武蔵 (スループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese corvette Musashi.jpg
艦歴
発注
起工 1884年10月1日
進水 1886年3月30日
就役 1888年2月9日
除籍 1928年4月1日
廃船 1935年4月1日
性能諸元(新造時)
排水量 常備:1,480t[1]
全長 61.4mm
全幅 10.7m
吃水 4.6m
機関 一軸 横置還動式2気筒連成レシプロ蒸気機関1基、円缶(石炭専焼)6
1,600馬力
燃料 石炭150t
最大速 13.0kt
兵員 230名
兵装 17cm単装砲2基
12cm単装砲2基
7.5cm単装砲1基
ノルデンフェルト式25mm四連装機砲4基
11mm三連装機砲2基(測量艦時は8cm砲2門)

武蔵(むさし)は、大日本帝国海軍の初代・葛城型の3番艦、3本マストの汽帆兼用の鉄骨木皮スループ。艦名は、旧国名武蔵国にちなんで名づけられた。この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。

艦歴[編集]

1884年に横須賀造船所(後の横須賀工廠)で起工し、1888年に竣工、1890年8月23日に第一種と定められた。

初めは巡洋艦と呼称されていた。日清戦争には、仁川方面警備や僚艦とともに大連旅順威海衛攻略作戦等に参加。1896年からは東北地方北海道および千島列島の警備等にあたった[2]1898年3月21日、三等海防艦に類別された。1897年からは海防艦籍のまま測量任務に従事[3]し、1925年にかけて日本近海の水路測量に従事した。

1902年5月1日、暴風のため根室湾口で座礁し、7月17日から10月6日まで横須賀造船廠で修理を行った。日露戦争に際しては、津軽海峡警備に従事した。1912年8月28日、等級改定で三等が廃され二等海防艦に類別変更され、1922年4月1日に姉妹艦「大和」と共に特務艦(測量艦)となった。1925年に発見された武蔵堆と、同年に本艦が測量した天売島-焼尻島間の武蔵水道は、いずれも本艦の名にちなんだもの[4][5]

1928年4月1日に除籍、7月6日に廃艦第5号と仮称。10月3日司法省に移管し、小田原少年刑務所三崎繋留宿泊船として使用され、1935年に廃船となった。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

艦長[編集]

  • (心得)有馬新一 少佐:1887年10月27日 - 1889年5月15日
  • (心得)松永雄樹 少佐:1889年5月15日 - 1890年5月13日
  • 千住成貞 大佐:1890年5月13日 - 1891年6月17日
  • 日高壮之丞 大佐:1891年6月17日 - 1892年6月3日
  • 横尾道昱 大佐:1892年6月3日 - 1892年12月23日
  • 沢良煥 大佐:1892年12月23日 - 1893年10月12日
  • (心得)伊藤常作 少佐:1893年10月12日 - 1894年12月9日
  • 伊藤常作 大佐:1894年12月9日 - 1895年6月18日
  • 鹿野勇之進 大佐:1895年6月18日 - 1895年12月24日
  • 東郷正路 大佐:1895年12月24日 - 1896年12月4日
  • 遠藤増蔵 大佐:1896年12月4日 - 1897年12月27日
  • 友野雄介 中佐:1897年12月27日 - 1898年3月1日
  • 武井久成 大佐:1898年3月1日 - 1898年10月1日
  • 永峰光孚 大佐:1898年10月1日 - 1898年12月3日
  • 矢島功 大佐:1898年12月3日 - 1899年3月22日
  • 松枝新一 大佐:1899年3月22日 - 1899年10月27日
  • 加藤重成 大佐:1899年12月25日 - 1900年2月12日
  • 滝川具和 大佐:1900年5月9日 - 1900年5月20日
  • 井手麟六 中佐:1900年5月20日 - 1900年9月25日
  • 徳久武宣 大佐:1900年12月8日 - 1901年4月23日
  • 伊地知季珍 中佐:1901年4月23日 - 1901年7月5日
  • 佐々木広勝 中佐:1901年7月5日 - 1902年3月13日
  • 横尾純正 中佐:1902年3月13日 - 1902年8月11日
  • 栃内曽次郎 中佐:1904年5月16日 - 1905年1月12日
  • 花房祐四郎 中佐:1905年6月14日 - 1905年11月21日
  • 山田猶之助 中佐:1905年11月21日 - 1906年11月5日
  • 井内金太郎 中佐:1907年2月28日 - 1907年11月22日
  • 水町元 中佐:1908年1月10日 - 1908年9月25日
  • (兼)吉岡良一 中佐:1908年9月25日 - 1908年12月10日
  • 川浪安勝 中佐:1908年12月10日 - 1909年10月11日
  • 関重孝 中佐:1910年2月16日 - 1911年2月7日
  • 松永光敬 中佐:1911年2月7日 - 1911年12月1日
  • 平田得三郎 中佐:1912年3月16日 - 1912年12月1日
  • 松村豊記 中佐:1912年12月1日 - 1913年12月1日
  • 真田権太郎 中佐:1913年12月1日 -
  • 海老原啓一 中佐:1914年12月1日 - 1915年12月13日
  • 大見丙子郎 中佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 中桐啓太 中佐:1916年12月1日 -
  • 東条政二 中佐:1917年12月1日[6] -
  • 前川義一 中佐:1918年12月1日[7] -
  • 水谷耕喜 中佐:1919年12月1日[8] - 1920年12月1日[9]
  • 日高寛 中佐:1920年12月1日[9] - 1921年9月14日[10]
  • 吉田茂明 中佐:1921年9月14日[10] - 1922年4月1日

特務艦長[編集]

  • 吉田茂明 中佐:1922年4月1日[11] - 1922年11月1日[12]
  • 隅田益吉 中佐:1922年11月1日[12] - 1923年1月15日[13]
  • 安藤良治 中佐:1923年1月20日[14] - 1923年11月10日[15]
  • 吉武純蔵 中佐:1923年11月10日 - 1924年3月8日
  • (兼)梅田文鹿 中佐:1924年3月8日[16] - 1924年4月10日[17]
  • 鳥野団一 中佐:1924年4月10日[17] - 1924年12月1日[18]
  • 松山為麿 中佐:1924年12月1日[18] - 1925年7月1日[19]
  • 毛内効 中佐:1925年7月1日 - 12月1日

同型艦[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本帝国軍艦帖』によると排水量1,502トン。
  2. ^ 明治29年8月27日付 武蔵艦長東郷正路作成「明治29年8月 軍艦武蔵北海道警備に関する第二回報告」、アジア歴史資料センター ref: C06091055700。
  3. ^ 『日本海軍特務艦船史』、p.38。
  4. ^ マイペディア 武蔵堆の項。
  5. ^ 羽幌町観光協会ホームページ [1]
  6. ^ 『官報』第1601号、大正6年12月3日。
  7. ^ 『官報』第1900号、大正7年12月3日。
  8. ^ 『官報』第2199号、大正8年12月2日。
  9. ^ a b 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  10. ^ a b 『官報』第2738号、大正10年9月15日。
  11. ^ 『官報』第2898号、大正11年4月4日。
  12. ^ a b 『官報』第3077号、大正11年11月2日。
  13. ^ 『官報』第3136号、大正12年1月17日。
  14. ^ 『官報』第3140号、大正12年1月22日。
  15. ^ 『官報』第3367号、大正12年11月12日。
  16. ^ 『官報』第3461号、大正13年3月10日。
  17. ^ a b 『官報』第3487号、大正13年4月11日。
  18. ^ a b 『官報』第3684号、大正13年12月2日。
  19. ^ 『官報』第3857号、大正14年7月2日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

近代デジタルライブラリ(大日本帝国軍艦帖が閲覧可能)