昇子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

昇子内親王(しょうし/のぼるこ ないしんのう、建久6年8月13日1195年9月18日) - 建暦元年11月8日1211年12月14日))は、鎌倉時代皇族。東宮守成親王(順徳天皇)の准母皇后女院院号春華門院(しゅんかもんいん)。後鳥羽天皇の第一皇女で、中宮九条任子(宜秋門院、摂政関白九条兼実女)の唯一の所生である。

生涯[編集]

建久6年(1195年)10月16日内親王宣下。まもなく八条院の猶子となり、八条院のもとで育てられた。建久7年(1196年)正月、病床にあった八条院は、膨大な八条院領のほとんどを昇子内親王に譲るという内容の譲状を作成しているが[1]、その後八条院は病気から回復している。同年4月、一品准三后承元2年(1208年)8月8日、異母弟の東宮守成親王(のちの順徳天皇)の准母として皇后宮に冊立される。承元3年(1209年)4月25日院号宣下、春華門院となる。建暦元年(1211年)6月26日、八条院が薨去しその所領の大部分を相続したが、昇子内親王も同年11月8日に17歳で崩御した。八条院領はその後順徳天皇に相続された。

脚注[編集]

  1. ^ ただし同じ八条院の猶子であった以仁王の王女(三条姫宮)の生存中は、全所領は以仁王の王女のものとした。結局、こののち回復した八条院に先立って、元久元年(1204年)に以仁王の王女は死去している。(服藤、134頁)

参考文献[編集]