南原繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南原 繁
(なんばら しげる)
人物情報
全名 南原 繁
(なんばら しげる)
生誕 1889年9月5日
大日本帝国の旗 大日本帝国 香川県大内郡
(現:東かがわ市
死没 1974年5月19日(満84歳没)
学問
時代 20世紀大正 - 昭和
研究分野 政治学
研究機関 東京帝国大学
影響を
与えた人物
丸山眞男
福田歓一
テンプレートを表示

南原 繁(なんばら しげる、1889年明治22年〉9月5日 - 1974年昭和49年〉5月19日)は、日本政治学者東京帝国大学総長を務めた。東京大学名誉教授

略年譜[編集]

9月5日 - 香川県大内郡南野村(現在の東かがわ市南野)に婿養子の父・三好貞吉、母・南原きくの次男として生まれる。南原家は母・きくの何代か前の甚左衛門が同村南野小井楠家から分家、屋号岸野屋と称し製糖業を営む。祖父・松蔵は組頭役を務めたが、母・きくの幼時にいたり家運傾き和裁の師匠をして生計を立てる。明治の初めまでを楠と称したが本家とともに南原(訓はみなみはら。のち、なんばらとなる)と改め、婿養子を迎えた。しかし、繁の幼少時に最初の婿養子であった実父が出奔、母は2歳の繁を戸主として届け出る。
- 広瀬藤太郎、養父としてきくと結婚。
4月 - 香川県大川郡教員養成所に入所。
3月 - 香川県立大川中学(現・香川県立三本松高等学校)卒業。
6月 - 第一高等学校卒業。
7月 - 東京帝国大学法学部政治学科に入学する。入学後、内村鑑三の弟子となり、生涯を通じて無教会主義キリスト教の熱心な信者であった。一高に入学したときの校長は新渡戸稲造であり、影響を受けた。
7月 - 東京帝国大学法学部政治学科卒業後内務省入省。
3月 - 富山県射水郡郡長に任ぜられる。
1月 - 内務省警保局事務官に任じられる。労働組合法の草案作成などを手がける。
5月 - 内務省を辞め、東京帝国大学法学部助教授に就任。内務省時代、アテネ・フランセフランス語を学んでいた。ヨーロッパ留学を経て、小野塚喜平次の後任として、政治学史を担当。
8月 - 教授となり、政治学史を担当。西欧の政治哲学とキリスト教をバックボーンに共同体論を深め、その研究は、1942年(昭和17年)『国家と宗教――ヨーロッパ精神史の研究』(岩波書店、1942年)、『フィヒテの政治哲学』(1959年、岩波書店)に結実する。福田歓一(政治学史)、丸山眞男(日本政治思想史)は彼の教え子である。
3月 - 東京帝国大学法学部長に就任。高木八尺田中耕太郎末延三次我妻栄岡義武鈴木竹雄とともに終戦工作に携わるが失敗に終わり、敗戦を迎える。
12月 - 東京帝国大学総長に就任。
2月11日 - 紀元節には日の丸をかかげ、日本精神そのものの革命を通じての「新日本文化の創造」を説く。
3月 - 貴族院議員に勅撰( - 1947年5月)。単独講和を主張した当時の内閣総理大臣吉田茂に対し全面講和論を掲げ、論争となった。このことで、南原は吉田茂から「曲学阿世の徒」と名指しで批判された。
12月 - 貴族院において、象徴天皇制への移行へ伴う皇室典範改正にともない、「天皇の自発的退位」の規定を設けることを主張。これは南原が昭和天皇の退位を望んでいたためだが、反対多数で否決された。
3月 - 退官。その後学士会理事長、日本学士院院長などを歴任。アララギ派歌人としても知られ、歌集『形相』がある。
5月19日 - 死去。

著作[編集]

1954年
  • 『国家と宗教 ヨーロッパ精神史の研究』(岩波書店、1942年/改訂版・岩波文庫、2014年9月)
  • 『學問・教養・信仰』(近藤書店、1946年) 
  • 歌集 形相』(創元社、1948年/岩波文庫、1984年7月、解説氷上英廣) ISBN 4003316711
    • 復刻版 (図書月販、1968年/ほるぷ出版、1975年)
  • 『日本とアメリカ』(朝日新聞社、1950年)
  • 『人間と政治』(岩波新書、1953年)
  • 『フィヒテの政治哲学』(岩波書店、1959年)
  • 『自由と国家の理念―政治哲学論文集』(青林書院、1959年、新版1965年)
  • 『政治理論史』(東京大学出版会、1962年/新装版2007年) ISBN 4130301454
  • 『現代の政治と思想 新しい歴史の転機に立って』(東京大学出版会、1963年)
  • 『日本の理想』(岩波書店、1964年)
  • 『文化と国家』 (東京大学出版会、〈上・下〉 1968年/新装版〈全1冊〉 2007年) ISBN 4130010050
  • 『歴史をつくるもの』(東京大学出版会、1969年)
  • 『南原繁書簡集 付・南原繁宛書簡』(岩波書店、1987年) ISBN 4000015354
  • 『政治哲学序説』(岩波書店、1988年、復刊1993年) ISBN 4000011855-著作集「第5巻」
  • 聞き書 南原繁回顧録』 (丸山真男・福田歓一編、東京大学出版会、1989年) ISBN 413033039X
  • 日本平和論大系13 南原繁』 (家永三郎責任編集、日本図書センター、1994年) ISBN 4820571540 
  • 人間の記録70 南原繁 ふるさと』 (日本図書センター、1998年) ISBN 4820543156
  • 『南原繁対話 民族と教育』 (東京大学出版会、2001年) ISBN 4130030043
  • 『わが歩みし道 南原繁 ふるさとに語る』(同刊行委員会編、東京大学出版会、2004年) ISBN 4130330497 

著作集[編集]

  • 南原繁著作集 (全10巻)』 (丸山真男・福田歓一編、岩波書店、1972-73年、復刊1984年、2006年)
  1. 『国家と宗教』
  2. 『フィヒテの政治哲学』
  3. 『自由と国家の理念』
  4. 『政治理論史』
  5. 『政治哲学序説』
  6. 『学問・教養・信仰、歌集形相』
  7. 『文化と国家』
  8. 『現代の政治と思想-新しい歴史の転機に立って、小野塚喜平次-総長時代と晩年』
  9. 『日本の理想』
  10. 『歴史をつくるもの』

栄典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
柴田雄次
日本学士院
第16代:1970年 - 1974年
次代:
和達清夫