嶋中鵬二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

嶋中 鵬二(しまなか ほうじ、1923年2月7日 - 1997年4月3日)は中央公論社社長。総合雑誌『中央公論』を中心に戦後の出版界に大きな業績を残したが、晩年は経営危機を招いた。嶋中雄作の次男。妻雅子(1925年 - 2004年)は政治学者蝋山政道の娘。

来歴・人物[編集]

1935年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。同級生に鶴見俊輔永井道雄中井英夫がいた。

1940年、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。府立高等学校 (旧制)を経て東京帝国大学文学部独文科卒業。太平洋戦争中は、勤労動員で中島飛行機(現在の富士重工)の研究所に勤務。

1947年から1948年まで、第14次新思潮に関わる。吉行淳之介によれば中井英夫が編集長格で、嶋中は黒幕的存在であったという。

1949年1月、父雄作が死去。会社を継いだ兄嶋中晨也もまた病死したため、明治大学東洋大学の講師を辞して、26歳で中央公論社社長に就任。1956年東京都中央区京橋に自社ビルを建設。

1961年東京都新宿区の自邸に大日本愛国党の元構成員(17歳)が侵入。嶋中社長は不在だったが家政婦が刺殺され、雅子夫人が重傷を負う(嶋中事件)。当時、発売元であった『思想の科学』誌が天皇制特集号(1962年1月号)を組むと、発売停止にし無断で裁断(12月)。これに対して、言論人の間に『中央公論』への執筆拒否運動が起こった(『思想の科学』事件)。

1962年大宅壮一と共に、産業経済新聞社社長(当時)の水野成夫に助言を与え、産経新聞に『竜馬がゆく』(司馬遼太郎)の連載を始めさせる。1965年から1967年までに発売した『日本の歴史』シリーズがヒット。

1984年、『中央公論』に「アメリカマスコミを牛耳るユダヤ人たち」という記事を掲載した件について、アメリカのユダヤ人団体ADLエイブラハム・フォックスマン委員長から抗議を受ける。

1994年、社長在任45年を機に、中央公論社会長に就任。長男の行雄が社長に就任。2年後の1996年、社長行雄を解任。これにより、社長は空席となる。

1997年4月3日、約150億円の負債を残して死去。妻雅子が会長となる(翌年社長を兼任)。1999年、中央公論社は読売新聞社傘下に入る(中央公論新社が新たに設立)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]