名和又八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名和 又八郎
Nawa Matahashirou2.jpg
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1886年 - 1923年
最終階級 OF-8 - Kaigun Taisho.gif海軍大将
テンプレートを表示

名和 又八郎(なわ またはちろう、文久3年12月22日1864年1月30日) - 昭和3年(1928年1月12日)は、日本海軍軍人海軍大将

経歴[編集]

小浜藩士、武久久三の子として東京で生まれ、同藩の名和荘山の養子となる。明治16年(1883年)、海軍兵学校10期生)を卒業し、同19年(1886年)に少尉任官。「筑波」分隊長、防護巡洋艦「浪速」分隊長、「海門」分隊長を歴任、日清戦争時は「松島」分隊長であった。さらに海軍兵学校教官、「金剛」副長などを経て、明治32年(1899年)、海軍省副官兼海相秘書官となり山本権兵衛大臣に仕えた。

明治33年(1900年)、「初瀬」副長に任命され、イギリスに出張し同艦を回航。その後、舞鶴鎮守府参謀、人事局第2課長、「出雲」艦長、「厳島」艦長、「生駒」艦長、軍令部参謀(第4班長)などを歴任し、明治41年(1908年)、海軍少将に進級。さらに、呉鎮守府参謀長、第3艦隊司令官、将官会議議員、海軍教育本部長、第2艦隊司令長官、舞鶴鎮守府司令長官、横須賀鎮守府司令長官を歴任し、大正7年(1918年)に海軍大将、同9年(1920年)に軍事参議官となり、同12年(1923年)に予備役に編入された。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2541号「叙任及辞令」1891年12月17日。
  2. ^ 『官報』第3727号「叙任及辞令」1895年11月29日。
  3. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  4. ^ 『官報』第4603号「叙任及辞令」1898年11月1日。
  5. ^ 『官報』第5835号・付録「叙任及辞令」1902年12月13日。
  6. ^ 『官報』第6142号「叙任及辞令」1903年12月21日。
  7. ^ 中野文庫 - 旧・金鵄勲章受章者一覧
  8. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  9. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  10. ^ 『官報』第1096号「叙任及辞令」1916年3月30日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第1688号「叙任及辞令」1918年3月22日。
  13. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

参考文献[編集]

  • 半藤一利他『歴代海軍大将全覧』中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、 2005年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。


先代:
島村速雄
Naval Ensign of Japan.svg 教育本部長
第13代:1914年4月22日 - 1915年2月5日
次代:
加藤定吉
先代:
加藤定吉
Naval Ensign of Japan.svg 第二艦隊司令長官
第9代:1915年2月5日 - 同12月13日
次代:
八代六郎
先代:
坂本一
Naval Ensign of Japan.svg 舞鶴鎮守府司令長官
第7代:1915年12月13日 - 1917年12月1日
次代:
財部彪
先代:
東伏見宮依仁親王
Naval Ensign of Japan.svg 横須賀鎮守府司令長官
第17代:1917年12月1日 - 1920年8月24日
次代:
山屋他人