6日には、かつての呉鎮守府司令長官官舎である入船山記念館の前に、呉鎮守府司令長官当時の大礼服姿の銅像が建立された。銅像台座にある銘板を揮毫した第30代海上幕僚長杉本正彦は、第36代呉地方総監でもある。

年譜[編集]

米国アジア艦隊司令官Albert Gustav Winterhalter (1856-1920)の歓迎会での加藤友三郎(中央右から5番目)。1916年
  • 1873年(明治6年)- 10月27日 海軍兵学寮(後の海軍兵学校)に入学
  • 1883年(明治16年)- 11月2日 海軍少尉に任官
  • 1884年(明治17年)- 10月6日 海軍兵学校卒業(7期)
  • 1886年(明治19年)- 12月21日 海軍大尉に進級
  • 1888年(明治21年)- 11月15日 海大甲号学生
  • 1891年(明治24年)- 10月20日 防護巡洋艦吉野」回航委員
  • 1893年(明治26年)- 6月7日 免 造兵監督官、補 吉野砲術長[3]
  • 1895年(明治28年)- 2月26日 海軍少佐に進級
  • 1896年(明治29年)- 11月17日 海軍大学校教官
  • 1897年(明治30年)- 12月1日 海軍中佐に進級
  • 1898年(明治31年)- 10月1日 巡洋艦「筑紫」艦長
  • 1899年(明治32年)- 9月29日 海軍大佐に進級、11月7日 高等教育会議議員[4]
  • 1900年(明治33年)- 6月22日 兼補 海軍省軍務局第二課長[5]、7月3日 港湾調査会委員[6]、9月7日 兼補 海軍臨時建築部部員[7]
  • 1901年(明治34年)- 2月9日 免兼 海軍省軍務局第二課長[8]、2月21日 港湾調査会委員 被免[9]
  • 1903年(明治36年)- 11月10日 補 海軍省軍務局局員[10] 、12月28日 第二艦隊参謀長
  • 1904年(明治37年)- 9月1日 海軍少将に進級
  • 1905年(明治38年)- 1月12日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長
  • 1906年(明治39年)- 1月8日 海軍次官
  • 1907年(明治40年)- 5月31日 海軍省司法局長欠員中同職事務取扱[11]
  • 1908年(明治41年)- 2月5日 昇叙 高等官一等[12]、8月28日 海軍中将に進級
  • 1909年(明治42年)- 12月1日 呉鎮守府司令長官[13]
  • 1913年(大正2年)- 12月1日 第一艦隊司令長官
  • 1915年(大正4年)- 8月10日 第2次大隈内閣海軍大臣に就任、8月28日海軍大将に進級
  • 1918年(大正7年)- 9月29日 原内閣に海軍大臣として留任
  • 1921年(大正10年)- 9月27日 ワシントン会議全権、11月13日 高橋内閣に海軍大臣として留任
  • 1922年(大正11年)- 6月12日 大命降下、海軍大臣を兼任したまま第21代内閣総理大臣に就任
  • 1923年(大正12年)- 5月15日海軍大臣を辞す、8月24日 死去、同日付けで子爵に陞爵、元帥府に列す、9月2日加藤友三郎内閣総辞職

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

伝記[編集]

  • 加藤元帥伝記編纂委員会編 『元帥 加藤友三郎伝』
  • 豊田穣 『蒼茫の海 軍縮の父 提督加藤友三郎の生涯』(プレジデント社、1983年)
  • 新井達夫 『日本宰相列伝 9 加藤友三郎』(時事通信社、1985年 ISBN 4788785595
    • <三代宰相列伝> 時事通信社、初版1958年
  • 田辺良平 『わが国の軍備縮小に身命を捧げた加藤友三郎』(春秋社、2004年)

登場する作品[編集]

ドラマ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 首席随員として赴いた加藤寛治は軍縮条約反対派であったため、主席全権加藤友三郎とは激しく対立し、条約成立時には憤激のあまり鼻血を出してしまったというエピソードがある。
  2. ^ 養子となった加藤(船越)隆義は、軍縮条約については反対派であり、養子縁組に関してはそのことを危ぶむ声も多かったといわれる。

出典[編集]

  1. ^ 修道校同窓會「山田養吉先生門弟名簿」明治44年
  2. ^ a b c “78年前の除幕式 映像現存”. 中国新聞. (2013年11月28日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201311280001.html 2013年11月28日閲覧。 
  3. ^ 『官報』第2982号「叙任及辞令」1893年6月9日。
  4. ^ 『官報』第4907号「叙任及辞令」1899年11月8日。
  5. ^ 『官報』第5091号「叙任及辞令」1900年6月23日。
  6. ^ 『官報』第5100号「叙任及辞令」1900年7月4日。
  7. ^ 『官報』第5157号「叙任及辞令」1900年9月8日。
  8. ^ 『官報』第5280号「叙任及辞令」1901年2月12日。
  9. ^ 『官報』第5289号「叙任及辞令」1901年2月22日。
  10. ^ 『官報』第6109号「叙任及辞令」1903年11月11日。
  11. ^ 『官報』第7175号「叙任及辞令」1907年6月1日。
  12. ^ 『官報』第7381号「叙任及辞令」1908年2月6日。
  13. ^ 『官報』第7933号「叙任及辞令」1909年12月2日。
  14. ^ 『官報』第183号「叙任」1884年2月12日。
  15. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日
  16. ^ 『官報』第3535号「叙任及辞令」1895年4月16日。
  17. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  18. ^ 『官報』第4904号「叙任及辞令」1899年11月4日。
  19. ^ 『官報』第6384号「叙任及辞令」1904年10月8日。
  20. ^ 『官報』第7425号「叙任及辞令」1908年3月31日。
  21. ^ 『官報』第8055号「叙任及辞令」1910年5月2日。
  22. ^ 『官報』第233号「叙任及辞令」1913年5月12日。
  23. ^ 『官報』第1140号「叙任及辞令」1916年5月22日。
  24. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。
  25. ^ a b 『官報』号外「授爵、叙任及辞令」1923年8月25日。
  26. ^ 『官報』第3430号「叙任及辞令」1894年12月3日。
  27. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  28. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  29. ^ 『官報』第4754号「叙任及辞令」1899年5月10日。
  30. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  31. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  32. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  33. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  34. ^ 『官報』第2431号「叙任及辞令」1920年9月8日。
  35. ^ 『官報』第2903号「叙任及辞令」1922年4月10日。
  36. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  37. ^ 『官報』第8017号「叙任及辞令」1910年3月17日。
  38. ^ 『官報』第8064号「叙任及辞令」1910年5月12日。
  39. ^ 『官報』第1037号「叙任及辞令」1916年1月19日。
  40. ^ 『官報』第1905号「叙任及辞令」1918年12月9日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
高橋是清
内閣総理大臣
第21代:1922年6月12日 - 1923年8月24日
次代:
山本権兵衛
先代:
八代六郎
海軍大臣
第20 - 24代
1915年8月10日 - 1923年5月15日
次代:
財部彪
軍職
先代:
山内万寿治
呉鎮守府司令長官
第9代:1909年12月1日 - 1913年12月1日
次代:
松本和
先代:
出羽重遠
第一艦隊司令長官
第7代:1913年12月1日 - 1915年8月10日
次代:
藤井較一
日本の爵位
先代:
陞爵
子爵
加藤(友三郎)家初代
1923年
次代:
加藤隆義
先代:
叙爵
男爵
加藤(友三郎)家初代
1920年 - 1923年
次代:
陞爵