邦子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

邦子内親王(くにこないしんのう、承元3年(1209年) - 弘安6年9月4日1283年9月26日))は、鎌倉時代の皇族、女院後堀河天皇准母皇后宮。院号安嘉門院(あんかもんいん)。法名は正如覚。父は守貞親王(後高倉院)、母は持明院基家の女・御息所陳子(北白河院)。同母弟に後堀河天皇、同母姉に利子内親王(式乾門院)がいる。

八条院領の大部分を含む膨大な荘園群を父から譲られ成立した安嘉門院領は、この後亀山院後宇多院昭慶門院(憙子内親王)を経て、後醍醐天皇に伝わった。

略歴[編集]

関連項目[編集]