従二位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

従二位(じゅにい)は、日本の位階及び神階における位の一つ。正二位の下、正三位の上に位する。

概要[編集]

律令制下の官位相当では、正二位と同じく、右大臣に相当し、令外官では、内大臣蔵人別当に相当するとされた。女性では、大臣の正室などもこの位が贈られた。著名なのは平清盛の正室である平時子であり「二位尼」と称されたが、時子が従二位に叙せられたのは、外孫である憲仁親王(高倉天皇)の立太子を受けたものであり、時子の叙位の時点では、清盛は権大納言春宮大夫であった(ただし、清盛も、直後に内大臣に任じられる。)。

従二位は公卿の位階としても高位であり、武士の間では鎌倉時代から室町時代にかけては、北条政子以来、将軍の正室である御台所に与えられることはあっても、将軍の一門ですら叙せられることはなかった。足利将軍家の一門たる鎌倉公方従三位であり、たとえ室町幕府管領の職にある者であっても最高位は三位どまりであった。戦国時代に入ると、武士の官途を担っていた室町幕府の統制が崩れ、次第に有力大名がじかに朝廷に献金し猟官運動を行うことが盛んになり、西国一の有力守護大内義隆が従二位に叙せられる異例の叙位(将軍足利義輝は、当時は従四位下であり、生前は従三位に留まった。)がなされている。さらに、豊臣秀吉関白宣下を受けて以降、次第に有力な一門や家臣が従二位に昇り、二位以上に昇る武士も登場するようになった。江戸時代以降は徳川将軍家の一門たる御三家御三卿が従二位権大納言に昇る例がみられた。

日本国憲法に規定される栄典としての位階は死没時に叙位されるため、衆議院議長参議院議長など三権の長として功労ある者が死後に受けることが多い。内閣総理大臣の場合、一つ上の正二位を授かる者が多いが、任期が短い(概ね1年未満)の者は従二位に叙される。学術分野においては、ノーベル賞受賞者などが従二位に叙せられている。

従二位に叙された人物[編集]

日付は叙位日。没時追賜の場合は直前の位階を参考付記。

中世[編集]

近代[編集]

日本国憲法施行後[編集]

いずれも没時追賜。