脚気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
脚気
脚気患者
概要
診療科 内分泌学
分類および外部参照情報
ICD-10 E51.1
ICD-9-CM 265.0
DiseasesDB 14107
MedlinePlus 000339
eMedicine ped/229 med/221
Patient UK 脚気
MeSH D001602
GeneReviews

脚気(かっけ、: beriberi)は、ビタミン欠乏症の一つであり、重度で慢性的なビタミンB1(チアミン)の欠乏によって心不全末梢神経障害をきたす疾患である[1]。軽度のものはチアミン欠乏症と呼ばれる[1]

概要[編集]

心不全によって足の浮腫、神経障害によって足のしびれが起きることから脚気と呼ばれる。心臓機能の低下・不全(衝心、しょうしん[2])を併発したときは、脚気衝心と呼ばれる。最悪の場合には死亡に至る。

リスク因子には、白米中心の食生活アルコール依存症人工透析、慢性的な下痢利尿剤の多量投与など[1][3]。まれに遺伝的要因として、食物中チアミンの吸収困難がある[1]。 乾性脚気により、ウェルニッケ脳症コルサコフ症候群が引き起こされうる[3]。診断は、症状、尿中チアミンの低下、高血中乳酸、および指導治療による改善に基づく[4]

症状[編集]

本症は多発神経炎浮腫(むくみ)、心不全脚気心、脚気衝心)を三徴とする[5]

乾性脚気[編集]

多発神経炎を主体とし、表在知覚神経障害からしびれ、腱反射低下などを来たす。またウェルニッケ脳症、コルサコフ症候群もこれに分類される[6]

湿性脚気[編集]

末梢動脈は拡張し、血管抵抗の低下から高拍出性心不全を呈して浮腫になる[7][信頼性要検証][5]

検査[編集]

膝蓋腱を弛緩させた状態で叩くと大腿四頭筋が収縮し膝関節が伸展する膝蓋腱反射は末梢神経障害の有無を見る。脚気の多発していた1960年代頃までは健康診断の必須項目であった。

疫学[編集]

世界的な視野で観るならば、脚気は現代においても、拘置所刑務所などの監獄において頻発する疾患である。1999年には、中華民国の拘置所において脚気が流行した[8]。2007年には、過密収容であったハイチ刑務所で発生し、その発病率および死亡率の高さは、調理前に米を洗うという伝統的な慣習が原因であった[9]コートジボワールにおいては、重度級の囚人たちは、その64%が脚気となっていた[10]

東京帝国大学教授三浦謹之助が、エルヴィン・フォン・ベルツと共著の論文[注釈 1]に残した症例として、気象学者の野中到とその妻は、下界から隔絶された富士山頂での冬季観測時に、脚気にかかったとある[11]

日本における歴史[編集]

日本でいつから脚気が起こるようになったか定かではないが、すでに『日本書紀』に脚気の症状の記述がみられる。平安時代には、天皇公卿を中心に白米食が広がり脚気が発生した。江戸時代元禄年間には江戸において一般の武士や町人にも白米食が普及して脚気が流行し、享保年間には大阪京都にも広がり、天保以後は地方都市でも流行した。

明治時代に入ると、1870年(明治3年)から翌年にかけて脚気が多発しだした。陸海軍での脚気発症率は特に高かった。海軍は兵食改革を実施して脚気を撲滅した。陸軍でも白米食の代わりに麦飯とすることで脚気対策をしたが、戦時兵食を白米食にしたため戦時には脚気惨害を招いた。

1923年(大正12年)には脚気死亡者数のピークに達し約2万7千人となった。1925年(大正14年)に脚気の原因がビタミンB不足と確定したが脚気がなくなることはなかった。

昭和に入っても、日中戦争の前まで脚気死亡者数は年間1万人から2万人で推移した。日中戦争が始まると米不足から脚気死亡者数は6千人台まで減った。

戦後になると、栄養改善政策による栄養状態の改善や保健薬としてのビタミン剤の普及などにより、脚気死亡者数は減少していった。1956年(昭和31年)に1,000人を下回り957人、1965年(昭和40年)に100人を下回り92人、1970年(昭和45年)には20人と特殊希少疾患以下となり、脚気は消滅状態となった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「富士山頂の脚気」熱帯病全書2巻。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Beriberi” (英語). Genetic and Rare Diseases Information Center (GARD) - an NCATS Program (2015年). 2017年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月11日閲覧。
  2. ^ 精選版 日本国語大辞典デジタル大辞泉. “衝心”. コトバンク. 2021年9月8日閲覧。
  3. ^ a b Nutrition and Growth Guidelines | Domestic Guidelines - Immigrant and Refugee Health” (英語). CDC (2012年3月). 2017年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月11日閲覧。
  4. ^ Swaiman, Kenneth F.; Ashwal, Stephen; Ferriero, Donna M.; Schor, Nina F.; Finkel, Richard S.; Gropman, Andrea L.; Pearl, Phillip L.; Shevell, Michael (2017) (英語). Swaiman's Pediatric Neurology E-Book: Principles and Practice. Elsevier Health Sciences. p. e929. ISBN 9780323374811. オリジナルの2017-11-11時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171111204954/https://books.google.ca/books?id=PJ9tDgAAQBAJ&pg=SL5-PA929 
  5. ^ a b Johnson 2014.
  6. ^ Johnson, Larry E. (2014年). “チアミン(ビタミンB1、サイアミン)〈09-栄養障害/ビタミン欠乏症,依存症,および中毒〉”. MSDマニュアルプロフェッショナル版. 2019年4月28日閲覧。
  7. ^ その他(Miscellaneous)シリーズ3 【症例 ME 15】 徳洲会グループ
  8. ^ “Outbreak of beriberi among illegal mainland Chinese immigrants at a detention center in Taiwan”. Public Health Rep 118 (1): 59-64. (2003). doi:10.1093/phr/118.1.59. PMC 1497506. PMID 12604765. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1497506/. 
  9. ^ Sprague, Jeb; Alexandra, Eunida (2007年1月17日). “Haiti: Mysterious Prison Ailment Traced to U.S. Rice”. Inter Press Service. オリジナルの2013年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130530034501/http://www.ipsnews.net/2007/01/haiti-mysterious-prison-ailment-traced-to-us-rice/ 
  10. ^ Aké-Tano, O.; Konan, E. Y.; Tetchi, E. O.; Ekou, F. K.; Ekra, D.; Coulibaly, A.; Dagnan, N. S. (2011). “Le béribéri, maladie nutritionnelle récurrente en milieu carcéral en Côte-d'Ivoire”. Bulletin de la Société de Pathologie Exotique 104 (5): 347-351. doi:10.1007/s13149-011-0136-6. PMID 21336653. 
  11. ^ 林栄子 2011, p. 376.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]