択捉型海防艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
択捉型海防艦
択捉
艦級概観
艦種 海防艦
艦名 島名
前級 占守型海防艦
次級 御蔵型海防艦
性能諸元
排水量 基準:870t
全長 77.70m
水線長 76.20m
全幅 9.1m
吃水 3.0m
機関 22号10型ディーゼル 2基2軸
4,200馬力
燃料 重油
最大速力 19.7ノット(36.48km/h
航続距離 16ノットで8,000海里
乗員 150名
兵装 三年式45口径12センチ単装平射砲x3基
25mm連装機銃x2基
九四式爆雷投射機x1基
爆雷投下台x6基
爆雷x36個
掃海具

択捉型海防艦(えとろふがたかいぼうかん)は、日本海軍第二次世界大戦において運用した海防艦である。占守型海防艦を原型とし、南方航路の船団護衛に用いられた。計画名は占守型とおなじく甲型であり、艦艇類別等級別表における公式類別上は占守型に属する[1]が、基本計画番号はE19と異なる。1943年-1944年にかけて同型艦14隻が就役している。

概要[編集]

太平洋戦争の開戦をにらみ、日本は緒戦で占領予定の南方地域からの資源輸送について、その航路護衛兵力が不足していることに気が付いた。そのため、昭和16年度戦時建造計画(マル急計画)において、長大な航続距離をもつ占守型海防艦を新規護衛艦の原型とすることに決定した。択捉型の基本設計は昭和16年10月10日に決定され、建造が開始された。

占守型をわずかに簡易化しただけのものであり、戦時に必要である設計の簡素化・工期の短縮はほとんど行われなかった。占守型との相違点は、爆雷搭載数の増加(18個→36個)、および艦首の簡易化・直線化、軍艦籍でないことによる居住設備の簡略化などである。しかし、南方航路への投入が計画されていたにも関わらず、暖房用の補助缶は搭載されたままであった。工期は、平均11ヶ月であった。

本型の評価は、本来の目的であった戦時急造が行えなかった事と、初期の設計では対潜対空兵装が不足していたことから、必ずしも高いものではない。

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和19年6月5日付 海軍内令 第738号
  2. ^ 海軍大臣達「5月(3)」第6画像 (昭和18年5月25日付 海軍大臣達第121号)

参考文献[編集]

  • レファレンスコード:C12070118900 『海軍大臣達「5月(3)」』(昭和18年5月)

関連項目[編集]