原敢二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原 敢二郎
Kanjiro Hara.jpg
生誕 1880年11月22日
日本の旗 日本 岩手県
死没 1948年4月23日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1900年 - 1931年
最終階級 海軍中将
除隊後 東亜研究所理事
テンプレートを表示

原 敢二郎(はら かんじろう、1880年11月22日 - 1948年4月23日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

岩手県出身。原勝多の三男として生れる。盛岡中学校中退を経て、1900年12月、海軍兵学校28期)を卒業し、1902年1月、海軍少尉任官。日露戦争では「筑紫分隊長心得として出征した。「千代田」航海長などを経て、海軍大学校乙種学生、専修学生として学ぶ。第1艦隊参謀、「壱岐」航海長、呉鎮守府参謀などを歴任し、1911年5月、海軍大学校(甲種9期)を卒業した。

三笠」航海長、舞鶴鎮守府参謀、海軍省軍務局員、オランダ駐在、「千早艦長、欧州出張、軍務局第1課付、「出雲」艦長、教育局第1課長、「陸奥」艦長、第1艦隊兼連合艦隊参謀長などを経て、1924年12月、海軍少将に進級。軍令部第1班長、第5戦隊司令官などを務め、1928年12月、海軍中将となった。軍令部出仕、鎮海要港部司令官、軍令部出仕などを歴任し、1931年3月、予備役に編入された。

のち、1938年9月から1945年9月まで東亜研究所理事を務めた。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。