有地品之允

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有地品之允
1843年4月14日 - 1919年1月17日
Arichi Shinanojo.jpg
生誕 長州藩
軍歴 1871年 - 1911年
最終階級 海軍中将
除隊後 貴族院議員
枢密顧問官
テンプレートを表示

有地 品之允(ありち しなのじょう、1843年4月14日天保14年3月15日) - 1919年大正8年)1月17日)は日本の海軍軍人政治家海軍中将貴族院議員男爵。別名・信政。海軍中将梨羽時起は弟、3男有地十五郎は海軍中将、嗣子有地藤三郎は海軍造兵大佐・貴族院議員。

経歴[編集]

長州藩士で武術指南役(1000石)であった、有地藤馬の長男として生まれる。戊辰戦争では干城隊士として奥羽に出陣した。

1869年から1871年まで欧州へ出張して普仏戦争を視察。帰国後に陸軍少佐御親兵6番大隊長となり、同年から1873年まで侍従を務める。1873年に海軍に転じ、海軍少佐となって提督府分課に勤務。1881年に「日進」艦長に就任。1882年には海軍大佐に昇進し、海防艦比叡」、「筑波」の艦長を歴任する。

「筑波」艦長であった1884年、遠洋航海に出発した。前年の航海では乗組員に多数の脚気患者が発生し、23名が死亡していた。そこで、海軍軍医高木兼寛の指導で洋食を導入した結果、脚気患者の発生が激減し、一人の死者も出ることがなかった。

1884年12月に軍事部(後の軍令部)次長となり、参謀本部海軍部第1局長を経て、1886年に海軍少将・横須賀軍港司令官、翌年まで海軍機関学校校長を兼務。1887年海軍兵学校校長となり、教育に柔道を導入している。1889年から1891年まで海軍参謀部長、さらに常備艦隊長官を経て、1892年に海軍中将・呉鎮守府司令長官となり日清戦争を迎えた。

1895年5月に再び常備艦隊長官となり連合艦隊司令長官を兼務した。同年10月、日本領となった台湾において、抵抗した中国人がイギリス商船「テールス号」に逃げたため、配下の「八重山」がこれを追跡して臨検を行うという事件が起きた。これが公海上で行われたことからイギリスから抗議を受け、外務省は海軍に対して責任者の処罰を要求した。その結果、有地と八重山艦長の平山藤次郎海軍大佐予備役に編入することで解決が図られた。1911年3月15日に退役した[1]

1896年に男爵に叙せられ、1897年から10年間、貴族院議員を務め、1917年枢密顧問官となった。1899年帝国海事協会初代理事長となり、有栖川宮威仁親王を総裁に奉戴し、帝国義勇艦隊結成に尽くした。青山墓地に葬られる。

著作等[編集]

  • 論説「海事ヲ論シテ教育家諸君ニ望ム」会員有地品之允、『大日本教育会雑誌』99、1890年8月15日
  • 「明治24年4月11日 有地海軍中将 海防意見書」(伊藤博文編『秘書類纂 10 兵政関係資料』196-201頁)
  • 論説「義勇艦隊建設について」男爵有地品之允、帝国海事協会機関誌『海事雑報』197、1905年2月10日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8317号、明治44年3月16日。

参考文献[編集]

  • 別冊歴史読本『連合艦隊司令長官』戦記シリーズ№61、新人物往来社、2003年。
  • 『日本海事協会 - その100年の物語』財団法人日本海事協会、1999年

外部リンク[編集]

先代:
伊藤雋吉
海軍参謀部長
第3代:1889 - 1891
次代:
井上良馨
先代:
伊東祐亨
連合艦隊司令長官
第2代:1895
次代:
東郷平八郎