梨羽時起

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梨羽 時起
Tokioki Nashiha.jpg
生誕 1850年9月24日
死没 (1928-10-24) 1928年10月24日(78歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1880 - 1907
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

梨羽 時起(なしは ときおき、1850年9月24日嘉永3年8月19日) - 1928年10月24日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将貴族院議員男爵

経歴[編集]

長州藩士・武術指南役(1000石)有地藤馬の四男として生まれ、同藩士(683石)・梨羽景介の養子となる。小隊長として戊辰戦争に出陣した。

1871年、鉄道局二等見習となり、測量司、三等大技生、内務七等属(量地課)などを経て、1880年8月、海軍中尉に任官し「富士山艦」乗組となる。「筑波艦」乗組、「肇敏」「天龍艦」「第二丁卯艦」「筑波艦」「金剛」の各分隊長、「金剛」「筑波」「葛城」の各副長、海軍兵学校監事長、「千代田」副長などを経て、日清戦争には「赤城艦長として出征し、さらに「天城」艦長となった。

呉水雷隊司令、「海門」「葛城」「金剛」「秋津洲」「橋立」「鎮遠」「高砂」「常磐」「初瀬」の各艦長を歴任する。呉海兵団長を経て、1903年7月、海軍少将に進級。呉港務部長、常備艦隊司令官などを経て、日露戦争では第1戦隊司令官として出征。旅順港封鎖に従事中、麾下の「初瀬」・「八島」の2戦艦が触雷し沈没する被害を受けた。その後旅順口鎮守府艦隊司令官に転じている。横須賀港務部長、佐世保港務部長、馬公要港部司令官などを歴任。1907年3月、海軍中将となり将官会議議員に発令され、同年5月8日に待命となる[1]。同年10月31日、予備役に編入された[2]1913年8月19日に後備役となる[3]1915年8月19日に退役した[4]

1907年9月、男爵の爵位を授爵し華族となり、1911年7月から1916年7月まで貴族院議員を務めた。

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7155号、明治40年5月9日。
  2. ^ 『官報』第7304号、明治40年11月1日。
  3. ^ 『官報』第319号、大正2年8月21日。
  4. ^ 『官報』第916号、大正4年8月20日。
  5. ^ 『官報』第176号「叙任」1884年2月2日。
  6. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」1890年12月11日。
  7. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  8. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  9. ^ 『官報』第5937号「叙任及辞令」1903年4月21日。
  10. ^ 『官報』第7157号「叙任及辞令」1907年5月11日。
  11. ^ 『官報』第7321号「叙任及辞令」1907年11月21日。
  12. ^ 『官報』第1301号「叙任及辞令」1916年12月2日。
  13. ^ 『官報』第4298号「叙任及辞令」1926年12月20日。
  14. ^ 『官報』第1925号「叙任及辞令」1889年11月27日。
  15. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  16. ^ 『官報』第3430号「叙任及辞令」1894年12月3日。
  17. ^ 『官報』第3676号「叙任及辞令」1895年9月28日。
  18. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  19. ^ 『官報』第4754号「叙任及辞令」1899年5月10日。
  20. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  21. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
梨羽(時起)家初代
1907年 - 1928年
次代:
梨羽時介