広橋仲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広橋 仲子(ひろはし ちゅうし/なかこ、藤原 仲子紀 仲子延元元年(1336年)または延元4年(1339年) - 応永34年5月20日1427年6月14日))は、室町時代の女性。女院後光厳天皇の典侍で、後円融天皇の生母。広橋兼綱の養女で、実父は石清水八幡宮祠官善法寺通清。生母は四辻宮尊雅王の娘(法名智仙聖通)とされる。院号は崇賢門院。姉妹に紀良子足利義詮側室、足利義満生母)、伊達政宗正室輪王寺殿がいる。比丘尼御所の大慈院(南御所)開基とされる。

生涯[編集]

後光厳天皇典侍となり、正平13年(1358年)に緒仁親王(後円融天皇)を、正平17年(1362年)に熙永親王(永助入道親王)を、正平18年(1363年)に尭仁法親王を、建徳2年(1371年)に尭性法親王を産む。建徳2年(1371年)緒仁親王が即位。天授6年(1380年)1月、准三宮。弘和2年(1382年)には、後円融天皇は後小松天皇に譲位。弘和3年(1383年)4月25日、院号宣下があり、崇賢門院と号した。 応永34年(1427年)5月20日、89歳または92歳で薨去。

参考文献[編集]

  • 近藤敏喬 編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版、1994年
  • 服藤早苗『歴史のなかの皇女たち』小学館、2002年
  • 『日本女性人名辞典』日本図書センター、1998年