足利直義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
足利 直義
Tadayoshi ashikaga.jpg
『英雄百人一首』より「足利直義像」
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代
生誕 徳治元年(1306年[注釈 1]
死没 正平/文和元年7年2月26日(1352年3月12日
改名 ?(幼名不詳)→高国(初名)→忠義→直義→慧源(号)
別名 下御所、錦小路殿、三条殿、高倉殿、副将軍
戒名 大休寺古山恵源
墓所 神奈川県鎌倉市浄明寺の浄妙寺
官位 従五位兵部少輔、左馬頭正五位下、
相模守、従四位下、従四位上左兵衛督従三位
従二位
幕府 鎌倉幕府室町幕府
氏族 足利氏
父母 父:足利貞氏、母:上杉清子
兄弟 高義尊氏直義
本光院渋川貞頼の娘)
足利如意丸[注釈 2]
養子:直冬

足利 直義(あしかが ただよし)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての武将鎌倉幕府の有力御家人足利貞氏の三男。室町幕府初代将軍足利尊氏の同母弟。

将軍尊氏を補佐して政務面を統括し、草創期室町幕府の体制は尊氏・直義兄弟による二頭政治だったと言われるが、実際は将軍就任当初から尊氏はすでに隠居状態にあり、幕政の運営は直義の下で行われていた。それでも、清和源氏の嫡流であり武将としての器量にも優れる尊氏は全国の武士を統合する機能を果たしており、直義が取って代わることはできなかった。

尊氏の執事高師直との間に派閥対立を生じ、師直の追い落としを図り却って失脚したものの、やがて南朝と結んで師直一族を討ち幕政を掌握した。しかし対立は尊氏・直義両者による全国を巻き込む戦乱に発展し、直義は東国に逃れたが最後は鎌倉に幽閉され急死を遂げた(観応の擾乱)。

生涯[編集]

倒幕から幕府創設まで[編集]

次兄の高氏(尊氏)と同じく父の側室である上杉清子が産んだ子で、母は北条氏ではない。足利氏の慣例に従い、二人の兄同様に初めは、得宗鎌倉幕府執権)・北条高時より賜った偏と祖先にあたる源義国の一字により高国(たかくに)と名乗るが、平家方の北条氏が実権を握る幕府に叛旗を翻して後は河内源氏の通字である「義」を用いた忠義(「ただよし」)、直義(「ただよし」)に改名する。元弘3年/正慶2年(1333年)、後醍醐天皇が配流先の隠岐島を脱出して鎌倉幕府打倒の兵を挙げると、兄の高氏とともにこれに味方し六波羅探題攻めに参加する。

建武の新政では左馬頭に任じられ、鎌倉府将軍成良親王を奉じて鎌倉にて執権となり、後の鎌倉府の基礎を築く。建武2年(1335年)、中先代の乱が起こり、高時の遺児時行信濃国に挙兵し関東へ向かうと、武蔵国町田村井出の沢(現東京都町田市本町田)の合戦にて反乱軍を迎撃するが敗れる。反乱軍が鎌倉へ迫ると、幽閉されていた護良親王を配下の淵辺義博に命じて混乱の中で殺害させ、足利氏の拠点となっていた三河国矢作(愛知県岡崎市)へと逃れた[1][2][3]。もっとも、成良親王は無事に京都に送り返されており、護良親王殺害も建武政権の立場に立った行動であった[4]

同年、後醍醐天皇に無断で来援した尊氏と合流すると東海道を東へ攻勢に転じ、反乱軍から鎌倉を奪還する。奪還後も鎌倉に留まった尊氏は付き従った将士に独自に論功行賞などを行うが、これは直義の強い意向が反映されたとされている。しかし、建武政権から尊氏追討令が出、新田義貞を大将軍とする追討軍が派遣されるや、尊氏は赦免を求めて隠棲する。直義らは駿河国手越河原(静岡県静岡市駿河区)で義貞を迎撃するが敗北する(手越河原の戦い)。これに危機感を持った尊氏が出馬すると、これに合して箱根・竹ノ下の戦いで追討軍を破って京都へ進撃する。足利軍は入京したものの、延元元年/建武3年(1336年)に陸奥国から上洛した北畠顕家楠木正成、新田義貞との京都市街戦に敗れる。再入京を目指すも、またしても摂津国豊島河原での戦いに敗れて九州へと西走する(豊島河原の戦い)。道中の備後国にて光厳上皇院宣を得て、多々良浜の戦いで建武政権側の菊池武敏に苦戦を強いられながらもこれを撃破するなど、西国の武士の支持を集めて態勢を立て直して東上を開始。海路の尊氏軍と陸路の直義軍に分かれて進み、湊川の戦い兵庫県神戸市)で新田・楠木軍を破って再び入京する。

二頭政治から観応の擾乱へ[編集]

尊氏は光明天皇を擁立し、建武式目を制定して幕府を成立させるが、この式目の制定には直義の意向が強いとされる。延元3年/暦応元年(1338年)に尊氏は征夷大将軍に、直義は左兵衛督に任じられ、政務担当者として尊氏と二頭政治を行い「両将軍」と併称された。しかし、正平3年/貞和4年(1348年)頃から足利家の執事を務める高師直と対立するようになり、幕府を直義派と反直義派に二分する観応の擾乱に発展し、さらに吉野へ逃れていた南朝も混乱に乗じて勢力を強める。直義派からの讒言を受けて尊氏が師直の執事職を解任すると、正平4年/貞和5年(1349年)に師直とその兄弟の師泰は直義を襲撃し、直義が逃げ込んだ尊氏邸をも大軍で包囲した。高兄弟は直義の罷免を求め、直義が出家して政務から退く事を条件に和睦する。直義は出家し、慧源と号した。

翌 正平5年/観応元年(1350年)、尊氏・師直らが直義の養子直冬を討つために中国地方へ遠征すると、その留守に乗じて京都を脱出、師直討伐を掲げて南朝へ降る。しかし直義は、南朝に降ったのちも発給文書には北朝で用いられた観応の年号を使用しており、降伏は便宜的なものであったと解釈されている。[5]

一方、京都の北朝は直義追討令を出すに至る。南朝に属した直義は尊氏勢を圧倒し、正平6年/観応2年(1351年)に播磨国光明寺城光明寺合戦)や摂津国打出浜(兵庫県芦屋市)で尊氏方を破る(打出浜の戦い)。尊氏方の高兄弟とその一族は2月26日、直義派の上杉能憲に殺害された。

高兄弟を排除した後は、尊氏の嫡子義詮の補佐として政務に復帰したが、尊氏・義詮父子との仲は良くならず、ついに尊氏父子は出陣と称して京都から出ていきそれぞれ近江と播磨で反直義勢の態勢を整え始めた。それを見た直義は8月1日に京都を脱して北陸信濃を経、鎌倉を拠点に反尊氏勢力を糾合した。これに対して尊氏父子は南朝に降り、正平一統が成立して新たに南朝から直義追討令を出してもらう。

しかし、駿河国薩埵山(「埵」は「土へん」に「垂」、静岡県静岡市清水区)、相模国早川尻(神奈川県小田原市)などの戦いで尊氏に連破され、1352年1月5日、鎌倉にて武装解除される。浄妙寺境内の延福寺に幽閉された直義は、翌正平7年/文和元年(1352年)2月26日に急死した。病死とされているが、『太平記』のみは尊氏による毒殺であると記している。直義が没した日は奇しくも、自身の宿敵であった高兄弟の一周忌に当たる。享年47。

観応の擾乱は直義の死により終わりを告げた[6]。ただし、直義派の武士による抵抗は、その後直冬を盟主として1364年頃まで続くことになった。

なお、尊氏はその死の直前の正平13年/延文3年(1358年)に、故直義を従二位に叙するよう後光厳天皇に願い出ている。

人物[編集]

神護寺三像源頼朝
従来、源頼朝像とされてきたが、近年、直義像とする説が提示され有力となっている。
  • 観応の擾乱で天下を巻き込んで争った尊氏と直義だが、1歳違いの同母兄弟ということもあって元来仲はすこぶる良かった。幕府滅亡後の鎌倉を預かっていた直義が中先代の乱で敗走したときには、尊氏は後醍醐天皇勅許を得ぬまま軍勢を催して東国に下り、直義を救援した。
  • 直義は、乱の平定後帰京しようとする尊氏を説き鎌倉に留まらせた。これを警戒する反尊氏派の運動によって追討令が出ると、尊氏は後醍醐の恩を思い出家して恭順の意を示そうとするが、直義らは尊氏の罪を一切許さないとする偽の綸旨まで示して翻意させようとした。さらに軍勢を率いて西上した直義らが敗北すると、これを救うべく尊氏もついに官軍に立ち向かうことになった。このように建武政権に対抗し、積極的に武家政権の再興を推し進めたのは直義以下の武士たちで、弟想いの尊氏は板挟みの末に後醍醐に反旗を翻す決断に至ったといえる。
  • 京都を手中に収めた足利方の推す光明天皇が践祚してわずか2日後、尊氏が石清水八幡宮に奉納した願文には「尊氏に道心給ばせ給候て、後生助けさせおはしまし候べく候。猶々、とく遁世したく候。道心給ばせ給候べく候。今生の果報に代へて、後生助けさせ候べく候」とある。持明院統の天皇・上皇を擁して逆賊の名を一応逃れたとはいえ、後醍醐を逐ったことは尊氏を沈鬱にし、出家遁世の志を起こさせた。これに続けて「今生の果報をば、直義に給ばせ給ひて、直義安穏に守らせ給候べく候」と、弟想いの心情が現れるとともに、新たな政治の現実は直義が担っていくものという意識も滲ませている。
  • 降伏した後醍醐から光明に三種の神器が引き渡され、武家政権(室町幕府)が開始するにあたり、その基本方針を示す建武式目が制定されたが、その内容は直義の意思を反映したものだと言われる。
  • 1338年、尊氏が征夷大将軍に就くと、直義は左兵衛督に任ぜられ、「征夷将軍と武衛将軍、兄弟両将軍」と称せられた(「武衛将軍」は兵衛督の唐名)。副将軍とも言われる。
  • 直義は足利一門の渋川貞頼の娘を正室とした他に側室を迎えなかった。二人の間には長く子が生まれず、尊氏の庶子直冬を養子にしたが、夫婦ともに40歳を過ぎてから思いがけず男子が誕生した。このことが直義に野心を芽生えさせたと『太平記』は描いている。
  • 尊氏が激しい感情の起伏がある人物とされるのに対し、直義は冷静沈着であったとされる。
  • 尊氏が山のように贈られてきた品物を部下たちにすべて分け与えたほど無欲だったという逸話は有名であるが、直義はそもそもそういう贈り物を受け取ること自体を嫌った、と言われている(『太平記』)。
  • 『太平記』の祖形となった史書の誤りを訂正させた話なども伝えられる。
  • 禅僧の夢窓疎石に帰依していた。
  • 数々の武功を立てた土岐頼遠が光厳上皇に狼藉を働いて捕らえられた際、頼遠の軍才や数々の武功を惜しんで助命を嘆願する声が上がり続けても、朝廷の権威を重んじる直義は断固として耳を貸さずに頼遠を斬首した。光厳上皇の権威を軽視ないし否定することは、上皇から征夷大将軍を与えられた尊氏と、そして室町幕府の権威をも否定することになりかねず、情に流されない冷徹な判断によるものであった。もっとも一方では頼遠の武功に免じて、土岐家そのものは取り潰さず彼の甥に継がせて存続させているなど、現実的な折衝を試みている。
  • 観応の擾乱において将軍尊氏と対立した後も、一貫して幕府の正統性を擁護し続けた。直義と南朝との和議交渉を記録した「吉野御事書案」(『群書類従』所収)において、直義勝利の暁には幕府は北朝の解体と大政奉還をすべきであると要求する南朝側に対して、実際に天下の秩序を守っているのは幕府を筆頭とした武士であるため南朝こそ要求に従って無条件で京都に帰還すべきであると直義は論じ、和議後も両者の相互不信は続いた。その後、尊氏が南朝と和議を交渉した際に、直近の課題である直義討伐を優先して南朝側の要求を全面的に受け入れて「降伏」し、南朝は京都に進出して北朝を廃し、尊氏に直義討伐を命じた。直義は幕府の正統性を守ろうとして却って幕府の首長(将軍)である尊氏との外交戦争に敗れることになり、諸国の武士からはもちろん大高重成のような側近からも離反される結果を招いた。
  • 『太平記』巻第三十では直義の死を次のように記録している。
    • 「俄に黄疸と云ふ病に犯され、はかなく成らせ給ひけりと、外には披露ありけれ共、実には鴆毒の故に、逝去し給ひけるとぞささやきける(以下略)」
  • 直義の死因が毒殺であるというのは有力な説ではあるが、証拠となる史料はなく推論の域を出ない。

官歴[編集]

足利直義(勝川春亭画)

※日付=旧暦

偏諱を与えた人物[編集]

直義時代
前述の通り直義が副将軍(征夷副将軍)であったことから、二頭政治・観応の擾乱期で直義派であった人物を中心に偏諱を賜っている者がいた。「直」の字は直義の読みに合わせて「ただ」と読むが、一部で「なお」と読まれる説もある(直義派から離れた際に読みを改めたとも考えられる)。

直義派

その他

上記のほか、擾乱期の動向・去就が不明な者や尊氏派についた者のなかにも諱に「直」の字がついた者が散見されるが、同時代の人物であることから可能性は高く、擾乱期に直義派でなくても尊氏と直義がまだ対立関係にない段階で直義から1字を受けたと考えれば決して矛盾ではない。特に「ただ」と読む(説がある)者に関しては可能性が極めて高い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 生年は『三宝院賢俊僧正日記』の暦応5年(1342年)2月条に「三条殿 卅六 丑未」とあり、これにしたがえば逆算して徳治2年(1307年)となり、通説とは1年異なる。
  2. ^ 直義が甥の直冬を養子に迎えた後、1347年に誕生した直義の実子。しかし1351年、観応の擾乱の最中に戦死した。

出典

  1. ^ 「市のあゆみ」岡崎市
  2. ^ 「1-3 岡崎市の沿革」岡崎市
  3. ^ 「沿革」岡崎市
  4. ^ 阪田雄一「中先代の乱と鎌倉将軍府」(佐藤博信 編『関東足利氏と東国社会 中世東国論:5』(岩田書院、2012年) ISBN 978-4-87294-740-3) )
  5. ^ 森茂暁「戦争の日本史8 南北朝の動乱」(吉川弘文館) 116-117項
  6. ^ 瀬野精一郎 著『人物叢書‐足利直冬』吉川弘文館、2005年、p.93
  7. ^ こちらより。

参考文献[編集]

書籍
論文
  • 森茂暁 「足利直義発給文書の研究 ─いわゆる「二頭政治」の構造」─」(福岡大学人文論叢編集委員会編集 『福岡大学人文論叢』第45巻第4号(通巻第179号)、福岡大学研究推進会、2014年3月20日)
  • 亀田俊和 「足利直義下文の基礎的研究」(鎌倉遺文研究会編集 『鎌倉遺文研究』第34号、吉川弘文館、2014年10月20日、pp.57-76、ISBN 978-4-642-09279-1
史料
  • 『太平記』
  • 『群書類従』

関連文献(評伝)[編集]

登場作品[編集]

  • 安部龍太郎「兄の横顔」(文藝春秋『室町花伝』/文春文庫『バサラ将軍』収録、1995年)
TVドラマ

関連項目[編集]