藤原穏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 穏子
第60代天皇后
皇后(中宮) 延長元年4月26日923年5月14日
皇太后 承平元年2月28日931年3月19日
太皇太后 天慶9年4月26日946年5月29日

誕生 仁和元年(885年
崩御 天暦8年1月4日954年2月9日
内裏昭陽舎
陵所 宇治陵
穏子
別称 五条后
氏族 藤原氏北家・良房流)
父親 藤原基経
母親 人康親王
配偶者 醍醐天皇
入内 昌泰4年(901年
子女 保明親王
康子内親王
朱雀天皇
村上天皇
女御宣下 昌泰4年(901年)
テンプレートを表示

藤原穏子(ふじわら の おんし・やすこ、仁和元年(885年) - 天暦8年1月4日954年2月9日))は、関白藤原基経女。母は人康親王女。第60代醍醐天皇中宮、第61代朱雀天皇・第62代村上天皇生母。別名五条后

生涯[編集]

昌泰4年(901年)醍醐天皇に入内、女御となる。延喜9年(909年)従三位延長元年(923年)4月26日中宮に冊立。延長8年(930年)醍醐天皇譲位、間もなく崩御朱雀天皇即位承平元年(931年)皇太后天慶9年(946年)村上天皇即位、太皇太后。天暦8年(954年)、内裏昭陽舎にて崩御。享年70。

延喜3年(903年)に保明親王を産み、保明親王は皇太子となるも早世、その子で孫の慶頼王も僅か5歳で卒去したが、保明親王の死の翌月に立后、さらに寛明親王(朱雀天皇)と成明親王(村上天皇)を相次いで出産して2代の国母となり、摂関政治全盛への基盤を固める。崩御まで朱雀天皇・村上天皇どちらにも皇后が立たなかったため、生涯を通じて後宮唯一の后であり続けた。なお穏子立后の際に中宮職が置かれ、以後これが主流となった。

陵墓は宇治陵京都府宇治市木幡中村)。