いずも (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いずも
DDH-183 いずも(2).jpg
横須賀に入港した「いずも」
経歴
運用者  海上自衛隊
建造所 ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所磯子工場
計画 平成22年度計画
発注 2010年
起工 2012年1月27日
進水 2013年8月6日
就役 2015年3月25日
要目
種別 護衛艦
クラス いずも型護衛艦
基準排水量 19,500トン
全長 248.0m
全幅 38.0m
深さ 23.5m
吃水 7.1m[1]
主機 COGAG方式、2軸推進
LM2500IEC型ガスタービンエンジン(28,000ps) × 4基
最大速力 30ノット
乗員 520名(うち司令部要員50名)+長期宿泊可能者450名[1]
搭載能力 貨油 3300kL
3 1/2tトラック × 50台
兵装 高性能20mm機関砲 CIWS
× 2基
SeaRAM 近SAMシステム
× 2基
搭載機 SH-60K哨戒ヘリコプター、MCH-101掃海・輸送ヘリコプターなど計14機[1]
C4ISTAR OYQ-12 戦術情報処理装置
レーダー OPS-50 3次元対空
OPS-28 対水上
航海
ソナー OQQ-23 ソナーシステム
電子戦
対抗手段
NOLQ-3D-1 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 6基
OLQ-1 魚雷防御装置 × 1式
テンプレートを表示

いずもローマ字JS Izumo, DDH-183)は、海上自衛隊ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)いずも型護衛艦の1番艦。艦名は令制国出雲国に由来し、旧海軍出雲型装甲巡洋艦出雲」に続き日本の艦艇としては2代目。太平洋戦争期の中型正規空母である雲龍型航空母艦を若干ながら上回る規模と排水量を有し、2015年4月現在、海上自衛隊では最大の艦艇。

艦歴[編集]

「いずも」は、平成22年度装備調達計画に基づく平成22年度計画19,500トン型ヘリコプター搭載護衛艦として、ジャパン マリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で2012年1月27日に起工し、2013年8月6日進水[2]2014年9月22日公試開始[3]2015年3月25日に就役。建造費用は1,139億[4]

2015年3月25日より、舞鶴基地へ転属したひゅうがに変わり横須賀へ配属され、第1護衛隊群第1護衛隊に所属。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
吉野 敦 2013.8.6 - 広修大
36期幹候[5]
おおなみ艦長 いずも艦長
艦長
1 吉野 敦 2015.3.25 - 広修大・
36期幹候
いずも艤装員長

艦名[編集]

命名前は、平成22年度(2010年度)予算で建造される護衛艦であることから、年度にヘリコプター護衛艦を意味する記号の「DDH」を付け、「22DDH」と呼ばれていた。

命名進水式で艦名が公表されることになっていたが、式についての案内を記載した海上幕僚監部2013年7月16日のプレスリリースにおいて、黒塗りしていた本艦の艦名がパソコン上の操作によって見られる状態になっていた。海幕はミスに気づいて当該文書ファイルをすぐに差し替えた[6][7]

本艦の艦名においては、旧海軍戦艦に使用されていた「長門」の名前を継ぐ「ながと」を推す声もあったが、日本国内外で波紋を呼ぶ可能性があることから見送られた[8]。なお、旧海軍の艦船では装甲巡洋艦出雲」があり、「いずも」の艦内には装甲巡洋艦「出雲」との比較図が飾られている。しかしながら装甲巡洋艦出雲は、日中戦争時に第三艦隊の旗艦として上海に派遣された経歴のある艦であり、その命名は中国の反発を招いた[9]

命名後に「いずも」のロゴマークが公募され、「ヤマタノオロチ天叢雲剣」をモチーフにしたものが選出された[10]

就役直後の「いずも」(22DDH)

脚注[編集]

関連項目[編集]