球磨 (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
球磨
1930年頃の球磨
基本情報
建造所 佐世保海軍工廠[1]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 二等巡洋艦[2](軽巡洋艦[3])
級名 球磨型[4]
母港 [5][6]
艦歴
計画 大正6年(1917年)度計画(八四艦隊完成案)[7]
発注 1917年7月31日製造訓令[8]
起工 1918年8月29日[1][9]
進水 1919年7月14日[1][10]
竣工 1920年8月31日[1][11]
最後 1944年1月11日戦没
除籍 1944年3月10日[5]
要目(竣工時)
基準排水量 公表値:5,100英トン][1]
常備排水量 計画:5,500英トン[1][12]
竣工時:5,584.8英トン[13]、または5,496.5英トン[14]
全長 162.458m[13]
水線長 158.959m[13]
垂線間長 152.309m[13]
水線幅 14.249m[13]
深さ 8.854m[13]
吃水 常備:4.774m[13][15]
満載:5.690m[15]
ボイラー ロ号艦本式重油専焼水管缶大型6基、小型4基[16]
同石炭・重油混焼水管缶2基[16]
主機 高圧技本式衝動・低圧反動式オール・ギヤード・タービン4基[17]
推進 4軸 x 380rpm(計画)[16]
直径11 ft 0 in (3.35 m)[16]、ピッチ3.429m[17]
出力 公試成績:91,229SHP[18][19]
速力 34.266ノット[18]
燃料 計画:重油 1,260トン[20]石炭 370トン[12][注釈 1]
航続距離 計画:5,300カイリ / 14ノット[12][注釈 2]
乗員 竣工時定員 450名[21][22]
最終時乗員 518名[23]
兵装 竣工時[24]
50口径三年式14cm砲単装7基7門
40口径三年式8cm単装高角砲2門
三年式機砲2挺
六年式(53cm)連装発射管4基8門
六年式53cm魚雷16本
五号機雷150個
装甲 舷側:63.5mm(25.4+38.1mmHT鋼)[25]
甲板:6.35-28.6mmHT鋼(上甲板)[25]
司令塔:50.8mm(12.7+38.1mmHT鋼)[25]
搭載艇 1920年:7隻[26](27フィート通船1隻を含む[27])
1941年:11m内火艇2隻、9m内火艇1隻、9mカッター3隻[27]
搭載機 竣工時:1機[28]
その他 信号符字:GQRO[29]
(無線電信)略符号:JLA[30]
計画要目は球磨型軽巡洋艦を参照のこと
テンプレートを表示

球磨(くま[31])は、日本海軍の二等巡洋艦[2](軽巡洋艦)。 球磨型1番艦である[4]。 その艦名は、熊本県を流れる球磨川にちなんで命名された[32]。 帝国海軍の命名慣例については日本艦船の命名慣例を参照のこと。

概要[編集]

水雷戦隊の旗艦を担う為に球磨は14隻の5500トン型軽巡洋艦(球磨型5隻、長良型6隻、川内型3隻)の最初の艦として建造された。

主砲には14センチ単装砲を7門装備、3番・4番の砲が両舷に分かれて設置されている為、片舷への同時砲撃は6門。1~4番までの4門が前部に5~7番までの3門が後部に配置されている。

長門型戦艦でさえ竣工時は80,000馬力だった中、完成当初90,000馬力という大出力を活かして36ノットという高速を誇り、14センチ砲を7門・53センチ魚雷連装発射を4基備えた当時としては強武装を誇ったが、建造からかなりの年数が経過していたこともあり、太平洋戦争には改装を経て参加した。

艦型[編集]

竣工時[編集]

球磨型軽巡洋艦#艦型を参照。 前部マスト横桁の位置が多摩などと違いがあり、若干高い位置に設置された[33]

竣工後[編集]

  • 1924年(大正13年)頃、魚雷戦指揮用の測的所が前部マスト上に設置された[34]
  • 1929年(昭和4年)から翌年頃に球磨は特別修理を行ったが、この時に3本の煙突のトップに雨水除け装置を装着した[34]。球磨に装着された装置は開発初期のもので煙突のトップが3本共に膨らみが出来た[34]。5,500トン型では他に煙突のトップが膨らみのあるのは「木曽」の1番煙突、2番煙突のみで、他の同型艦との大きな識別点になった[34]

近代化改装[編集]

1932年(昭和7年)9月8日から12月1日にかけて球磨は呉海軍工廠[35][36]近代化改装を受けた[37]。主眼の一つは航空兵装の充実で、5番砲と6番砲の間に呉式二号(一型[35][36])射出機を装備し、九〇式水上偵察機1機を搭載した[37]。水偵の揚げ降ろし用に後部マストにデリックが設けられ、後部マストは基部が三脚式になった[37]。また作業用に射出機付近のシェルター甲板が右舷側に拡大された[37]

艦橋は羅針艦橋の側壁と天蓋が固定式となり、ガラス窓が設置された[37]。また艦橋上に3.5m測距儀が設置され、艦橋の側面左右に見張所が新設された[37]。 上部艦橋平面(羅針艦橋の1甲板下)は後方に拡大されて士官休憩室や作戦室を設置、旗甲板は羅針艦橋レベルに上げられた[38]。 また旗甲板の後方、前部マスト三脚内に無線電信室が新設された[38]。その他に前部マスト中段の測的所の1段上に前部見張所が新設された[38]

後部マスト三脚部に須式90cm探照灯2基(従来は1基)が装備され、その下に見張所も設置された[36]。 その他に短艇甲板が後方(後部魚雷発射管上)に延長され、長良型・川内型と同様に7番砲まで甲板が続く形になった[38]

1941年まで[編集]

  • 1935年(昭和10年)11月から翌年2月に3年式機砲を(留式[39])7.7mm機銃に換装した[40]。同時期に友鶴事件による復元性能改善工事と第四艦隊事件による船体補強工事を行い[41]、固定バラスト200トンを搭載した[42]。またボイラーの重油専焼化も行った[41]。この時点(1937年8月5日調査)で公試排水量7,151トン(平均吃水5.670m)、満載排水量7,823トン(平均吃水6.050m)になっていた[42]
  • 1936年(昭和11年)6月から翌年3月の間に前部マストのトップが短縮された[38]
  • 1937年(昭和12年)11月から12月に射出機を呉式二号三型に換装した[35]。同時に8cm高角砲2門を25mm機銃連装2基に換装した[40]
  • 1940年(昭和15年)8月から翌年1月に後部マスト上に装備の90cm探照灯2基を九二式110cm探照灯1基を換装[38]、後部マスト探照灯下にあった見張所が撤去され、その位置に探照灯が下げられた[37][43]
  • 1941年(昭和16年)夏に舷外電路が設置された[44]

太平洋戦争時[編集]

  • 1942年(昭和17年)夏には14cm砲の上に留式7.7mm機銃を装備した[45]
  • 1943年(昭和18年)10月23日から11月12日にシンガポールの第101工作部で5番14cm砲、射出機と後部マストのデリックを撤去、後部発射管上に左右舷各1基ずつの25mm3連装機銃を装備した[46]。25mm機銃は3連装2基、連装2基となった[47]

艦歴[編集]

建造[編集]

球磨は1917年(大正6年)7月31日に製造の訓令が出された[8]。計画時の名称は「第1号中型巡洋艦」[48]。同年8月20日附達で()()と命名される。1918年(大正7年)8月29日佐世保海軍工廠で起工[9]1919年(大正8年)7月14日午前9時進水[49]1920年(大正9年)8月31日に竣工した[11]呉鎮守府[6]

竣工後[編集]

竣工後すぐにシベリア出兵のためのシベリアへの日本軍の上陸を掩護する任務に就いた。続いて、旅順を拠点として関東州から青島にかけての中国沿岸の哨戒に当たった。

球磨は1934年末ごろ、魚雷発射管九四式水上偵察機のような水上偵察機を発進させるためのカタパルトを装備する改装を受けた[50]日中戦争が拡大し始めたため、球磨は中国海岸を哨戒し、中国中部へ日本軍の上陸を掩護した。1937年12月から1938年秋まで、青島を拠点とする伊号第一二一潜水艦から伊号第一二四潜水艦までの機雷潜戦隊の旗艦となった[51]

フィリピン侵攻[編集]

1941年(昭和16年)4月10日、球磨は第三艦隊(司令官:高橋伊望中将)第16戦隊に配属された。真珠湾攻撃のあった1941年12月8日、球磨は北部フィリピン進攻作戦に参加し、重巡洋艦足柄摩耶、駆逐艦朝風松風とともに澎湖諸島馬公の基地を出発した。

球磨は12月10日から11日までアパリ英語版ビガンへの上陸を掩護し、ビガン沖でアメリカ陸軍航空軍B-17爆撃機5機の攻撃を受けたが攻撃は失敗した。12月22日、リンガエン湾への上陸を掩護した[52]

1942年(昭和17年)1月3日、球磨は新編された第三南遣艦隊(司令長官:杉山六蔵中将[53])に編入[54]、1月10日高雄を出港し[55]、2月27日までフィリピン諸島の哨戒に当たった[52]。 同年3月、球磨は南フィリピンの侵攻の掩護に就き、3月1日にセブ港を砲撃し、3月3日にミンダナオ島サンボアンガへの上陸を掩護した。球磨に乗船していた特設鎮守府特別陸戦隊が、抑留されていた80人の日本人を救出した[52]

1942年4月9日未明、フィリピンタノン海峡南側出口で球磨と水雷艇はアメリカの魚雷艇PT-34およびPT-41英語版と交戦した。PT-34の発射したMk18魚雷英語版8発のうち1発がおそらく球磨に命中したが、爆発しなかった[56]。PT-34は水上機母艦讃岐丸から発進した零式水上観測機により撃沈された[57]

4月10日、球磨は川口支隊歩兵第35旅団司令部及び歩兵第124連隊のセブ島への上陸、4月16日には河村支隊の歩兵第9旅団司令部及び歩兵第41連隊パナイ島への上陸を援護した。5月6日、球磨は、マニラ湾コレヒドール島のアメリカ軍要塞への最終的な攻撃を援護した。その後、8月12日までマニラの哨戒に当たった[52]

8月7日マニラ発、12日にに帰港[58]呉海軍工廠で整備(8月29日から9月10日まで入渠[59])を行った後、 9月15日呉を出港、9月20日にマニラに到着した[60]

蘭印・ニューギニアでの活動[編集]

9月22日マニラを出港、9月24日香港[61]。 9月25日附で第三南遣艦隊を除かれ、第16戦隊(第二南遣艦隊所属)に編入される[62][63]。 香港で第38師団を乗船させ (球磨には153名乗船)[64] 万光丸と共に[65] 26日香港を出港、パラオを経由し10月10日にニューブリテン島ラバウル[61]、部隊を下船させた。 球磨は同日ラバウル出港し[61]バリクパパンを経由[65]、 18日にセレベス島マカッサルに到着し[61]、第16戦隊に合流した[65]

そして1943年(昭和18年)4月13日までマカッサルでの哨戒と、ラバウルやニューギニア島カイマナ英語版カブイ英語版への増援の輸送を行った[52]

1943年4月28日から5月25日まで、球磨はシンガポールの第101工作部(セレター英語版海軍基地)で整備工事を行い[59]、6月23日まで蘭印諸島周辺の哨戒を行った。

1943年6月23日、マカッサルで第16戦隊の鬼怒大井北上および球磨はアメリカ第5空軍第319飛行中隊第90爆撃隊(H)のB-24爆撃機17機による攻撃を受けた[52]。翌6月24日、第16戦隊の旗艦は鬼怒から球磨に移され、鬼怒は修理のため日本へ帰投した。球磨は10月23日まで蘭印諸島周辺の哨戒を行った。

球磨は10月23日よりシンガポールの第101工作部で改装工事を行い、5番(14cm)主砲、射出機とデリックを撤去、25mm3連装機銃2基装備し[46]、25mm機銃は合計で10挺(3連装2基、連装2基)となった[47]。球磨の改装工事は11月12日に完了し[46]1944年(昭和19年)1月9日まで蘭印周辺の哨戒とポートブレアアンダマン諸島)・ペナンメルグイビルマ)への増員の輸送を行った[52]

ところが同年1月11日、球磨は対潜戦演習のため駆逐艦浦波とともにペナンを出港した後、イギリス海軍T級潜水艦タリホー英語版(HMS Tally-ho, P-317)から発見された。ペナンの北西約16km、球磨から距離1900ヤードの地点でタリホーが7発の魚雷を一斉に発射した。球磨の見張りがタリホーの魚雷の航跡を見つけ、球磨は舵を大きく切ったものの[66]右舷の後部機械室と艦尾に計2発の魚雷を受けた[67]。午前11時57分(日本時間)、球磨はマラッカ海峡付近(北緯05度26分 東経99度52分 / 北緯5.433度 東経99.867度 / 5.433; 99.867[注釈 3])で艦尾から沈没していった[68]。球磨の杉野修一艦長を含む生存者は浦波により救助されたが、乗員138人が戦死した[69][70]。球磨は1944年(昭和19年)3月10日に除籍された[5]

船体の発見と違法サルベージ[編集]

海底の球磨の船体は、2004年3月にオーストラリア人のダイバー・フォトジャーナリスト Kevin Denlayとシンガポールを拠点とする調査船Empressのダイバーたちによって発見された[52]。しかし、2014年になってからマレーシアのサルベージ業者が屑鉄目当てに球磨の残骸の引き揚げ作業を行っている。近海に沈んでいる羽黒も同様の被害に遭っている[71]。サルベージ作業は違法なもので、クレーン船を使って脆くなった船体を部分的に数十トンずつ千切って引き上げ、トンあたり2万円前後で売却された[71]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』133-135頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 青木董平 大佐:1919年7月14日[72] - 1920年1月10日[73]
  2. (兼)青木董平 大佐:1920年1月10日[73] - 1920年8月31日

艦長[編集]

  1. 青木董平 大佐:1920年1月10日[73] - 1921年2月15日
  2. 宮村暦造 大佐:1921年2月15日 - 1921年11月1日
  3. 右田熊五郎 大佐:1921年11月1日 - 1922年11月20日
  4. 高橋寿太郎 大佐:1922年11月20日 - 1923年10月15日
  5. (心得)松下薫 中佐:1923年10月15日 - 1923年12月1日
  6. 松下薫 大佐:1923年12月1日 - 1924年5月10日
  7. 橋本才輔 大佐:1924年5月10日 - 1924年12月1日
  8. 今川真金 大佐:1924年12月1日[74] - 1925年4月20日[75]
  9. (兼)山本土岐彦 大佐:1925年4月20日 - 1925年6月15日[76]
  10. 井上繁則 中佐:1925年6月15日[76] - 1925年12月1日[77]
  11. 福島貫三 大佐:1925年12月1日 - 1926年4月1日
  12. 辺見辰彦 大佐:1926年4月1日 - 1926年11月1日
  13. 大野寛 大佐:1926年11月1日 - 1927年12月1日
  14. 林義寛 大佐:1927年12月1日 - 1929年11月30日
  15. 杉坂悌二郎 大佐:1929年11月30日 - 1930年12月1日
  16. 湯野川忠一 大佐:1930年12月1日 - 1931年12月1日
  17. 角田貞雄 大佐:1931年12月1日 - 1932年12月1日
  18. 熊岡譲 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  19. 堀内茂礼 大佐:1933年11月15日 - 1935年4月10日
  20. 藍原有孝 大佐:1935年4月10日 - 1935年11月15日
  21. 醍醐忠重 大佐:1935年11月15日 - 1936年12月1日
  22. 佐藤勉 大佐:1936年12月1日 - 1938年6月15日
  23. 八代祐吉 大佐:1938年6月15日 - 1939年5月18日
  24. 小林謙五 大佐:1939年5月18日 - 1939年11月15日
  25. 平塚四郎 大佐:1939年11月15日 - 1940年10月15日[78]
  26. 江口松郎 大佐:1940年10月15日 - 1941年9月20日
  27. 渋谷清見 大佐:1941年9月20日 - 1942年11月14日
  28. 横山一郎 大佐:1942年11月14日 - 1943年8月14日
  29. 杉野修一 大佐:1943年8月14日 -

公試成績[編集]

実施日 種類 排水量 回転数 出力 速力 場所 備考 出典
5,451英トン 91,229馬力(SHP) 34.266ノット [18]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Brown, David (1990). Warship Losses of World War Two. Naval Institute Press. ISBN 1-55750-914-X. 
  • Boyd, David (2002). The Japanese Submarine Force and World War II. Naval Institute Press. ISBN 1-55750-015-0. 
  • D'Albas, Andrieu (1965). Death of a Navy: Japanese Naval Action in World War II. Devin-Adair Pub. ISBN 0-8159-5302-X. 
  • Dull, Paul S. (1978). A Battle History of the Imperial Japanese Navy, 1941-1945. Naval Institute Press. ISBN 0-87021-097-1. 
  • Gardner, Robert (1985). Conway's All the World's Fighting Ships, 1906–1921.. Conway Marine Press. ISBN 0-85177-245-5. 
  • Goodspeed, M Hill (2003). US Navy – A Complete History. iUniverse. ISBN 978-0883636183. 
  • Jentsura, Hansgeorg (1976). Warships of the Imperial Japanese Navy, 1869-1945. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-893-X. 
  • Lacroix, Eric; Linton Wells (1997). Japanese Cruisers of the Pacific War. Naval Institute Press. ISBN 0-87021-311-3. 
  • Morrison, Samuel (2002). New Guinea and the Marianas: March 1944 - August 1944 (History of United States Naval Operations in World War II, Volume 8). University of Illinois. ISBN 0-252-07038-0. 
  • O’Connell, John F (2011). Submarine Operational Effectiveness in the 20th Century: 1939 - 1945). iUniverse Publishing. ISBN 1-4620-4257-0. 
  • Stille, Mark (2012). Imperial Japanese Navy Light Cruisers 1941-45. Osprey. ISBN 1-84908-562-5. 
  • Whitley, M.J. (1995). Cruisers of World War Two: An International Encyclopedia. Naval Institute Press. ISBN 1-55750-141-6. 
  • 浅井将秀/編 『日本海軍艦船名考』 東京水交社1928年12月
  • 海軍省/編 『海軍制度沿革 巻八』明治百年史叢書 第180巻、原書房、1971年10月(原著1941年)。
  • 海軍省/編 『海軍制度沿革 巻十の2』明治百年史叢書 第183巻、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 海軍省/編 『海軍制度沿革 巻十一の2』明治百年史叢書 第185巻、原書房、1972年5月(原著1941年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 木俣滋郎、『日本軽巡戦史』、図書出版社、1989年
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 福田啓二/編 『軍艦基本計画資料』 今日の話題社、1989年5月ISBN 4-87565-207-0
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社1969年
  • 牧野茂福井静夫/編 『海軍造船技術概要』 今日の話題社、1987年5月ISBN 4-87565-205-4
  • 雑誌『』編集部/編 『写真日本の軍艦 第8巻 軽巡I』 光人社、1990年3月ISBN 4-7698-0458-X
    • 解説・東清二/作図・石橋孝夫 『図で見る軽巡『球磨・多摩・木曽』変遷史』、44-51頁。
    • 伊達久「軽巡洋艦『球磨・多摩・木曽』行動年表」。
  • 「二等巡洋艦 一般計画要領書 附現状調査」。
  • 官報
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『大正8年 達 完/7月』。Ref.C12070075900。
    • 『大正8年 達 完/8月』。Ref.C12070076000。
    • 『大正9年 公文備考 巻21 艦船1/軍艦球磨製造一件』。Ref.C08021556000。
    • 『大正10年 公文備考 巻24 艦船1/軍艦球磨、多摩製造一件(1)』。Ref.C08050172000。
    • 『大正10年 公文備考 巻24 艦船1/軍艦球磨、多摩製造一件(2)』。Ref.C08050172100。
    • 『大正14年 公文備考 巻21 艦船/川内、神通、阿武隈、那珂製造一件(2)』。Ref.C08051365000。
    • 『昭和17年1月3日~昭和19年3月31日 第3南遣艦隊戦時日誌戦闘詳報 菲島部隊 第2段 第2期作戦後段(1)』。Ref.C08030027500。
    • 『昭和17年1月3日~昭和19年3月31日 第3南遣艦隊戦時日誌戦闘詳報 菲島部隊 第2段 第2期作戦後段(4)』。Ref.C08030027800。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年11月30日 第16戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030054200。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年1月31日 軍艦球磨戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030575700。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年1月31日 軍艦球磨戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030575800。
    • 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(1)』。Ref.C12070196200。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻p.309、天龍及5,500噸型巡洋艦要目比較(新造計画)では石炭350トンになっている。
  2. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻p.309、天龍及5,500噸型巡洋艦要目比較(新造計画)では5,000カイリ/14ノットになっている。
  3. ^ 球磨戦闘詳報によると、ペナン島ムカヘッド岬の270度17カイリ(#S18.12-S19.01球磨日誌詳報(2)画像16、別紙行動図)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f #海軍制度沿革11-2(1972)pp.1057-1087、昭和3年2月14日(内令43)艦船要目公表範囲、うちpp.1061-1062。
  2. ^ a b #海軍制度沿革8(1971)p.76、大正6年(1917年)8月23日附達第100号『艦艇類別等級別表中戰艦ノ欄「長門」ノ次ニ「、陸奥」ヲ、巡洋艦二等ノ欄「龍田」ノ次ニ「、多摩、球磨」ヲ、驅逐艦一等ノ欄「谷風」ノ次ニ「、江風、峯風、澤風」ヲ、同二等ノ欄「檜」ノ次ニ「、楢、桑、椿、槇、欅、榎」ヲ加フ』
  3. ^ #東・石橋(1990)球磨多摩木曽p.44
  4. ^ a b #海軍制度沿革8(1971)pp.88-92、大正15年(1926年)11月29日附内令第238号
  5. ^ a b c #S19.1-7内令/昭和19年3月(1)画像22『内令第四百二十號 呉鎮守府在籍 軍艦球磨 右帝國軍艦籍ヨリ除カル 横須賀鎮守府在籍 驅逐艦漣 佐世保鎮守府在籍 驅逐艦涼風 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル 昭和十九年三月十日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  6. ^ a b #伊達(1990)球磨多摩木曽行動年表pp.58-59、◆球磨◆
  7. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1pp.249-251
  8. ^ a b #T9公文備考21/軍艦球磨製造一件画像8-9、官房機密第1330号『大正六年七月三十一日 海軍大臣 佐鎮司令長官アテ 二等(軽)巡洋艦製造ノ件 軍備補充費ヲ以テ製造スヘキ二等(軽)巡洋艦壱隻別紙要領書、図面及製造方法書ニ依リ其ノ府工廠ヲシテ製造セシムヘシ豫算ハ追テ訓令ス 但シ船体部機関部製造方法書兵装図及電気艤装要領書ハ追テ海軍省艦政局長ヲシテ送付セシム 右訓令ス (別途船体部機関部図面目録?壱葉要領書?通図面八葉豫算書壱葉添)(終)』
  9. ^ a b #T9公文備考21/軍艦球磨製造一件画像10、佐廠第4号の308『大正七年八月三十日 佐世保海軍工廠長岡田啓人 海軍大臣加藤友三郎殿 軍艦球磨起工ノ件 軍艦球磨大正七年八月二十九日起工致候 右報告ス(終)』
  10. ^ #T10公文備考24/軍艦球磨、多摩製造一件(1)画像29、電報『大正八年七月十四日 午前九時二十五分佐世保局發 午前十時四十分海軍局着 發信者 佐世保鎮守府司令長官 受信者 大臣 電報譯 球磨無事進水セリ。右報告ス』
  11. ^ a b #T10公文備考24/軍艦球磨、多摩製造一件(2)画像13、電報写し『大正九年八月三十一日 午前十一時?分佐世保発 午後〇時五十五分??着 大臣宛 佐???? 電報譯 佐世保工廠ニ於テ建造中ノ球磨竣工ニ付本日同艦長ニ引渡ヲ了ス 右報告ス』
  12. ^ a b c #T14公文備考巻21/川内、神通、阿武隈、那珂製造一件(2)画像1-2、大正10年度着手中型巡洋艦4隻計画に関する件、別表
  13. ^ a b c d e f g #軍艦基本計画資料Sheet3
  14. ^ #軍艦基本計画資料Sheet58、完成常備状態に於ける重量割合
  15. ^ a b #軍艦基本計画資料Sheet77、Stability、球磨新完
  16. ^ a b c d #一般計画要領書(二等巡洋艦)p.18
  17. ^ a b #海軍造船技術概要(1987)下巻p.1689、機関大体要目。
  18. ^ a b c #海軍造船技術概要(1987)上巻p.307
  19. ^ #軍艦基本計画資料Sheet151、Weight of Machinery
  20. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻p.309、天龍及5,500噸型巡洋艦要目比較(新造計画)。
  21. ^ 大正9年8月1日付 海軍内令 第267号改正、海軍定員令「第50表 二等巡洋艦定員表 其4」。
  22. ^ #海軍制度沿革10-2(1972)p.632。士官23人、特務士官7人、准士官7人、下士官106人、兵307人。
  23. ^ #S18.12-S19.01球磨日誌詳報(1)画像21-25、 准士官以上46名(画像21-24)うち1名1月1日退艦(画像22)、下士官兵傭人計473名(画像25)
  24. ^ #東・石橋(1990)球磨多摩木曽pp.44-45
  25. ^ a b c #JapaneseCruisers(1997)pp.32,34, "Hull and Protection Particulars". p.34,Drawing 1.14, "Kuma Class, Midships Section".
  26. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第一その一「大正九年三月調艦艇要目等一覧表 その一 軍艦」
  27. ^ a b #JapaneseCruisers(1997)p.41
  28. ^ #東・石橋(1990)球磨多摩木曽pp.45,48
  29. ^ #T8達/7月画像14『達第百三十號 軍艦球磨ニ左ノ通信號符字ヲ點付ス 大正八年七月二十八日 海軍大臣加藤友三郎 GQRO 球磨』
  30. ^ #T8達/7月画像14『達第百三十五號 海軍無線電報取扱規約附表第一海軍艦(船)名及海軍無線電信所名略符號ノ欄二等巡洋艦ノ部中龍田ノ次ニ左ノ通追加ス 大正八年八月一日 海軍大臣加藤友三郎 JLA 球磨』
  31. ^ #海軍制度沿革8(1971)p.362、大正6年(1917年)8月20日附達第97号『軍備補充費ヲ以テ建造ニ著手スヘキ戰艦及二等巡洋艦ニ左ノ通命名セラル 横須賀海軍工廠ニ於テ製造 戰艦 ()() 佐世保海軍工廠ニ於テ製造 二等巡洋艦 ()() 三菱合資會社長崎造船所ニ於テ製造 二等巡洋艦 ()()
  32. ^ #艦船名考(1928)p.224
  33. ^ #東・石橋(1990)球磨多摩木曽p.45、第1図。
  34. ^ a b c d #東・石橋(1990)球磨多摩木曽p.49
  35. ^ a b c #JapaneseCruisers(1997)p.167,TABLE 5.1, "Fitting of the Mobile Kure Type No.2 Catapult Model 3 and Tripod Mainmast"
  36. ^ a b c #JapaneseCruisers(1997)pp.189-190, "First Modification of The Kuma (September-December 1932 at Kure)". p.190, Drawing 5.17. "Kuma, Side and Upper Deck Plan(1933)".
  37. ^ a b c d e f g #東・石橋(1990)球磨多摩木曽p.50
  38. ^ a b c d e f #JapaneseCruisers(1997)pp.168-171, "Bridge and Superstructures, The Kuma Class". p.170, Drawing 5.3. "Kuma, Side View of Bridge(1933, after Modification)".
  39. ^ #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第四その一「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表 その一 軍艦、駆逐艦」
  40. ^ a b #JapaneseCruisers(1997)p.167,TABLE 5.3, "Modification of the Antiaircraft of the Kuma Class"
  41. ^ a b #JapaneseCruisers(1997)p.169, TABLE 5.5, "Modification of Boilers, Stability, and Hull Strengths of the 5,500-Ton Cruisers"
  42. ^ a b #JapaneseCruisers(1997)p.169, TABLE 5.6, "Displacement and Main Stability Data for the 5,500-Ton Units and the Tenryu After Modification"
  43. ^ #JapaneseCruisers(1997)p.190,TABLE 5.18, "Kuma, Details of Modifications Aft(1933 and 1940)"
  44. ^ #JapaneseCruisers(1997)p.374, Photo 8.2.
  45. ^ #JapaneseCruisers(1997)p.375, Drawing 8.2, "Kuma, Details of Wartime Modifications(1943)"
  46. ^ a b c #JapaneseCruisers(1997)p.375.
  47. ^ a b #JapaneseCruisers(1997)p.371, TABLE 8.1, "Wartime Modifications of the Armament of the 5,500-TOn Cruisers."
  48. ^ #T9公文備考21/軍艦球磨製造一件画像15、豫算書。
  49. ^ #T10公文備考24/軍艦球磨、多摩製造一件(1)画像27-28、官房第2524号『大正八年七月十四日 大臣 侍従長宛 軍艦進水ノ件 佐世保海軍工廠ニ於テ製造ノ軍艦球磨本日午前九時滞リナク進水相済候条可然御執奏??度 右申進ス(終)』
  50. ^ Gardner, p. 238.
  51. ^ Boyd, The Japanese Submarine Force; page 54
  52. ^ a b c d e f g h [1] CombinedFleet.com: Kuma Tabular Record of Movement;
  53. ^ #S17.1-S19.3第3南遣艦隊日誌詳報(1)画像7
  54. ^ #S17.1-S19.3第3南遣艦隊日誌詳報(1)画像3
  55. ^ #S17.1-S19.3第3南遣艦隊日誌詳報(1)画像9、麾下艦船部隊の行動
  56. ^ 日本軽巡戦史, pp.121-123
  57. ^ Goodspeed, US Navy; page 413
  58. ^ #S17.1-S19.3第3南遣艦隊日誌詳報(4)画像22、麾下艦船部隊(8月の行動)
  59. ^ a b #JapaneseCruisers(1997)p.373, TABLE 8.3, "Wartime Refits and Modifications of the Kuma Class."
  60. ^ #S17.1-S19.3第3南遣艦隊日誌詳報(4)画像48、麾下艦船部隊(9月の行動)
  61. ^ a b c d #S17.8-S17.11第16戦隊日誌(3)画像10-11、軍艦球磨行動図(自9月22日1630 至10月18日1400)
  62. ^ #S17.1-S19.3第3南遣艦隊日誌詳報(4)画像31
  63. ^ #S17.8-S17.11第16戦隊日誌(3)画像60、麾下艦船部隊の行動 昭和十七年九月 第十六戦隊
  64. ^ #S17.8-S17.11第16戦隊日誌(3)画像63、作戦経過概要 昭和十七年九月 第十六戦隊、26日の欄
  65. ^ a b c #S17.8-S17.11第16戦隊日誌(4)画像4、経過
  66. ^ #S18.12-S19.01球磨日誌詳報(2)画像8-9『一一四四頃(時刻不確) 右十八糎双眼鏡ニ就キアリシ見張士艦橋後部十二糎双眼鏡ノ末次二曹同時ニ発射ノ気泡ヲ認メテ「気泡」「雷跡」ト報告(右八五度一三〇〇米位)直ニ「取舵一杯」「右戦闘」「爆雷識別法」(本艦所定直ニ脅威投射一発セシムル号令ナリ)ヲ下令「三五潜」ノ信号ヲ掲ゲ艦長ニ報告ス』(以下略)
  67. ^ #S18.12-S19.01球磨日誌詳報(2)画像9-10『一一四五(時刻正確) 魚雷命中二発ノ鈍キ爆発音ト共ニ後部右舷ニ約一〇米ノ水柱二本ヲ認ム「防水」下令瞬時ニシテ後甲板水面迄沈下シ右ニ一三度傾斜後部ヨリ白煙及黒煙昇ル』(以下略)
  68. ^ #S18.12-S19.01球磨日誌詳報(2)画像12『一一五七(時刻正確) 艦ハ右九〇度ニ傾斜ノ儘艦尾ヨリ沈下水面ト首尾線トノ交角約三〇度ニテ全没ス総員万歳ヲ三唱ス乗員ハ最後迄沈着克ク上命ニ従イ行動セリ』
  69. ^ O’Connell, Submarine Operational Effectiveness in the 20th Century ; page 94
  70. ^ #S18.12-S19.01球磨日誌詳報(2)画像12『1730 御写真始め艦長以下生存者全部浦波に収容終る』。#S18.12-S19.01球磨日誌詳報(2)画像21『四、戦死(行方不明ヲ含ム)准士官以上七名下士官兵一三一名』
  71. ^ a b “More than a dozen sunken ships off Penang”. THE STAR ONLINE. (2014年5月22日). http://www.thestar.com.my/News/Nation/2014/05/22/More-than-a-dozen-sunken-ships-off-Penang/ 
  72. ^ 『官報』第2083号、大正8年7月15日。
  73. ^ a b c 『官報』第2229号、大正9年1月12日。
  74. ^ 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  75. ^ 『官報』第3796号、大正14年4月21日。
  76. ^ a b 『官報』第3843号、大正14年6月16日。
  77. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  78. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000