カッターボート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カッターの例
カッター競漕

カッターボート(cutter boat)は、船舶に搭載される大型の手漕ぎボートである。省略して「カッター」と呼ばれることが多い。

大型艦船の甲板上に搭載され、救命艇、連絡艇として用いられるものは端艇と呼ばれる。特に、軍艦では短艇と表記される。また、アメリカ沿岸警備隊では、日本巡視船に相当する警備艦を「カッター」と呼ぶ。

オールを漕いで進ませる手こぎボートの一つ。マストや帆を備えているものは帆走することができる[1]。大きさは5-10m程度である。大型艇ではオール1本に複数人の漕ぎ手がつく[1]。船舶間や陸上との連絡、物資の小運搬、遭難者の救助、緊急時の脱出などに用いられ、目立つように白色に塗られているものも多い。救命艇の主流が動力船となった今でも、自衛隊船員養成学校、水産高等学校海洋少年団中学校高等学校商船高等専門学校の野外学習などでの訓練が行われている。競技の一つとなっており全国大会も開催される。また、小学生の体験学習や競技会などで船に慣れ親しむ道具として用いられることもある。榛名湖琵琶湖若狭湾などで体験学習が行われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『丸スペシャル No.53 日本の小艦艇』 潮書房、1981年、p.49

関連項目[編集]

外部リンク[編集]