藤原安子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 安子
第62代天皇后
皇后(中宮) 天徳2年(958年10月27日
皇太后 (追贈)康保4年(967年11月29日
太皇太后 (追贈)安和2年(969年8月25日

誕生 延長5年(927年
崩御 応和4年4月29日964年6月11日
主殿寮
陵所 宇治陵京都府宇治市木幡中村)
安子
氏族 藤原氏北家九条流
父親 藤原師輔
母親 藤原盛子
配偶者 村上天皇
結婚 天慶3年(940年4月19日
子女 承子内親王
冷泉天皇
為平親王
輔子内親王
資子内親王
円融天皇
選子内親王
女御宣下 天慶9年(946年5月27日
テンプレートを表示

藤原 安子(ふじわら の あんし(やすこ)、延長5年(927年) - 応和4年4月29日964年6月11日))は、右大臣藤原師輔の長女。母は武蔵守藤原経邦の女盛子。第62代村上天皇中宮。第63代冷泉天皇・第64代円融天皇為平親王承子内親王輔子内親王資子内親王選子内親王らの生母。同母兄弟に伊尹兼通兼家忠君登子重明親王妃)・師輔の三女(源高明先妻、俊賢母)・怤子(冷泉天皇女御)など。彼女を中心とした後宮は華美をきわめ,父師輔の権勢の因となった[1]

生涯[編集]

天慶3年(940年4月19日、成明親王(村上天皇)と結婚。内裏飛香舎で婚儀を挙げる。同7年(944年)成明親王が立坊、皇太子妃となる。同8年(945年)、従五位上。同9年(946年従四位下に進み、村上天皇即位従三位女御となり昭陽舎に局を賜る(のち飛香舎)。天暦4年(950年5月24日に第2皇子憲平親王(冷泉天皇)を出産、生後2ヶ月で皇太子に立てられる。同10年(956年従二位に進み、天徳2年(958年10月27日中宮に冊立。しかし、天徳4年(960年)3月に伯父である散位興方が、5月には父・右大臣師輔薨去するなど不幸に見舞われた。応和4年(964年)、選子内親王を出産後間もなく主殿寮にて崩御。享年38。のち康保4年(967年)11月、冷泉天皇即位で皇太后を、さらに安和2年(969年8月25日に円融天皇即位で太皇太后を追贈される。

村上天皇即位前に入内した最初のであり、また皇太子憲平親王を始めとして妃のうちで最も多い3男4女をもうけたことから、天皇に非常に重んじられた。しかし『大鏡』によれば非常に嫉妬深い性格で、後に天皇の寵愛を受けた宣耀殿女御藤原芳子(安子の従姉妹)の姿を垣間見したときにはあまりの美しさに妬心やみがたく、壁の穴から土器(かわらけ)の欠片を投げつけるという暴挙に出たという。しかもそれに立腹した天皇が安子の兄弟らに謹慎を命じると、天皇に詰めよってついに撤回させてしまったというから、話半分としても気性の激しい女性だったようであり、また、皇太子の生母としての彼女の影響力の大きさが窺える。なお、この土器投げの逸話は岡野玲子の漫画『陰陽師』にも登場する。また、円融天皇も母親であった安子を死後も慕っていたことが知られ、関白藤原伊尹の死後には伊尹の没後に三弟の藤原兼家関白就任が有力視されていたものの、次弟の藤原兼通が生前に安子が書いた「関白は兄弟順に」という書付を見せると直ちに兼通を次の関白としたという故事(『大鏡』、ただしこの事件の経緯を詳しく記した『親信卿記』(天禄3年11月26日条)には彼女の遺命があったことを記すのみで内容は記されていない)や、同母兄弟の資子内親王為平親王一品に叙せられた(ただし、為平叙任は円融譲位後)のは、円融が亡き母に代わって同母兄弟を庇護しようとした意欲の表れと言われている。栗山圭子は安子の遺命の内容を伊尹や兼家に庇護された冷泉以外の皇子女の後見を中宮権大夫でもあった兼通に依頼したものであったと推測し、その結果として成長した円融が自身の唯一の後見になった兼通を関白に任じたと推測している[2]

安子自身は若くして亡くなったが、安子所生の冷泉天皇・円融天皇の即位は九条流摂関家発展の元となり、やがて安子の甥道長を頂点とする全盛期へ至ることになる。

陵墓は宇治陵(京都府宇治市木幡中村)。

脚注[編集]

  1. ^ 藤原安子 | コトバンク
  2. ^ 栗山圭子「兼通政権の前提-外戚と後見」服藤早苗 編『平安朝の女性と政治文化 宮廷・生活・ジェンダー』(明石書店、2017年) ISBN 978-4-7503-4481-2