藤原詮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東三条殿跡・藤原詮子居住地、京都市中京区押小路通釜座西北角

藤原 詮子(ふじわら の せんし/あきこ、応和2年(962年) - 長保3年閏12月22日1002年2月7日))は、平安時代、第64代円融天皇女御。第66代一条天皇生母(国母)。院号東三条院(ひがしさんじょういん)。

摂政関白太政大臣藤原兼家の次女で、母は摂津守藤原中正の娘時姫。先後して摂関に在職した道隆道兼道長、また冷泉天皇女御超子は同母の兄弟。

生涯[編集]

天元元年(978年)8月に入内し、同年11月4日女御の宣旨を被る。同3年(980年従四位下に叙せられる。この年の6月1日に兼家の東三条邸において第一皇子懐仁親王(のちの一条天皇)を生む。ところが円融天皇の一粒種を生みながら、関白藤原頼忠の女遵子に后の座を奪われたことで、父兼家と共に天皇を恨んで里邸の東三条邸にこもり、たびたびの召還にも応じなかった。また遵子立后の際、遵子の兄弟藤原公任は東三条邸の前で自慢げに「この女御は、いつか后にはたちたまふらむ(こちらの女御はいつ立后なさるのか)」と言ったため、兼家・詮子親子の恨みを買ったという。(『大鏡』)

しかし、所生の一条天皇が即位すると形勢は一変し、寛和2年(986年7月5日皇太后に冊立される。正暦2年(991年)2月、円融法皇が崩御したが、詮子は同年9月16日に出家して、皇太后宮職を停めて院号宣下を受け、居宅の東三条邸に因んで東三条院を称した。これが女院の嚆矢である。

一条朝にあって国母として強い発言権をもち、しばしば政治に介入したため、藤原実資の日記『小右記』には「国母専朝」と非難された。また、4歳年下の弟・道長を可愛がって[1]兄道隆・同道兼没後の執政者に彼を推して、甥伊周を圧迫し、ついに兄一家を没落に追い込んだのは著名な話である。また、一条天皇に既に定子が后にいたにも関わらず、道長の娘の彰子を入内させようと図ったり[2]、その入内に付き添わせるために事前に母親である源倫子(道長の正室)を従五位上から従三位に昇格させている[3]

その反面、厚い信仰心をもち、真如堂・慈徳寺を建立した。また失脚した源高明の末娘明子を引き取って道長に娶わせたといわれ、一条皇后定子が難産で崩御した際も、残された第二皇女媄子内親王を養女とした。

長保3年閏12月、院別当の藤原行成の屋敷にて崩御し、宇治木幡の藤原一族の墓所のうち、宇治陵に葬られた。

なお、『大鏡』及び『栄花物語』には葬儀の際に道長が遺骨を抱持する場面が描かれているがこれは創作であり、史実において骨を抱持したのは詮子の甥の兼隆(道兼の子)である[4]

参考文献[編集]

  • 倉本一宏『一条天皇』 吉川弘文館〈人物叢書〉2003年

脚注[編集]

  1. ^ 『栄花物語』巻3には詮子が道長を「我御子と聞え給ひて」と書かれ、あたかも道長を自分の子として扱ったように描かれている(勿論、道長が実際に詮子の養子猶子だった事実はない)。
  2. ^ 服藤早苗「国母の政治文化-東三条院詮子と上東門院彰子-」服藤早苗 編『平安朝の女性と政治文化 宮廷・生活・ジェンダー』(明石書店、2017年) ISBN 978-4-7503-4481-2 P159-160
  3. ^ 東海林亜矢子「摂関期の后母-源倫子を中心に-」服藤早苗 編『平安朝の女性と政治文化 宮廷・生活・ジェンダー』(明石書店、2017年) ISBN 978-4-7503-4481-2 P75
  4. ^ 道長の日記『御堂関白記』によって道長が父祖の忌日として供養を行った事が確認できるのは、7月2日の父・兼家、1月21日の母・時姫の法要以外には12月22日の詮子の法要のみであり、また盂蘭盆会の前日に送る盆供の送り先として、法興院(兼家の菩提寺)・浄閑寺(時姫の菩提寺)・慈徳寺(詮子の菩提寺)が指示されている(『御堂関白記』長和4年7月14日条)ことから、道長が詮子の供養を両親と同じように行っていた事が知られる。(桃裕行「忌日考」(初出:『国民生活史研究 5』(1962年、吉川弘文館)・所収:『桃裕行著作集 4』(1988年、思文閣出版))