西村英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
西村 英一
にしむら えいいち
生年月日 1897年8月28日
出生地 日本の旗 日本 大分県東国東郡姫島村
没年月日 (1987-09-15) 1987年9月15日(満90歳没)
出身校 第七高等学校(現・鹿児島大学
東北帝国大学(現・東北大学
前職 鉄道省官僚
運輸省鉄道総局電気局長
所属政党 民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日桐花大綬章
勲一等旭日大綬章
衆議院永年在職議員
工学士
親族 西村篤子

内閣 福田赳夫内閣
在任期間 1976年12月24日 - 1977年11月28日

内閣 第2次田中第1次改造内閣
在任期間 1974年6月26日 - 1974年11月11日

日本の旗 第32代 建設大臣
内閣 第3次佐藤改造内閣
在任期間 1971年7月5日 - 1972年7月7日

日本の旗 第27-28代 建設大臣
内閣 第1次佐藤第3次改造内閣
第2次佐藤内閣
在任期間 1966年12月3日 - 1967年11月25日

選挙区 大分県第2区
当選回数 11回
在任期間 1949年1月24日 - 1955年1月24日
1958年5月23日 - 1980年5月19日

その他の職歴
日本の旗 第38代 厚生大臣
1962年7月18日 - 1963年7月18日
テンプレートを表示

西村 英一(にしむら えいいち、1897年8月28日 - 1987年9月15日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(当選11回)。

閣僚として厚生大臣建設大臣など、また党職として自民党副総裁を務めた。田中派(七日会)初代会長。「おじいちゃん」の愛称で知られ、佐藤栄作田中角栄両元首相に対するご意見番的存在であった。

来歴・人物[編集]

大分県東国東郡姫島村出身。大分中学七高東北帝国大学工学部電気工学科を卒業後、鉄道省に入省し佐藤と知り合った。その後、運輸通信省を経て運輸省鉄道総局電気局長で退官。

1949年第24回衆議院議員総選挙吉田茂率いる民主自由党公認で立候補し初当選(当選同期に池田勇人前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。この選挙では吉田が官僚出身者を自らの藩塀とするため大量当選させ巷間「吉田学校」と称されたが、西村も吉田学校の一員である。保守合同で自民党に参加し、佐藤派に所属した。1962年第2次池田再改造内閣厚生大臣として初入閣する。第3次佐藤改造内閣建設大臣を務めた。

佐藤首相退陣後の後継総裁選びでは田中を支持し1972年の田中内閣成立後、田中派・七日会が正式に結成されると会長に選出された。しかし日本列島改造論により土地騰貴が進み地価が暴騰したため1974年国土庁が設置されると西村は初代国土庁長官に就任し、土地対策に当たった。田中金脈問題で田中内閣が総辞職し、その後ロッキード事件発覚後も田中派会長として田中派を維持することに一役買った。1976年福田赳夫内閣行政管理庁長官に就任し福田赳夫首相の意を受けて行政改革を推進しようとして福田、園田直内閣官房長官、山中貞則自民党行財政調査会長とともに行革反対派から「四人組」と批判された。

福田内閣は大角連合によって自民党総裁予備選挙で大差を付けられ退陣し、大平内閣が成立した1979年自民党副総裁に就任した。財政再建に賭ける大平正芳は一般消費税を掲げて第35回衆議院議員総選挙を闘うが、世論の支持を得られず247議席に終わった。選挙後、大平、田中の主流派と福田、三木武夫中曽根康弘ら反主流派は四十日抗争を繰り広げるが西村は副総裁として両陣営の調整役を務めた。

1980年6月、第36回衆議院議員総選挙(衆参同時選挙)の選挙中に大平が急死し、西村は自民党総裁代行として総理大臣臨時代理の伊東正義と二人三脚で選挙運動を遂行し、自民党が大勝した。大平政権の後継には副総裁であった西村を次期首相とする構想も存在したが西村がまさかの落選をしたため、鈴木善幸総裁が選出されたのを見届けた後、同年11月に副総裁を退任した。

自らの選挙区に同じ田中派の田原隆がおり選挙では激しい戦いを繰り広げる間柄であったが最終的には田原を西村の後継者とし、1983年9月に政界からの引退を表明した。西村は1987年9月15日、90歳で亡くなった。

運輸官僚として佐藤元首相との間に強い繋がりを持ち西村は佐藤をして「政治家の中にこれほど清廉な人はいない」と言わしめた程、質素な生活ぶりで知られた。また、西村は佐藤に対しては堂々と苦言を呈し佐藤政権時代にあっても、深夜佐藤の寝室にまで入って意見を言ったと伝えられる。また、田中元首相に対しても「首相になった男があんまり札びらを切るようなみっともない真似をするな」と忠告したが、この時には田中の方が西村ら国立大学卒、高級官僚出身者と自身を比較して「じいさん、小学校出の俺には金しか無いんだ」と言いさめざめと涙を流し西村を絶句させた。また、戸川猪佐武の『小説吉田学校』では自民党の四十日抗争の際、西村が中曽根に「あなたは総理総裁のコースを歩むべき人だから、判断を見誤らんようにな」と忠告する場面が描かれている。

関連項目[編集]


公職
先代:
灘尾弘吉
日本の旗 厚生大臣
第38代:1962年 - 1963年
次代:
小林武治
先代:
橋本登美三郎
根本龍太郎
日本の旗 建設大臣
第27代・第28代:1966年 - 1967年
第32代:1971年 - 1972年
次代:
保利茂
木村武雄
先代:
(創設)
日本の旗 国土庁長官
初代:1974
次代:
丹羽兵助
先代:
荒舩清十郎
日本の旗 行政管理庁長官
第41代:1976年 - 1977年
次代:
荒舩清十郎
党職
先代:
船田中
自由民主党副総裁
第7代:1979年 - 1980年
次代:
二階堂進
名誉職
先代:
船田中
最年長衆議院議員
1979年 - 1980年
次代:
灘尾弘吉