海門 (スループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海門
1887年頃、横須賀軍港での海門[1]
1887年頃、横須賀軍港での海門[1]
基本情報
建造所 横須賀造船所[2][3]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 スループ[4]
建造費 615,756円[5]
艦歴
発注 1877年3月26日建造認許[6]
起工 1877年9月1日[2]
進水 1882年8月28日[2]
竣工 1884年3月13日[2][7]
最期 1904年7月5日沈没[8]
除籍 1905年5月21日[9]
要目
排水量 1,352英トン[4]
または1,358英トン[2][3][5]
試運転時:1,367英トン[10][11]
トン数 925トン[4]
垂線間長 63.47m[4]
または212 ftin (64.72 m)[5]
最大幅 9.86m[4]
または32 ft 6 in (9.91 m)[5]
深さ 6.11m[4]
または22 ft 0 in (6.71 m)[5]
吃水 前部4.24m、後部4.28m[4]
または計画平均:16 ft 5 in (5.00 m)[3][5]
ボイラー円缶片面戻火式 4基[12]
主機 横置還働式2段2気筒レシプロ機関 1基[13]
推進 青銅製4翼[14] スクリュー・プロペラ[4] 1軸[15]
直径:13 ft 0 in (3.962 m)[16]
ピッチ:20 ft 8 in (6.299 m)[16]
出力 計画:1,250実馬力[15](250名馬力)[4]
または計画:1,267馬力[5]
試運転成績:1,307馬力[3]、または1,042馬力[10]
帆装 3バーク[17]
帆面積9,987平方フィート[5]
速力 計画:12ノット[4][5]
試運転成績:12.5ノット[3][10]
燃料 1904年:石炭(定量[5])197トン[10][18]
乗員 1885年12月定員:238名[19]
兵装 竣工時[20]
17cmクルップ回転砲 1門
15cmクルップ回転砲 1門
12cmクルップ舷側砲 4門
その他 船材:[13]
艦番号:32(1878年5月8日-)[21]
テンプレートを表示

海門(かいもん)は、日本海軍の軍艦で、 艦種はスループになる[4]

概要[編集]

磐城」に続いて計画主任を赤松則良として、3檣バーク型でスクリュー1軸の海防艦として計画し[17]横須賀造船所で6年半かけて建造された[22]進水式のときに世界で初めてを飛ばしたことで有名である[22]

日清戦争では韓国方面の警備を行い、次いで台湾作戦に従事した[9]。 戦後は佐世保鎮守府所属として主に韓国、台湾の警備艦とした[9]日露戦争では開戦直前に第3艦隊に編入し、戦争中は朝鮮海峡の警備、次いで旅大方面の警備と支援に従事[9]1904年(明治37年)7月5日18時23分に大連湾外で触雷し沈没した[9]

艦名[編集]

艦名は鹿児島県の海門岳(開聞岳の別称)による[2]。 この山の別称として薩摩富士、筑紫富士、小富士などもあるという[2]

なお『海軍省報告書』には明治9年11月16日に『鹿児島造船所ニ於テ新製ノ軍艦「海門」ト命号』とある[23]。 この鹿児島での建造計画は西南戦争で中止になり、艦名のみが本艦に襲名されたとの意見がある[22]

艦型[編集]

3バーク[17]スループ[4]。 『#Conway(1860-1905)』ではスクリュー・コルベット(screw corvette)に分類している[24]。 また砲艦[22]海防艦[13] とする文献もある。 船体は木製[13]。 設計時の概略要目は以下の通り[6]

  • 垂線間長:58.60m
  • 最大幅:9.10m
  • 吃水:4.05m
  • 排水量:約1,500英トン
  • 速力:12ノット
  • 出力:250馬力

当初は磐城(600英トン)程度とされていたが[6]、 設計段階では約1,500英トン(日進程度)となった[6]。 実際の要目は表の通り。

帆走の場合に傾斜がひどくなるため、総帆を展開したことは無かったという記録が残る[25]

機関[編集]

主機は横置還働式2段2気筒レシプロ機関1基[13]。 シリンダーの直径は高圧43+7/8インチ(1,114mm)、低圧74インチ(1,880mm)、行程は何れも30インチ(762mm)だった[14]。 また鋳鉄製箱型復水器1基を装備した[14]

ボイラーは高円缶片面戻火式4基[12][26]、 缶管は3インチに増大し[13]、 蒸気圧力は60ポンド/平方インチに上昇した[14](磐城で45ポンド/平方インチ[27])。 煙突は昇降式とした[28]

速力は計画で12ノット[4]、 試運転で12.5ノット出したとされる[10]。 『帝国海軍機関史』による公試成績は以下の通り。

実施日 種類 排水量 回転数 出力 速力 場所 備考 出典
自然通風全力 71rpm 1,306.5馬力 12.9ノット [14]

1896年(明治29年)にボイラーは同型のものに換装した[29]。 または1900年(明治33年)11月に佐世保造船廠において三菱長崎造船所製の同型の新4基と換装した[14]

兵装[編集]

表の兵装は『海軍艦艇史2』による[20]。 前部の17cmクルップ砲は旋回砲で、船体中心に繋止し、発射時は旋回して舷側に移動、両舷で発射可能だった[20]。 舷側の側砲は12cmクルップ砲を片舷2門ずつ、後部旋回砲は15cmクルップ砲を装備した[20]。 その他の文献による値は以下の通り。

  • 『帝国海軍機関史』:17cmクルップ回転砲 1門、12cmクルップ舷側砲 6門、7.5cmクルップ砲 2門、12cm臼砲 2門[13]
  • 『日本近世造船史明治時代』:17cm砲 1門、12cm砲 6門、7.5cm砲 1門、1インチ機砲 4基[5]

変遷[編集]

兵装では竣工直後に15cm砲を廃止して、12cm側砲を2門追加した[20]。 その後に1インチ4連諾典砲4基、小銃口径5連諾典砲1基、75mm短クルップ砲1門を追加した[20]。 日清戦争の頃にファイティングトップを大檣と中檣(中檣と前檣)に設けて機砲を搭載した[9]

測量任務に従事するにあたり、1896年(明治29年)に佐世保で修理改装工事を行い、製図室を新設するなどの工事を行った[30]。この時行われたその他の工事は以下の通り。

  • 小蒸気船を1隻から2隻に増備[25]
  • 測量船を4隻新規搭載[31]
  • マストを改造、前の帆は縦帆のみを残し、桁は信号用に2本のみ残す[32]
  • 17cm砲1門、12cm砲2門を揚陸、戦時には戻せるようにしておく[33]
  • ピンネース1隻、カッター1隻、ガレー1隻を廃止[34]
  • 大檣(中檣)に木製デリックを新設[35]
  • 煙突を固定[36]
  • 破損しているキャプスタンを廃止し、その位置に蒸気ウィンドラスを装備。この工事はこの時は取りやめ、1898年(明治31年)1月に改造が認許された[37]
  • 艦橋(ブリッジ)を前部に新設し、その場所に舵輪を備える。従来の艦橋と舵輪は予備とする。この工事は1898年(明治31年)1月に改造が認許された[38]

艦歴[編集]

建造[編集]

横須賀造船所は、 1877年(明治10年) 1月に製造が認許された砲艦(磐城)と同一の軍艦の建造を海軍省へ2月23日に上申し、3月26日認許されたが[6]、 新艦の大きさは大体日進と同じ程度の4等艦とされた[6]。 6月15日にその製図と仕法書の認可を伺い、6月21日認許された[6]。 建造予算は429,750円[4]。 この時に同一の艦をもう1隻建造するよう伺い出たが追って指令する、とされた[6](後の天龍[39])。 9月1日起工[40]
1878年(明治11年) 2月19日、横須賀造船所で建造中の2隻は海門天龍と命名され、翌20日に横須賀造船所は最初に着手した艦を海門、次の艦を天龍と決定したことを公表した[41]
1879年(明治12年) 7月12日、海門の艦位は4等[42]、 定員は160人に定められた[43]
1882年(明治15年) 8月28日進水式を行い、午後3時30分に進水した[44]。 進水式には東伏見宮蒼龍丸で横須賀に来て名代として臨席[44]、 その他に岩田公、山縣参議、山田衆議、松方衆議、川村海軍卿などが臨席した[45]
1883年(明治16年) 2月26日に艦位を4等から3等に改められた[44][46]。 12月7日に横須賀を出港して東京湾内のマイルポストで速力を測定(標柱間試験)、12.5ノットを記録した[47]。 また近海の試験航海として翌8日午後8時に横須賀を再度出港、9日午前9時20分に清水港に到着、11日午前2時30分に同地発、同日午後4時10分に横須賀に帰港した[47]。 船体と機関共に故障は無く好成績を収めた[47]
1884年(明治17年)3月13日に海門は竣工[2]主船局に引き渡された[48]

1883年[編集]

1883年(明治16年) 8月23日、海門東海鎮守府所轄とされた[46]

1884年-1886年[編集]

中艦隊

1884年(明治17年) 5月30日、海門と筑紫が中艦隊に編入された[49]。 11月22日、海門横浜港を出港し朝鮮へ向かった[8]

朝鮮事変

同年12月4日より翌1885年(明治18年)2月2日まで朝鮮事変に従軍し[8]、 朝鮮方面の警備を行った[50]

常備小艦隊

1885年(明治18年)12月28日、中艦隊は解隊[51]、 同日扶桑金剛比叡、海門、筑紫清輝磐城孟春で改めて常備小艦隊が編成された[51](春日を除く中艦隊の8隻)。

海門は朝鮮事変後も外国を航海し、1886年(明治19年)2月25日に馬関に帰着した[8]

1888年[編集]

1888年(明治21年) 6月17日に品海を出港し、国内の諸港を巡った[8]海門は9月30日壱岐に到着した[8]

1890年[編集]

1890年(明治23年) 8月23日、海門は第一種に定められた[50]

1891年[編集]

1891年(明治24年) 3月8日、海門佐世保港を出港、朝鮮に向かった[8]。 3月23日馬関に帰着した[8]

大東島調査[編集]

1892年(明治25年)、「海門」は南大東島などの調査を行った。「海門」は那覇を出港するとまず南大東島へ行って7名が上陸して調査を行わせ、その後ラサ島に向かって3名を上陸させて約1時間半の調査を行った後、再び南大東島に戻って上陸調査中の7名を帰船させると、北大東島は上陸すらせず洋上からの視察で終え、帰途についた[52][53]

日清戦争[編集]

1894年(明治27年)の日清戦争では 開戦後は内地で警備を行い、8月27日佐世保を出港[8]威海衛攻略作戦に参加した[50]。 翌1895年(明治28年) 5月1日呉港に帰着した[8]。 7月12日横須賀港を出港し、その後は台湾方面で行動した[8]

1896年-1899年[編集]

1896年(明治29年) 海門は3月8日台湾から鹿児島に帰着した[8]。 以降は測量任務となって、近海の水路測量に従事した[50]。 5月頃から8月一杯の予定で佐世保で修理改装工事を行い、製図室を新設するなどの工事を行った[30]。 11月5日海門は鹿児島を出港[8]1897年(明治30年) 10月13日那覇に帰着した[8]

1898年(明治31年)3月21日に艦艇類別等級標準が制定され、海門は三等海防艦に類別された[22]。 同年5月5日横須賀港を出港、9月7日鹿児島に帰着した[8]

1899年(明治32年) 5月4日佐世保港を出港、8月28那覇に帰着した[8]

1901年-1903年[編集]

この3年間はいずれも4月に国内を出港し秋まで韓国で行動した。 1901年(明治34年) 4月21日佐世保港を出港、9月7日佐世保に帰着した[8]1902年(明治35年) 4月19日門司港を出港、11月25日佐世保に帰着した[8]1903年(明治36年) 4月13日長崎港を出港、10月16日佐世保に帰着した[8]

日露戦争[編集]

日露戦争では1904年(明治37年) 2月6日尾崎を出港[8]対馬海峡の警備、旅順攻略作戦に参加した[50]。 7月2日、砲艦平遠」、仮装砲艦「第六宇和島丸」、「愛媛丸」とともに出撃した[54]。7月5日[8]小平島付近での掃海作業援護後帰投中、(18時23分に[9])南三山島南南西沖で触雷[54]。4分で沈没し、艦長高橋守道中佐以下22名が戦死[55]。198名が僚艦に救助された[55]

1905年(明治38年)5月21日海門は除籍された[9]1910年(明治43年)、残骸が売却された[50]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 坪井航三 中佐:1883年8月16日 - 1884年2月9日
  • 磯辺包義 中佐:1884年2月9日 - 4月15日
  • 児玉利国 中佐:1884年5月19日 - 1886年1月6日
  • 隈崎守約 中佐:1886年1月6日 - 1886年7月14日
  • 新井有貫 大佐:1886年7月14日 - 1888年6月14日
  • 尾本知道 大佐:1888年6月14日 - 1889年3月9日
  • (心得)平尾福三郎 少佐:1889年4月12日 - 8月29日
  • 平尾福三郎 大佐:1889年8月29日 - 1890年9月17日
  • 松永雄樹 大佐:1890年9月17日 - 1891年12月14日
  • 柴山矢八 大佐:1891年12月14日 - 1893年4月20日
  • (心得)桜井規矩之左右 少佐:1893年5月20日 - 1894年6月8日
  • 早崎源吾 少佐:1895年8月20日 - 1896年4月1日
  • 梨羽時起 少佐:1896年4月1日 - 8月13日
  • 大塚暢雄 少佐:1896年8月13日 -
  • 新島一郎 少佐:1897年4月17日 - 10月8日
  • 大井上久麿 少佐:1897年10月8日 - 12月1日
  • 矢島功 中佐:1897年12月27日 - 1898年2月10日
  • 有川貞白 中佐:1898年2月10日 - 1899年9月29日
  • 高橋守道 中佐:1901年3月23日 - 1904年7月5日戦死

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ #艦艇写真集(2005)巡洋艦p.13
  2. ^ a b c d e f g h #浅井(1928)p.50,海門
  3. ^ a b c d e #日本近世造船史明治編(1973)428-433頁、「内国製艦艇表(試運転成績)」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻pp.209-210
  5. ^ a b c d e f g h i j k #日本近世造船史明治編(1973)352-355頁、「艦艇表(計画要領)」
  6. ^ a b c d e f g h #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.94
  7. ^ 『日本の軍艦第5巻』によると竣工日は3月13日
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u #S9.12.31恩給叙勲年加算調査(下)/軍艦(4)画像7-8、海門
  9. ^ a b c d e f g h #海軍艦艇史2(1980)p.20、No.2015の写真解説
  10. ^ a b c d e #帝国海軍機関史(1975)下巻p.282、戦役従軍艦艇及其の最近高力運転成績。
  11. ^ #海軍軍備沿革p.49
  12. ^ a b #帝国海軍機関史(1975)別冊表4
  13. ^ a b c d e f g #帝国海軍機関史(1975)上巻p.518
  14. ^ a b c d e f #帝国海軍機関史(1975)上巻p.519
  15. ^ a b #日本近世造船史明治編(1973)367頁。
  16. ^ a b #帝国海軍機関史(1975)上巻p.520
  17. ^ a b c #日本近世造船史明治編(1973)p.295
  18. ^ #帝国海軍機関史(1975)下巻p.263、戦役中艦艇石炭搭載成績表
  19. ^ #海軍制度沿革10-1(1972)p.164、明治18年12月25日(丙72)扶桑外十八艦定員
  20. ^ a b c d e f #海軍艦艇史2(1980)p.19、No.2014の写真解説
  21. ^ #M11公文類纂16/金剛外6艦番号の件他画像1-3
  22. ^ a b c d e #銘銘伝(2014)pp.83-84、海門
  23. ^ #M9.7-M10.6海軍省報告書/沿革画像11-13、明治9年11月
  24. ^ #Conway(1860-1905)p.232
  25. ^ a b #M29公文備考5/艦船3(6)画像13
  26. ^ #帝国海軍機関史(1975)上巻pp.518-519
  27. ^ #帝国海軍機関史(1975)上巻p.515
  28. ^ #日本海軍全艦艇史(1994)p.143、No.293の写真解説
  29. ^ #日本近世造船史明治編(1973)411頁。
  30. ^ a b #M29公文備考5/艦船3(6)画像24-25
  31. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像14
  32. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像3
  33. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像20-21
  34. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像21
  35. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像31
  36. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像32
  37. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像9-12
  38. ^ #M29公文備考5/艦船3(6)画像16-19
  39. ^ #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.102
  40. ^ #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.100
  41. ^ #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.108
  42. ^ #M12.7-M13.6海軍省報告書画像16、艦船所轄並在任附改称及等級
  43. ^ #M12.7-M13.6海軍省報告書画像17、艦船定員増減
  44. ^ a b c #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.209
  45. ^ #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.210
  46. ^ a b #M16海軍省報告書画像18、艦船所轄並在任附改称及等級
  47. ^ a b c #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.262
  48. ^ #横須賀海軍船廠史(1973)第2巻p.275
  49. ^ #海軍制度沿革4-1(1971)p.8、明治17年5月30日丙第89号。
  50. ^ a b c d e f 中川努「主要艦艇艦歴表」#日本海軍全艦艇史(1994)資料篇p.3、海門『かいもん』
  51. ^ a b #海軍制度沿革4-1(1971)p.8、明治18年12月28日丙第82号。
  52. ^ 平岡(2012)、p.190.
  53. ^ 北大東村誌編集委員会(2017)、pp.630-631.
  54. ^ a b 日露旅順海戦史、147ページ
  55. ^ a b 日露旅順海戦史、148ページ

参考文献[編集]

  • Rober Gardiner, Roger Chesneau, Eugene Kolesnik ed. (1979). Conway's All The World's Fighting Ships, 1860-1905. (first American ed.). Mayflower Books. ISBN 0-8317-0302-4 
  • 浅井将秀/編 『日本海軍艦船名考』東京水交社、1928年12月。 
  • 海軍省/編 『海軍制度沿革 巻四の1』 明治百年史叢書 第175巻原書房、1971年11月 (原著1939年)。 
  • 海軍省/編 『海軍制度沿革 巻十の1』 明治百年史叢書 第182巻原書房、1972年4月 (原著1940年)。 
  • 「海軍軍備沿革」、海軍大臣官房、1921年10月。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 呉市海事歴史科学館/編 『日本海軍艦艇写真集 巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。ISBN 4-478-95059-8 
  • 世界の艦船増刊 日本巡洋艦史』
  • 造船協会 『日本近世造船史 明治時代』 明治百年史叢書巻原書房、1973年 (原著1911年)。 
  • 日本舶用機関史編集委員会/編 『帝国海軍機関史』 明治百年史叢書 第245巻原書房、1975年11月。 
  • 平岡昭利『アホウドリと「帝国」日本の拡大 南洋の島々への進出から侵略へ』明石書店、2012年。ISBN 978-4-7503-3700-5
  • 福井静夫 『海軍艦艇史 2 巡洋艦コルベット・スループ』KKベストセラーズ、1980年6月。 
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1 
  • 北大東村誌編集委員会『北大東村誌』北大東村、2017年。
  • 真鍋重忠『日露旅順海戦史』吉川弘文館、1985年。ISBN 4-642-07251-9
  • 雑誌『』編集部『写真 日本の軍艦 第5巻 重巡Ⅰ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0455-5
  • 横須賀海軍工廠/編 『横須賀海軍船廠史』 明治百年史叢書 第170巻原書房、1973年3月 (原著1915年)。 
  • 官報

その他の資料[編集]

  • アジア歴史資料センター
    • 国立公文書館
    • 『記録材料・海軍省報告書/第一 沿革』。Ref.A07062089300。  明治9年7月から明治10年6月。
    • 『記録材料・海軍省報告書』。Ref.A07062091700。  明治12年7月から明治13年6月。
    • 『記録材料・海軍省報告書』。Ref.A07062092500。  明治16年1月から12月。
      防衛省防衛研究所
    • 「往入1421 金剛外6艦番号の件軍務局上申他1件」『公文類纂 明治11年 前編 巻16 本省公文 艦船部1』、 Ref.C09112803800。
    • 「艦船3(6)」『明治29年 公文備考 艦船3 巻5』、 Ref.C06091057200。
    • 「除籍艦艇/軍艦(4)」『恩給叙勲年加算調査 下巻 除籍艦艇 船舶及特務艇 昭和9年12月31日』、 Ref.C14010005800。
    • Ref.C06090956000、軍艦海門沖縄群島探検并復命書(1)
    • Ref.C06090956100、軍艦海門沖縄群島探検并復命書(2)

関連項目[編集]