三条有子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三条 有子(さんじょう ゆうし、藤原 有子(ふじわら の ゆうし)、建永2年(1207年) - 弘安9年2月6日1286年3月2日))は、鎌倉時代後堀河天皇皇后三条后女院号は安喜門院(あんきもんいん)。

系譜[編集]

太政大臣三条公房の女。生母は太宰大弐藤原範能の女、藤原修子。異母兄に右大臣三条実親がいる。

略歴[編集]

貞応元年(1222年)12月、16歳で5歳年下の後堀河天皇の女御として入内。翌同2年2月25日(1223年3月28日)に中宮に冊立されるが、嘉禄2年7月29日(1226年8月23日)に女御近衛長子が中宮に立后されるのを受け、同日皇后となる。天皇との間に子供はなかった。安貞元年(1227年)2月に院号宣下を受け、安喜門院と号した。

寛元4年(1246年)9月剃髪。弘安9年2月6日(1286年3月2日)、80歳で崩御した。