平海 (巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平海
艦歴
発注:
起工: 1931年7月9日
進水: 1935年10月8日
就役: 1936年6月18日
その後: 1944年11月25日戦没
除籍: 1945年1月10日(日本海軍)
性能諸元
排水量: 基準:2,448t
全長: 106.7m
全幅: 11.95m
吃水: 4.0m
機関: 7,448hp
二軸レシプロ2基
艦本式5罐
速力: 21.0kt
航続距離: 12ktで5,000浬
燃料:
乗員数: 361名
兵装: 50口径14cm連装砲3基
8.8cm単装高角砲3基
57mm単装砲4基
マキシム8mm機銃8丁
53.3cm水上魚雷発射管連装2基

平海(ピンハイ、PING HAI)は、中華民国海軍の軽巡洋艦[1]寧海級巡洋艦の2番艦。日本軍に鹵獲され、1944年(昭和19年)6月に「八十島」(やそしま)と改名されて再就役した[2]。9月下旬には二等巡洋艦に類別変更され[3]大日本帝国海軍軍艦となった[4]

艦歴[編集]

平海[編集]

上海江南造船廠で1931年に起工された。艤装工事は日本播磨造船所で1935年(昭和10年)10月30日から1936年(昭和11年)6月18日にかけて行われ、同年竣工した。

日中戦争中の1937年(昭和12年)7月15日、本艦は上海市を出港して揚子江上流へ向かう[5]8月22日、空母「龍驤」艦載機を対空砲火で撃墜する[6]。 9月中旬、中華民国艦隊(平海、寧海、応瑞、建康)等は揚子江中流の江陰要塞に停泊していた[7]。9月20日、第三艦隊司令長官長谷川清中将(旗艦「出雲」)は、空母「加賀」(第二航空戦隊)および第二連合航空隊(上海飛行場駐留)に攻撃を下令する[8]9月22日午前中、まず連合航空隊の九二式艦上攻撃機12機(60kg爆弾搭載)が水平爆撃を敢行し、「平海」に損害を与えた[9]。午後、加賀攻撃隊(九六式艦上攻撃機7機、30kg爆弾搭載)が水平爆撃を実施、2隻(平海、寧海)に小規模な損害を与えた[9]。「平海」は上流の南京へ脱出を図ったが、9月23日、再び連合航空隊と加賀航空隊(九四式艦上爆撃機8、九六艦攻8、九六式艦上戦闘機4)の波状攻撃を受ける[10]。攻撃を受け「平海」は鎮江上流の揚子江沿岸で、擱座、着底した[10][11]。同方面の中華民国海軍艦艇も撃破されて戦闘力を喪失[12]。本戦闘を最後に「加賀」は第一航空戦隊(龍驤、鳳翔)と任務を交代、佐世保に帰投した[10]

その後「平海」と「寧海」は日本軍により鹵獲[10]1938年(昭和13年)に浮揚され佐世保に曳航された。

八十島[編集]

海防艦「八十島」。

1938年から佐世保に係留され佐世保海兵団の居住用ハルクとして使用、同年7月11日に「見島」と仮称した。

1944年(昭和19年)1月中旬、佐世保工廠で整備と修理をおこなっていた香取型練習巡洋艦3番艦「香椎」は、佐世保に停泊中の「平海」を呉まで曳航するよう下令される[13][14][15]2月3日、「平海」は「香椎」に曳航されて佐世保を出発[16]。2月4日、2隻は呉に到着した[17][18]6月10日まで呉工廠で整備を行う。

同年6月1日、「平海」は海防艦八十島(やそしま)」と改名[2]。「寧海」は「五十島」と改名[2]。2隻(五十島、八十島)は日本海軍に編入され、海防艦に類別された[19]。 航空基地の移動用、輸送任務に投入される。9月25日、「八十島」は海防艦から除籍[20]。それに伴い軍艦 八十島となった[4]。本籍は呉鎮守府[20]。同日附で日本海軍は第一輸送戦隊を編成[21]。「八十島」は第一輸送戦隊の旗艦に指定される。10月15日から11月15日まで佐世保工廠で輸送戦隊旗艦への改造工事を行った。

フィリピン方面へ進出した「八十島」は11月24日午後、二等輸送艦113号、142号、161号と共に陸軍への戦車輸送の途上、サマール沖海戦と日本帰投中の米潜水艦雷撃により、ルソン島サンタクルスに停泊中の最上型重巡洋艦4番艦「熊野」に合同[22]。熊野負傷者を収容し、11月25日早朝サンタクルーズ湾を出発、マニラに向かった[23]。だが、出航直後にルソン島サンタクルス沖でアメリカ第38.3任務群の空母タイコンデロガ軽空母ラングレー搭載機TBFアヴェンジャーに襲撃される。米軍攻撃隊は「熊野」上空を通過し、八十島船団を攻撃[24]。本艦は魚雷1本を船尾に受け沈没。また輸送艦3隻も共に撃沈され、その様子は「熊野」艦上からも目撃された[25][26]。同日午後、「熊野」も空襲を受け同湾に沈んだ[27]。 第1輸送戦隊旗艦は松型駆逐艦2番艦「」が継承した。

すくなくとも八十島生存者101名[28]、熊野生存者490名[29]が現地の海軍陸戦隊に編入され、フィリピン地上戦で多数が戦死した。

1945年(昭和20年)1月10日、「八十島」は二等巡洋艦[30]、 帝国軍艦籍籍[31] のそれぞれから除籍された。

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 松村總一郎 少佐:1944年6月1日[32] - 1944年6月10日[33]
海防艦長/艦長
  1. 松村總一郎 少佐:1944年6月10日[33] - 1944年12月20日[34]

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ #第3391号p.6『平海概略書』
  2. ^ a b c #S19達6月p.1『昭和十九年六月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 海防艦 五百島(イホシマ)(舊艦名寧海) 海防艦 八十島(ヤソシマ)(舊艦名平海)』
  3. ^ 昭和19年9月29日(金)海軍公報第4812号 p.9』 アジア歴史資料センター Ref.C12070496900 『内令第一一〇九號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年九月二十五日 海軍大臣 軍艦、巡洋艦二等大淀型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ| |八十島| 海防艦ノ部中「、八十島」ヲ削ル』
  4. ^ a b 昭和19年9月27日(水)海軍公報第4810号 p.44』 アジア歴史資料センター Ref.C12070496800 『達第三一九號 海防艦八十島艦種變更ニ付左ノ通命名ス 昭和十九年九月二十五日 海軍大臣 軍艦 八十島(舊海防艦八十島)』
  5. ^ #揚子江方面作戦(1)p.1『七月一五日支那軍艦平海上海 出港遡江』
  6. ^ #高松宮日記2巻556頁『八月二十三日晴。〇八〇〇軍令部。一四三〇皈。(略)九、「龍驤」の艦上爆撃機ならむ一機、二十二日「平海」の第三高角砲にて撃墜せしめらる。日本製のH.A.〔高角砲〕でやられたわけなり。之が始めてか。』
  7. ^ #木俣空母53頁『シナ第一艦隊(江陰要塞にあり)』
  8. ^ #木俣空母52頁『シナ巡洋艦撃沈(九月二十一~三日)』
  9. ^ a b #木俣空母53頁
  10. ^ a b c d #木俣空母54頁
  11. ^ #第2連合航空隊戦闘詳報p.10『(艦名)平海』
  12. ^ #第2連合航空隊戦闘詳報pp.9-10『四.成果 数次ニ亘ル當隊飛行機並ニ他部隊飛行機ノ攻撃ノ結果江陰方面敵艦艇ハ凡テ擱座若クハ大破シテ戰闘力ヲ喪失シ○ニ残存砲ヲ陸揚スルニ至リ海軍兵力トシテ機能ヲ喪失セリ』
  13. ^ #S1812呉練習戦隊(1)p.18『一月十七日仝右(宛略)機密呉鎮守府命令第二四號 呉練習戰隊司令官ハ香椎ヲシテ一月下旬準備出来次第平海ヲ呉ニ回航(曳航)セシムベシ 回航指揮官ヲ香椎艦長トス』
  14. ^ #S1812呉練習戦隊(1)p.18『一月二十日香椎艦長|一月二十一日〇五一六呉練習戰隊旗艦|香椎機密第二〇一九三〇番電 工事ヲ切ツメ平海曳航二月七日呉着可能ノ見込』
  15. ^ #S1901佐鎮日誌(5)p.49『三一(天候略)平海ノ呉回航ニ關シ定ム(信電令作第四號)』
  16. ^ #S1902佐鎮日誌(5)p.50『三(天候略)香椎(平海ヲ曳航)佐世保發』
  17. ^ #S1901呉鎮日誌(2)pp.13-14『(二)麾下艦船部隊ノ行動(特設ヲ含ム)ノ行動』
  18. ^ #S1902佐鎮日誌(5)p.50『四(天候略)香椎呉着平海ノ引渡ヲ了ス』
  19. ^ #内令昭和19年5月(3)p.2『内令第七百二十號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年六月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 海防艦、第二號型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ| |五百島、八十島|』
  20. ^ a b 昭和19年9月30日(土)海軍公報第4813号 pp.21-22』 アジア歴史資料センター Ref.C12070496900 『内令第一一一四號 呉鎮守府警備海防艦 海防艦 八十島 右役務ヲ解カル 昭和十九年九月二十五日 海軍大臣』-『内令第一一一五號 呉鎮守府在籍 海防艦 八十島 右帝國海防艦籍ヨリ除カル 昭和十九年九月二十五日 海軍大臣』-『内令第一一一六號 軍艦 八十島 右本籍ヲ呉鎮守府ト定メラル 昭和十九年九月二十五日 海軍大臣』
  21. ^ #戦隊行動調書p.48『第一輸送戰隊』-『(年)19|(月)9|日(25)|編成』
  22. ^ #重巡最上出撃せよ217頁
  23. ^ #重巡最上出撃せよ218頁
  24. ^ #S1905熊野日誌(4)p.65『一一.二五|〇九〇五|SB2C TBF F6F約九〇機ノ編隊ヲ發見セルモ編隊ノマヽ本艦ノ二〇粁附近ヲ西航沖合航行中ノ八十島船團ヲ攻撃スルモ認ム』
  25. ^ #重巡最上出撃せよ221頁
  26. ^ #戦隊行動調書p.48『11.25タマ三一B船団f×一〇〇以上ト交戰 八十島 113SB 142SB 161SB沈没』
  27. ^ #重巡最上出撃せよ228頁
  28. ^ #10月18日以降増援兵力p.2『地区:マニラ|所轄:八十島|進出期日(編制期日)一九四四.一一.二五|員数一〇一』
  29. ^ #10月18日以降増援兵力p.2『地区:マニラ|所轄:熊野|進出期日(編制期日)一九四四.一一.二五|員数四九〇』
  30. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.2『内令第一六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和二十年一月十日 海軍大臣|軍艦、巡洋艦二等ノ部中「八十島」ヲ、同航空母艦大鷹型ノ項中「神鷹、」、同敷設艦ノ部中「、厳島」ヲ削ル 驅逐艦、一等峯風型ノ項中「、秋風」ヲ、同「卯月型 卯月、夕月」ヲ、初雪型ノ項中「曙、」ヲ、同初春型ノ項中「初春、」ヲ、同満潮型ノ項中「満潮、朝雲、山雲、」ヲ、同不知火型ノ項中「、浦風」「、野分」ヲ、同夕雲型ノ項中「長波、濱波、沖波、岸波」「、早霜、秋霜」ヲ、同秋月型ノ項中「、若月、霜月」ヲ、同「 島風」ヲ削ル(以下略)』
  31. ^ #秘公報昭和20年1月(2)pp.8-10『内令第二九號|横須賀鎮守府在籍 軍艦 厳島|呉鎮守府在籍 軍艦 八十島|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 神鷹|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 曙、驅逐艦 満潮、驅逐艦 朝雲、驅逐艦 山雲、驅逐艦 野分、驅逐艦 早霜、驅逐艦 秋霜、驅逐艦 若月、驅逐艦 霜月|呉鎮守府在籍 驅逐艦 浦風、驅逐艦 島風|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 秋風、驅逐艦 卯月、驅逐艦  夕月、驅逐艦 初春|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 長波、驅逐艦 濱波、驅逐艦 沖波、驅逐艦 岸波|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年一月十日海軍大臣』
  32. ^ 昭和19年6月8日付 海軍辞令公報(部内限)第1509号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099500 
  33. ^ a b 昭和19年6月13日付 海軍辞令公報(部内限)第1513号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099500 
  34. ^ 昭和19年12月22日付 秘海軍辞令公報 甲 第1676号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102300 

参考文献[編集]

  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第二巻 昭和八年年一月一日~昭和十二年九月二十六日』 中央公論社、1995年6月。ISBN 4-12-403392-3
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 「丸」編集部編 『巡洋艦戦記 重巡最上出撃せよ』 光人社、2011年8月(原著1990年)。ISBN 978-4-7698-2700-9
    • 連合艦隊最後の決戦場レイテ沖海戦回想録―左近允尚敏『われらが軍艦 重巡「熊野」の最期』
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和19年1月~6月達/6月』。Ref.C12070125000。
    • 『昭和19年1月~7月内令/昭和19年5月(3)』。Ref.C12070197600。
    • 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。Ref.C12070503600。
    • 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。Ref.C08051772000。
    • 『第3391号 9.7.30外国軍装備兵器受託造修等に関する件』。Ref.C05023471200。
    • 『外発秘第3867号11.11.4民国軍艦入港に関する件』。Ref.C05034834000。
    • 『支那事変作戦調B1 揚子江方面作戦(其の1)自昭和12年7月7日至昭和12年12月31日』。Ref.C14120594700。
    • 『支那事変作戦調B1 揚子江方面作戦(其の2)自昭和12年7月7日至昭和12年12月31日』。Ref.C14120594800。
    • 『2連空機密第122号 第2連合航空隊戦闘詳報 其の1(自9月22日至9月25日江陰方面敵艦艇攻撃)』。Ref.C14120288700。
    • 『昭和18年12月1日~昭和20年5月31日 呉練習戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030078800。
    • 『昭和19年1月1日~昭和19年3月31日 呉鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030328900。
    • 『昭和19年1月1日~昭和19年1月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030351200。
    • 『昭和19年2月1日~昭和19年2月29日 佐世保鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030352000。
    • 『昭和19年5月1日~昭和19年11月25日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030572600。
    • 『第1表/2.1944年10月18日以降増援兵力』。Ref.C14061098700。

関連項目[編集]