櫛笥賀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

櫛笥 賀子(くしげ よしこ、延宝3年(1675年) - 宝永6年12月29日1710年1月28日))は江戸時代中期の女性東山天皇後宮で、中御門天皇閑院宮直仁親王の生母。初名は慶子(読み同じ)だったが、父・隆慶が隆賀に改名したのに伴って賀子に改名した。

略歴[編集]

勾当内侍として出仕後、掌侍を経て典侍。東山天皇との間に慶仁親王(中御門天皇)や閑院宮直仁親王など5皇子1皇女をもうけた。東山天皇の譲位後、一条局・四条局と名乗る。

宝永6年(1709年)従三位に叙せられ、同年12月、35歳で薨去。墓所は京都府京都市上京区廬山寺。没後従二位の追贈を受け、翌年の宝永7年(1710年)に准后となり、新崇賢門院の院号を追贈された。

系譜[編集]