櫛笥隆子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

櫛笥 隆子(くしげ たかこ、慶長9年(1604年) - 貞享2年5月22日1685年6月23日))は江戸時代女性後水尾天皇後宮後西天皇の生母。女院。父は左中将櫛笥隆致(贈従一位、贈左大臣)。出仕名は勾当内侍御匣殿四条局。女院号は逢春門院(ほうしゅんもんいん)。

生涯[編集]

後水尾天皇が在位時は勾当内侍として近侍、のち、御匣殿別当となる。天皇譲位後の寛永8年(1631年)、皇女理昌女王(八重宮)を産み、後西天皇八条宮穏仁親王光子内親王理忠女王など6男4女をもうける。貞享2年(1685年)5月16日に危篤となり、同日従三位に叙位され名を隆子と定められた。翌日准三宮となり、院号宣下を受けた(逢春門院)。同月22日に薨去。

参考文献[編集]

  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』、東京堂出版、1994年
  • 久保貴子『後水尾天皇』、ミネルヴァ書房、2008年
  • 芳賀登 他 監修『日本女性人名事典』、日本図書センター、1998年

外部リンク[編集]