敷島 (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese battleship Shikishima 2.jpg
艦歴
計画 1896年(明治29年)度
建造所 テムズ鉄工造船所
起工 1897年3月29日
進水 1898年11月1日
就役 1900年1月26日竣工
除籍 1945年11月20日
その後 1948年解体
要目
排水量 常備:14,850トン
全長 133.5m(438ft)
全幅 23.0m(75ft6in)
吃水 8.3m(27ft3in)
機関 ベルビール25基
3気筒3段レシプロ2基
2軸、14,500馬力
速力 18.0ノット
航続距離 (10ノットで7,000海里[1]
燃料 石炭1,722トン
乗員 836名
兵装 40口径30.5cm連装砲2基
40口径15.2cm単装砲14基
40口径7.6cm単装砲20基
47mm単装砲12基
45cm水上魚雷発射管1門
45cm水中魚雷発射管4門
装甲 HS(ハーベイ・ニッケル)鋼
舷側:最大9インチ(229mm)
甲板:最大4インチ(102mm)

敷島(しきしま)は日本海軍戦艦[2][3]敷島型戦艦1番艦である。 艦名は日本全体の美称の一つ[4]

概要[編集]

1896年(明治29年)の第10議会で可決した第二期拡張計画により建造された戦艦4隻(敷島、朝日、初瀬、三笠)の第1艦[5]イギリスロンドンテムズ鉄工造船所で建造された[6][7]日露戦争では主力艦として旅順口攻撃旅順港閉塞作戦黄海海戦日本海海戦と主な作戦に参加した。

旧式化により1921年(大正10年)9月1日附で海防艦に類別変更[8]第一次世界大戦後のワシントン軍縮会議により兵装、装甲の全てを撤去[4]。練習特務艦[9]となり佐世保港に繋留、使用されていた。太平洋戦争終戦時は推進器が撤去され佐世保海兵団所属の練習艦として相ノ浦に無傷で繋留されていた。1947年に佐世保で解体された。

艦歴[編集]

1897年(明治30年)、日本海軍はイギリスで建造予定の第一甲鉄戦艦の艦名について敷島または白根を検討していた[10]。 同年3月26日、第一甲鉄戦艦は敷島と命名される[2][11]3月29日、本艦はイギリステームズ鉄工所で起工[12]

1898年(明治31年)3月21日、日本海軍は海軍軍艦及び水雷艇類別標準を制定し、1万トン以上の戦艦を一等戦艦と定義[13]。該当する4隻(富士八島朝日敷島)が一等戦艦に類別された[14][3]。 同年11月1日、進水[4]。 1900年(明治33年)1月26日、竣工[4]。1月27日、日本に向け回航[15]。4月17日、に到着[4]。 4月30日、神戸港沖合で観艦式がおこなれ、明治天皇は本来の御召艦「浅間」から「敷島」に一時移乗した[16]

1904年(明治37年)、第一艦隊第一戦隊所属で日露戦争に参加[4]。2月9日から旅順口攻撃旅順港閉塞作戦に参加。 5月15日、第一戦隊司令官梨羽時起少将(旗艦初瀬)の指揮下艦艇(初瀬敷島八島笠置龍田等)は旅順港外の老鉄山沖を行動中[17]、戦艦2隻(初瀬、八島)がロシア海軍機雷に触雷して沈没[18][19]。「敷島」は戦場を離脱した[20]。 8月10日、黄海海戦に参加[4]。 1905年(明治38年)5月27日、28日、本艦は姉妹艦(三笠、朝日)等と日本海海戦に参加[4]。 1920年(大正9年)の 尼港事件では、沿海州沿岸警備に従事する[4]

1921年(大正10年)9月1日、日露戦争時の主力艦艇は海防艦に類別され、「敷島」も一等海防艦となる[21][8]1923年(大正12年)4月1日、3隻(敷島、朝日、須磨)は軍艦籍より除籍[4][22]。 艦艇類別等級表からも削除[23][24]。2隻(敷島、朝日)は練習特務艦に類別される[25][9]。武装も除去された[4]

1925年(大正14年)から佐世保に定繋された。 1945年(昭和20年)11月20日、除籍。1947年(昭和22年)、佐世保船舶工業(旧佐世保海軍工廠)で解体された。

年表[編集]

  • 1897年3月29日 - 起工。
  • 1898年11月1日 - 進水。
  • 1900年1月26日 - 竣工。
  • 1921年9月1日 - 海防艦に類別変更[8]
  • 1923年4月1日 - 特務艦に類別変更[26][9]
  • 1945年11月20日 - 除籍。
  • 1947年 - 解体。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

回航委員長[編集]

  • 三善克己 大佐:1898年11月2日 - 1899年7月25日

艦長[編集]

  • 三善克己 大佐:1899年7月25日 - 1900年5月20日
  • 向山慎吉 大佐:1900年5月20日 - 12月6日
  • 伊東義五郎 大佐:1900年12月6日 - 1901年7月6日
  • 富岡定恭 大佐:1901年7月6日 - 1903年4月12日
  • 中溝徳太郎 大佐:1903年4月12日 - 7月7日
  • 寺垣猪三 大佐:1903年7月7日 - 1905年6月14日
  • 吉松茂太郎 大佐:1905年6月14日 - 11月2日
  • 梶川良吉 大佐:1905年11月2日 - 1906年2月2日
  • 上原伸次郎 大佐:1906年4月7日 - 11月22日
  • 和田賢助 大佐:1906年11月22日 - 1907年8月5日
  • 森義太郎 大佐:1907年8月5日 - 1908年4月7日
  • 黒井悌次郎 大佐:1908年8月28日 - 1909年12月1日
  • 依田光二 大佐:1909年12月1日 - 1910年12月1日
  • 西垣富太 大佐:1910年12月1日 - 1911年12月1日
  • 鈴木貫太郎 大佐:1911年12月1日 - 1912年9月12日
  • 竹下勇 大佐:1912年9月12日 - 12月1日
  • 田所広海 大佐:1912年12月1日 - 1914年5月29日
  • 原篤慶 大佐:1914年5月29日 -
  • 久保来復 大佐:1914年8月23日 - 12月1日
  • 大島正毅 大佐:1914年12月1日 - 1915年7月17日
  • 菅野勇七 大佐:1915年7月17日 - 1916年4月1日
  • 吉田孟子 大佐:1916年4月1日 - 12月1日
  • 犬塚助次郎 大佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 大谷幸四郎 大佐:1917年12月1日 - 1918年11月10日
  • 石川秀三郎 大佐:1918年12月1日 - 1919年6月10日
  • (兼)匝瑳胤次 大佐:1919年6月10日 - 7月1日
  • 原田正作 大佐:1919年7月1日 - 8月5日
  • 飯田延太郎 大佐:1919年8月5日 - 11月20日
  • 橋本虎六 大佐:1919年11月20日[27] - 1920年1月27日死去[28]
  • 黒瀬清一 大佐:1920年2月2日 - 11月20日
  • 角田貫三 大佐:1920年11月20日 - 1921年11月20日[29]
  • 有沢四十九郎 大佐:1921年11月20日[29] - 1922年11月10日[30]
  • 黒田瀧二郎 大佐:1922年11月10日[30] -

特務艦長[編集]

  • 黒田瀧二郎 大佐:不詳 - 1923年5月10日[31]
  • 江口金馬 大佐:1923年5月10日 - 12月1日
  • (兼)大寺量吉 大佐:1923年12月1日 - 1924年2月5日
  • 内藤省一 大佐:1924年2月5日[32] -
  • 辺見辰彦 中佐:不詳 - 1925年11月10日[33]
  • 石井二郎 中佐:1925年11月10日[33] - 1926年8月20日[34]
  • 中村寛 中佐:1926年8月20日[34] - 1927年11月1日[35]
  • 長井実養 中佐:1927年11月1日[35] - 1929年11月30日[36]
  • 小沢松三 中佐:1929年11月30日[36] - 1930年11月15日[37]
  • 佐藤文吉 中佐:1930年11月15日[37] -
  • (兼)三井清三郎 大佐:1932年2月1日 - 1932年12月1日
  • 石黒虎雄 中佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  • 千葉慶蔵 大佐:1933年11月15日 - 1934年2月20日
  • 堀江亥之吉 大佐:1934年2月20日[38] - 1934年11月15日[39]
  • 大塚敏雄 中佐:1934年11月15日[39] - 1935年11月15日[40]
  • 竹内武直 中佐:1935年11月15日[40] -
  • 大野善隆 大佐:不詳 - 1936年12月1日[41]
  • 河原金之輔 中佐:1936年12月1日[41] - 不詳
  • (兼)河原金之輔 中佐:不詳 - 1937年7月1日[42]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本戦艦物語I』による。ただし括弧書きで記載され、その説明はない。『昭和造船史』では空欄となっている。
  2. ^ a b #達明治30年3月(4)p.3『達第三十三號 英國ニ於テ製造ノ第一號甲鐡戰艦及第三號二等巡洋艦米國ニ於テ製造ノ第一號及第二號ニ等巡洋艦ニ左ノ通命名セラル|明治三十年三月二十六日 海軍大臣侯爵 西郷從道|第一甲鐡戰艦 シキシマ|第一號二等巡洋艦 カサ|第二號二等巡洋艦 トセ|第三號二等巡洋艦 タカサゴ
  3. ^ a b #達明治31年3月(1)pp.16-17『達第三十五號 軍艦及水雷艇類別等級別紙ノ通定ム 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西郷從道|軍艦|戰艦|一等|富士、八島、敷島、朝日』
  4. ^ a b c d e f g h i j k #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ58(原本83頁)『敷島(しきしま) 艦種一等戰艦 二檣(戰闘檣あり) 艦名考日本の別稱なり、敷島は亦磯城島しきしま、師木島に造る、夜麻登磯幾の皇居の名より出づ、後ち總日本國號にも轉用せらるるに至れること秋津洲の例に同じ。
    艦歴明治33年1月英國にて竣工、同月27日英國出發、4月17日呉到着。同37・8年戰役に從軍(第一艦隊第一戰隊):同37年8月黄海々戰に参加(艦長大佐寺垣猪三)、同38年5月日本海々戰に参加(艦長大佐同前)、同38年12月戰艦の等級を廢せらる、大正3年乃至9年戰役に從軍:露領沿岸警備、同8年12月第三艦隊に属し、同12年4月1日帝國軍艦籍より除かれ練習特務艦と定めらる、同13年3月15日華府條約により武装解除。
    ―要目― 長400呎/幅76呎/吃水27呎/排水量15,088噸/機關 直立三聯成汽機2基 ベルビル罐25臺/馬力14,500/速力18/乗組人員741/船材 鋼(甲鐡ハーベイニッケル鋼229-600粍)|兵装 12吋砲 4/6吋砲 14/12听砲 20/3听砲 3/2.5听砲 6/發射管 5/起工 明治30-3-29/進水 同31-11-1/竣工 同33-1-26/建造所 英國テームス・アイアンウォーク社』
  5. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ24『明治二十九年』
  6. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ24『明治三十年 巡洋艦笠置及千歳ヲ米國ニテ、戰艦敷島及朝日、巡洋艦常磐及驅逐艦六隻ヲ英國ニテ起工シ戰艦富士及八島竣工ス』
  7. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ24『明治三十三年 驅逐艦二隻ヲ英國ニテ、水雷艇千鳥ヲ佛國ニテ、同二隻ヲ獨國ニテ起工シ戰艦敷島及朝日、巡洋艦八雲、吾妻及出雲、驅逐艦二隻及水雷艇二十二隻ヲ竣工ス』
  8. ^ a b c #達大正10年9月p.1『達第百六十四號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 大正十年九月一日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|戰艦ノ欄内「敷島、朝日、三笠、肥前、」ヲ、巡洋艦一等ノ欄内「淺間、常磐、八雲、吾妻、磐手、出雲、春日、日進」ヲ、同二等ノ欄内「千歳、須磨、明石、新高、對馬、」ヲ削ル|海防艦一等ノ欄内「周防」ノ次ニ「、敷島、朝日、三笠、肥前、淺間、常磐、八雲、吾妻、磐手、出雲、春日、日進」ヲ、同二等ノ欄内「武藏」ノ次ニ「、千歳、須磨、明石、新高、對馬」ヲ加フ』
  9. ^ a b c #達大正12年4月(1)p.12『達第七十二號 艦艇類別等級別表中練習特務艦ノ欄内「富士」ノ次ニ「、敷島、朝日」ヲ加フ 大正十二年四月一日 海軍大臣 男爵加藤友三郎』
  10. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ222『◎水雷艇ノ命名ヲ海軍大臣ニ御委任ノ件 明治三十年三月十三日(官房八二五)(海軍大臣ヨリ侍從長宛) 第一期海軍擴張費トシテ製造スヘキ軍艦ノ内工事ニ着手シ追ミ其歩ヲ進メタルモノモ有之候ニ付此際左記四艘ノ艦名御治定相成候様致度亦水雷艇ノ義ハ多數ノ義ニ付其艇名ハ本職ヘ御委任相成候様共ニ御執奏相成度此段及御照會候也 追テ御参考ノ爲メ艦名左ニ付記致候也
    第一號甲鐡戰艦 シキシマ  シラ
    第一號二等巡洋艦 ハヤ  
    第二號二等巡洋艦 カサ  ハキ
    第三號二等巡洋艦 クラ  トセ
    【編者註】三月十八日尚三四ノ参考艦名可差出御沙汰ニヨリ岩倉侍従職漢字マデ差出タルモノ左ノ如シ
    アサ コマ タカサゴ タカ
  11. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ198番『◎戰艦敷島及巡洋艦笠置千歳高砂命名ノ件 明治三十年三月二十六日(達三三)』
  12. ^ #海軍制度沿革(巻11、1940)コマ568『敷島|〃(練習特務艦)|長(米)121.92|幅(米)23.01|吃水(米)6.60|常備(噸)11,986|基準(噸)11,275|速力(節)18.6節|(員數)174|(艇數)11|建造所 英國テームス社|起工年月日30-3-29|進水年月日31-11- |竣工年月日33-1-26|武装 探照燈2|機械種類〃(直立三段膨張式)數〃(2)|罐種類〃(ベルビー式)數〃(25)|推進器數〃(2)』
  13. ^ #達明治31年3月(1)pp.14-15『達第三十四號 海軍大臣ニ於テ別表ノ標準ニ據リ軍艦及水雷艇ノ類別及等級ヲ定メ若ハ其ノ變更ヲ行フコトヲ得セシメラル 明治三十一年三月二十一日 海軍大臣侯爵 西郷從道』
  14. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ50番『◎軍艦及水雷艇類別等級』
  15. ^ 『官報』第4971号、明治33年1月31日。
  16. ^ 明治33年5月1日官報第5046号。国立国会図書館デジタルコレクション コマ14『○御碇泊 天皇陛下ハ去月二十八日演習御親閲午後四時三十分紀州和歌浦ニ御碇泊アラセラレタリ|○行在所御安箸 天皇陛下ハ去月二十九日午前十一時黒江灣御發艦午後三時十分明石沖御箸艦同四時二十分御上陸行在所ニ御安箸アラセラレタリ|○行幸御發箸 天皇陛下ハ去月三十日午前七時三十分行在所御出門次テ御發艦午前十時神戸御箸艦諸艦艇巡閲午後零時十五分軍艦敷島ヘ臨御演習職員其他ヘ宴ヲ賜ヒ同二時御召艦ヘ復御同三時二十五分御發艦同四時三十分明石沖御箸續テ御上陸同五時三十分行在所ヘ御安箸アラセラレタリ』-『○陸海軍 ○軍艦發箸 軍艦金剛ハメルボールンニ向ヒブリスバンヲ、水雷艇驅逐艇薄雲ハ厦門ニ向ヒ新嘉坡ヲ去月二十八日孰モ抜錨、軍艦鎭中ハ同日呉ヘ、同赤城ハ漢口ヘ、同愛宕ハ塘沽ヘ孰モ投錨、同敷島、八島、富士、常磐、鎭遠、扶桑、松島、嚴島、橋立、笠置、千歳、高砂、吉野、高千穂、秋津洲、和泉、千代田、龍田、豊橋、水雷艇驅逐艇雷、電、曙、東雲、叢雲、夕暮、不知火ハ同二十九日、軍艦淺間、明石、都、八重山及水雷艇驅逐艇陽炎ハ同三十日孰モ神戸ヘ投錨セリ(海軍省)』
  17. ^ #日露戦争大本営公報集コマ36(原本51頁)『二、本艦は海軍に在て最大不幸の日にして茲に又最も不幸なる報告を通達するの止むを得ざるに遭遇せり、初瀬、敷島、八島、笠置、竜田は本日午前11頃旅順口沖にて敵を監視中初瀬は敵の水雷に罹り先づ舵機を破られ初瀬より曳船送れの電信に接したるを以て将に之を發送せんとする時更に敷島より初瀬は第二の水雷に罹り沈没せりとの悲報來れりも本職は之を報告するに臨み只遺憾至極と云ふの外なし善後の處置に就ては夫々出來る丈けの手段を盡し災厄を増大せざるに努め居れり當地付近濃霧未だ霽れず(五月十五日午後六時大本營着電)』
  18. ^ #戦袍余薫懐旧録第2輯コマ90(原本140-142頁)『初瀬の遭難(初瀬水雷長海軍少佐)海軍大佐小林惠吉郎』
  19. ^ #日露役旅順港海海戦戦死者p.2『明治三七-五-一五|晝|八島|同上|/|初瀨ト共同動作中敵機雷ニ觸レ沈没』
  20. ^ #日露戦争大本営公報集コマ36-37(原本51-52頁)『三、敷島は初瀬遭難状況報告の爲め今當地に歸港しつヽあり驅逐隊全部及二個水雷艇は敵の驅逐隊に當り溺者救助の爲め午後一時三十分當地を發して旅順口方面に向へり霧未だ霽れず(五月十五日午後十時三十分大本營着電)』
  21. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ59『大正十年九月一日(達一六四)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス』
  22. ^ #達大正12年4月(1)p.12『達第七十號|軍艦 敷島/軍艦 朝日/軍艦 須磨 右帝國軍艦籍ヨリ除カル|水雷艇 雲雀/水雷艇 鷺/水雷艇 鶉/水雷艇 鷂/水雷艇 第七十二號/水雷艇 第七十三號/水雷艇 第七十四號/水雷艇 第七十五號 右帝國水雷艇籍ヨリ除カル 大正十二年四月一日 海軍大臣 男爵加藤友三郎』
  23. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ59『大正十二年四月一日(達七一)艦艇類別等級別表中軍艦ノ欄内「敷島、朝日、須磨、」ヲ、水雷艇ノ欄内「雲雀、鷺、鶉、鷂、第七十二號、第七十三號、第七十四號、第七十五號」ヲ削ル』
  24. ^ #達大正12年4月(1)p.12『達第七十一號 艦艇類別等級別表中軍艦ノ欄内「敷島、朝日、須磨、」ヲ、水雷艇ノ欄内「雲雀、鷺、鶉、鷂、第七十二號、第七十三號、第七十四號、第七十五號」ヲ削ル 大正十二年四月一日 海軍大臣 男爵加藤友三郎』
  25. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)コマ72『大正十二年四月一日(達七二)特務艦類別等級別表中練習特務艦ノ欄内「富士」ノ次ニ「、敷島、朝日」ヲ加フ』
  26. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実コマ188(原本283頁)『敷島(しきしま)〔再出〕 艦種特務艦 艦名考 艦歴}「日清戰役以降、日露戰役迄の艦艇」の部参照(p.83) ―要目― 長121.92米/幅23.01米/吃水6.60米/排水量11,275噸/速力18.6/起工 明治30-3-29/進水 同31-11/竣工 同33-1-26/建造所 英國テームス社』
  27. ^ 『官報』第2190号、大正8年11月21日。
  28. ^ 『官報』第2248号、大正9年2月3日。
  29. ^ a b 『官報』第2793号、大正10年11月22日。
  30. ^ a b 『官報』第3085号、大正11年11月11日。
  31. ^ 『官報』第3232号、大正12年5月11日。
  32. ^ 『官報』第3434号、大正13年2月6日。
  33. ^ a b 『官報』第3965号、大正14年11月11日。
  34. ^ a b 『官報』第4199号、大正15年8月21日。
  35. ^ a b 『官報』第255号、昭和2年11月2日。
  36. ^ a b 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  37. ^ a b 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  38. ^ 『官報』第2141号、昭和9年2月22日。
  39. ^ a b 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  40. ^ a b 『官報』第2663号、昭和10年11月16日。
  41. ^ a b 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。
  42. ^ 『官報』第3148号、昭和12年7月2日。

参考文献[編集]

  • 泉江三『軍艦メカニズム図鑑-日本の戦艦 上』グランプリ出版、2001年。 ISBN 4-87687-221-X
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0386-9
  • 福井静夫『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0607-8
  • 福井静夫『福井静夫著作集第2巻 日本戦艦物語II』光人社、1992年。 ISBN 4-7698-0608-6
  • 官報
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』 海軍大臣官房、1939年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 河村貞編 「初瀬、吉野の二艦沈没」『日露戦争大本営公報集 info:ndljp/pid/774421』 立誠堂、1906年1月。
    • 坪谷善四郎編 『日露戦役海軍写真集. 第1輯』 博文会、1905年9月。
    • 藤田定市編 『戦袍余薫懐旧録.第2輯 info:ndljp/pid/1447099』 財団有終會、1926年12月。
    • 鳳秀太郎編 『日露戰役話集 大戰餘響 info:ndljp/pid/954055』 博文館、1917年3月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『明治30年 達 完/3月(4)』。Ref.C12070038100。
    • 『明治31年 達 完/3月(1)』。Ref.C12070040500。
    • 『明治38年 達 完/6月』。Ref.C12070053000。
    • 『大正1年 達 完/8月』。Ref.C12070064400。
    • 『大正10年達完/9月』。Ref.C12070079200。
    • 『大正12年達 完/4月(1)』。Ref.C12070081900。
    • 『日露役旅順附近海戦一覧表(明治37年)』。Ref.C14120009300。
    • 『日露役(旅順附近黄海海戦)に於ける沈没艦船並戦死者一覧表(昭和10年6月7日旅順要港部港務部調製)』。Ref.C14120009400。
    • 『日露役旅順陥落迄の両国艦船勢力並亡失表(明治37年)』。Ref.C14120009500。

関連項目[編集]