近衛位子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近衛位子

続柄 亀山天皇女御
称号 新陽明門院
身位 女御従三位准三宮女院
出生 弘長2年(1262年
死去 永仁4年正月22日1296年2月26日)(享年35)
配偶者 亀山天皇
子女 啓仁親王継仁親王
父親 近衛基平
母親 久我通能
テンプレートを表示

近衞 位子(このえ いし、弘長2年(1262年) - 永仁4年正月22日1296年2月26日))は、鎌倉時代後期の女性。亀山上皇女御女院。院号は新陽明門院関白近衛基平の娘。

生涯[編集]

文永11年(1274年)6月28日に亀山上皇後宮に入る[1]。その後文永12年(1275年)2月22日に女御となり従三位准三宮となる[1]。同年3月28日に院号を定め、新陽明門院と為す。建治2年(1276年)に懐妊し、著帯や安産祈願[2]が為され、11月17日に啓仁親王を出産。さらに弘安2年(1279年)に継仁親王を産むがどちらも夭折した。

正応3年(1290年)に落飾[1]永仁4年(1296年)正月22日に35歳で崩御した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 歴代皇紀
  2. ^ 続史愚抄建治2年10月13日条など