野村吉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
野村 吉三郎
のむら きちさぶろう
Kichisaburo Nomura as Foreign Minister 1939 cropped.jpg
阿部内閣の外務大臣に迎えられ
記者団を前に抱負を語る野村(1939年9月26日)
生年月日 1877年12月16日
出生地 日本の旗 日本 和歌山県和歌山市
没年月日 (1964-05-08) 1964年5月8日(満86歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校 海軍兵学校卒業
前職 学習院院長
所属政党 無所属→第十七控室自由民主党
称号 海軍大将
従二位
勲一等旭日桐花大綬章
功二級金鵄勲章

日本の旗 第61代外務大臣
内閣 阿部内閣
在任期間 1939年9月25日 - 1940年1月16日

選挙区 和歌山地方区
当選回数 2回
在任期間 1954年6月3日 - 1964年5月8日

在任期間 1944年5月18日 - 1946年6月13日
テンプレートを表示
軍歴
Kichisaburō Nomura.jpg
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1898 - 1937
最終階級 海軍大将
除隊後 学習院院長
テンプレートを表示

野村 吉三郎(のむら きちさぶろう、1877年明治10年)12月16日 - 1964年昭和39年)5月8日)は、昭和初期に活躍した日本海軍軍人外交官政治家和歌山県和歌山市出身。位階勲功等は海軍大将従二位勲一等功二級

国際法の権威として知られ、阿部内閣外務大臣をつとめたのち、第二次近衛内閣のとき駐米大使に任じられ、真珠湾攻撃の日まで日米交渉に奔走して戦争回避を模索した。

生涯[編集]

海軍軍人時代[編集]

紀州藩士・増田喜三郎の三男として和歌山県名草郡(現:和歌山市西釘貫丁)で生まれ、野村正胤の養子となる。1895年(明治28年)、和歌山中学校(現・県立桐蔭高校)を修了。上京後、海軍諸学校への予備校であった私立海軍予備校(現在の海城中学校・高等学校)で学び、海軍兵学校26期1898年(明治31年))卒業。以後海軍軍人としての経歴を歩む。 海兵教官、「千歳」航海長などを歴任した後、1901年(明治34年)に完成した戦艦三笠引取りのためにイギリスへ渡ったのをはじめ、オーストリアドイツ駐在を経て、在アメリカ日本大使館駐在武官を歴任したほか、パリ講和会議ワシントン軍縮会議の全権団に随員として加わるなど、海外経験が豊富であった。海軍大学校は出ておらず、「僕を教えられる人がいるのかね」と言ったという逸話がある。後にアメリカ大統領となるフランクリン・ルーズベルト海軍次官ら海外の政治家とも親交があった。やがて1926年大正15年)には軍令部次長となり、以後横須賀の両鎮守府司令長官などを歴任した。

1932年昭和7年)に第一次上海事変が勃発すると、第三艦隊司令長官となっていた野村は、揚子江上の軍艦による艦砲射撃などで白川義則陸軍大将率いる陸軍の上海派遣軍を側面支援した。上海事変が終結した4月29日、同地で催された天長節祝賀会の最中に上海天長節爆弾事件が起こる。紅白の幕を背に雛壇に並ぶ日本の要人に対し、朝鮮人・尹奉吉が爆弾を投げつけたもの。この事件で野村は右眼を失明、特命全権公使重光葵は右脚を失い、同席していた白川は瀕死の重傷を負って翌月に死去した。

傷が癒えた野村は、同年10月から2回目の横須賀鎮守府司令長官を務め、翌1933年(昭和8年)3月に大将に親任され、同年11月に軍事参議官に転じる。翌1934年(昭和9年)に勲一等旭日大綬章を受章。1937年(昭和12年)4月に 予備役となる。その後学習院長を務めた。

外交官として[編集]

信任状奉呈のためホワイトハウスを訪れる野村駐米大使(1941年2月14日)

1939年(昭和14年)8月末、予備役陸軍大将の阿部信行組閣の大命を受けると、阿部は当初外務大臣を兼任したが、政権発足直後に欧州第二次世界大戦が勃発すると、国際法に詳しい専任の外相がどうしても必要になった。そこで阿部が抜擢したのが野村だった。海軍時代から国際法の研究に携わっていた野村は、退官する頃までにはその権威として知られていたのである。しかし9月25日に野村は外相に就任するが、3か月半とたたないうちに阿部は内閣を放り出してしまう。その後日米関係が悪化の一途をたどる中、1941年(昭和16年)1月に野村は駐米大使に起用される。ルーズベルトとは旧知の間柄ということが期待されての人事だった。

前述のように、野村は在アメリカ大使館駐在武官を経験した知米派ではあったが、もともとはドイツ語が第一外国語で、英語は必ずしも流暢ではなく、アメリカ政府要人との外交交渉の場で野村の英語力がネックになることさえあったとされる。[1]。日本の南部仏印進駐によってアメリカとの関係がさらに悪化すると、外務省は駐独大使を歴任した外交官来栖三郎を異例の「二人目の大使」としてワシントンに派遣、両大使でアメリカのコーデル・ハル国務長官と戦争回避のための交渉を行わせることにした。

来栖は外務省入省直後からアメリカ勤務が長く、英語が非常に流暢で、アメリカ人の夫人との間に1男2女がある親米家だったが、如何せん駐独大使として日独伊三国同盟に署名した張本人であり、ルーズベルトは同じ海軍の出身で旧知の間柄である野村を好意的な目で見る一方、来栖には不信感を隠さなかった。交渉は難航し、野村は再三にわたって辞職願いを出すが、外務大臣ばかりか海軍大臣や軍令部総長からも慰留されて結局大使の立場にとどまっている[2]

真珠湾攻撃の直前にハル国務長官と最後の会談に臨む野村大使と来栖大使(1941年12月7日)

野村はかねてから「アメリカの挑発がない限り、日本は戦争を起こさない」と言明していたが、中国からの日本軍の全面撤退や日独伊三国軍事同盟の破棄、重慶国民政府以外の否認を求めるハル・ノート最後通牒と受け取った日本は、米英等を相手とする第二次世界大戦に突入することを決定するが、日米交渉はその後も継続して行われた。

アメリカ東部時間の1941年(昭和16年)12月7日、日本はマレー作戦真珠湾作戦で米英蘭と開戦した。日米交渉の裏で戦争準備を着々と進めていたことに対して、「卑怯な騙し討ちだ」と言われ、針のむしろに座るような思いでその後の半年をワシントンで過ごす。抑留者交換船ニューヨークからリオデジャネイロロレンソマルケス昭南を経て日本に戻ったのは翌年8月の中頃のことだった。帰国後は枢密顧問官に転じ、そのまま終戦を迎える。

戦後[編集]

終戦後の1946年(昭和21年)8月に、野村は公職追放となるが、アメリカ対日協議会[3]の面々[4]は積極的に野村に近づき、定期的に(違法ではあるが)食料や煙草を送り、経済的に苦しい野村の便宜を図った。メンバーの一人であるウィリアム・リチャーズ・キャッスルは、野村を「日本を正しい道筋で、再び重要な国家となるように再建するのに役立つ人物の一人だ」と評した。

1953年(昭和28年)3月24日、同郷の松下幸之助に請われ、松下電器産業の資本傘下となった日本ビクターの社長に就任。空襲による会社や工場施設の焼失、戦後の労働争議などでの危機的経営を創生期の親会社で疎遠となっていたアメリカRCAと技術支援契約を結び再建の道筋をつける。

追放解除に伴い、吉田茂の要請で再軍備問題の調査にあたり、海上自衛隊の前身、海上警備隊創設に深く関わる。これが縁で1954年(昭和29年)の第3回参議院議員補欠選挙(和歌山選挙区)に出馬・当選し、参議院議員となり、続く第5回参議院議員通常選挙(和歌山選挙区)にも当選した。自由民主党に参加して、防衛政策を担当した他は、外交調査会会長を務め、松野鶴平参議院議長就任に伴い党参議院議員会長に就任した。鳩山内閣岸内閣防衛庁長官への起用が取り沙汰されたが、日本国憲法における文民統制の観点から見送りになった。その後の人事では旧軍・自衛隊の士官経験者の防衛庁長官も誕生しているが、当時としてはまだ時期尚早で、なによりも野村が旧海軍軍人として大物過ぎたこと、そして日米開戦時の駐米大使としてあまりにも有名でありすぎたことが逆にたたる結果となった。

1964年(昭和39年)5月8日東京都新宿区国立東京第一病院で病死。86歳没。墓所は文京区護国寺戒名は『玄海院殿寿峯吉翁大居士』。

年譜[編集]

日本ビクター社長時代の野村

エピソード[編集]

  • 学習院院長だった1940年昭和15年)10月に、華族の子息である中等科3年の生徒5人が、日頃から自分達の素行の悪さを注意していた化学教師逆恨みしたことから、廊下を歩いていた教師をめがけて石を投げつけただけでなく、倉庫へ逃げた教師を追いかけて、更に投石によって倉庫の窓ガラスを何十枚も割るという事件を起こした。しかし野村は「なかなか元気のいいことをやったな」と言っただけで、1週間の停学処分だけで済ました。
  • 戦後の1953年(昭和28年)より、同郷の知人松下幸之助の要請を受けて、日本ビクター社長を務めたが、松下によると野村は「美空ひばりを知らなかった」という。
  • 練習艦隊司令官だった遠洋航海時にサンフランシスコに立ち寄った際、現地の日系人から「万一日米が戦争になった時、我々はどうするべきか」という質問があがった。当然日本に忠誠を尽くすべしとの答えを期待していたのだが、野村は「君たちはアメリカ国籍なのだから、立派なアメリカ人としてアメリカに忠誠を尽くせ。それが大和民族の正しい道というものだ」と答えた。それを少尉候補生として聞いていた関野英夫は感動して戦後ずっとこの話をしていたという。
  • 駐米大使としてアメリカへ向かう鎌倉丸では、野村、奥村勝蔵書記官、中山定義少佐、酒井喜太郎医師が大抵同じ食卓に座った[5]陸奥宗光の『蹇々録』(けんけんろく)を読み、「陸奥は偉かったね。松岡とはくらべものにならぬ」と嘆息している[6]。中山から日米交渉の見込みについて質問された時は五分五分と答え、「米国が日本の必要最小限度の石油をくれるなら、大いに希望がもてるのだが」と答えた[6]。米国上陸直前には「太平洋はほんとうに広いな。日米戦争なんて想像するだに大変だな」と胸の内を漏らしている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 『ハル回顧録』 中公文庫
  2. ^ #海軍士官p.74
  3. ^ 1948年6月に結成され12月30日に登記されたニューヨークのNPO。出典を2つ記す。
    ・Glenn Davis and John G. Roberts 守山尚美訳 『軍隊なき占領-ウォール街が「戦後」を演出した』 新潮社 1996年12月 P 55-56
    ・Bizapedia AMERICAN COUNCIL ON JAPAN, INC.
  4. ^ 『軍隊なき占領-ウォール街が「戦後」を演出した』から、結成当初のメンツ18名から著名な者だけを例示。
    ・名誉会長ジョゼフ・C・グルー(1880-1965) 日米開戦までの10年間、駐日大使を務めた後、国務次官。
    ・名誉会長ウィリアム・R・キャッスル(1878-1963) 元駐日大使。ハーバート・フーヴァー政権の国務次官。
    ハリー・F・カーン(1911-1996) ニューズウィーク元外信部長。SCAPダグラス・マッカーサーの日本民主化政策を批判。この頃から逆コースが表面化する。後にニューズレター"Foreign Reports"を主宰。勲三等瑞宝章を受ける。外交問題評議会の会員でもあった。
    ジェームズ・リー・カウフマン(1886-1968) 戦前、日本で開業していた弁護士。勲三等旭日章、勲ニ等瑞宝章を受ける。
    ユージン・H・ドゥーマン(1890-1969) 元駐日大使。グルーの腹心。戦後、極東政策立案の各省間委員会のリーダーに。勲二等旭日章を受ける。
    コンプトン・パケンハム(1893-1957) ニューズウィーク元東京支局長。宮中、大蔵省、外務省、国家地方警察の高官などを訪問し、カーンに引き合わせた。
  5. ^ #海軍士官p.17
  6. ^ a b #海軍士官p.18
  7. ^ #海軍士官p.21

文献[編集]

  • 著書:『米國に使して 日米交渉の回顧』(岩波書店 1946年)
  • 著書:続篇『アメリカと明日の日本』 初版:(読売新聞社 1947年)
復刻:吉村道男監修 日本外交史人物叢書21巻(ゆまに書房 2002年)
  • 中山定義 『一海軍士官の回想 開戦前夜から終戦まで』 毎日新聞社、1981年
    中山は海軍少佐。米国駐在員として吉田と行動を共にした。
  • 豊田穣 『悲運の大使野村吉三郎』 (講談社 1992年、講談社文庫 1995年)
  • 尾塩尚 『駐米大使野村吉三郎の無念 日米開戦を回避できなかった男たち』(日本経済新聞出版社 1994年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
阿部信行
日本の旗 外務大臣
第61代:1939年 - 1940年
次代:
有田八郎
党職
先代:
松野鶴平
自由民主党参議院議員会長
第2代:1956年 - 1957年
次代:
吉野信次
名誉職
先代:
一松定吉
最年長参議院議員
1962年7月 - 1964年5月
次代:
小柳牧衛
学職
先代:
荒木寅三郎
学習院院長
第16代:1937年 - 1939年
次代:
山梨勝之進