松永雄樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松永 雄樹(まつなが ゆうじゅ、嘉永2年8月18日1849年10月4日) - 大正15年(1926年11月3日)は、日本海軍軍人、最終階級は海軍中将高知県平民[1]

戦国武将松永久秀の子孫。

略歴[編集]

土佐国高岡郡新居村(現高知県土佐市)で生まれた。松永眞斎の二男[1]

1874年明治7年)11月、海軍兵学校(海軍兵学寮、2期)を卒業し、少尉補任官。1890年(明治23年)「海門艦長となり、以後、海軍省第1局第2課長、軍務局第1課長などを歴任し日清戦争を迎えた。

1895年(明治28年)、「松島」艦長に着任し、さらに「厳島」艦長、「鎮遠」艦長、呉鎮守府司令官、駐英造兵監督長、佐世保鎮守府艦隊司令官、横須賀鎮守府艦政部長、海軍教育本部長を歴任した。1903年(明治36年)、海軍中将に進級、1905年(明治38年)、馬公要港部司令官に着任した。1907年(明治40年)2月14日予備役に編入され[2]1912年大正元年)8月18日後備役となる[3]1914年(大正3年)8月18日退役した[4]

1926年(大正15年)11月3日没。正四位、勲二等、功四級。墓は青山墓地

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録. 第7版』(大正14年)ま四八
  2. ^ 『官報』第7086号、明治40年2月15日。
  3. ^ 『官報』第18号、大正元年8月20日。
  4. ^ 『官報』第616号、大正3年8月19日。
  5. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  6. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  7. ^ 『官報』第7072号・号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  8. ^ 『官報』第7107号「叙任及辞令」1907年3月12日。