延子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
延子内親王
続柄 伏見天皇第四皇女
称号 延明門院
全名 延子(えんし/のぶこ)
身位 内親王准三宮
出生 正応4年(1291年)
死去 不明
父親 伏見天皇
母親 洞院季子
テンプレートを表示

延子内親王(えんし/のぶこないしんのう、正応4年(1291年) - 没年不詳)は、鎌倉時代後期の皇族女院。女院号は延明門院(えんめいもんいん)。伏見天皇の第4皇女。母は左大臣洞院実雄の娘・季子(顕親門院)。後伏見天皇の異母妹。花園天皇の同母姉。同母の兄弟姉妹には他に璹子内親王(朔平門院)、寛性法親王仁和寺御室)がいる。

応長元年(1311年)、21歳で内親王宣下を受ける。同日、准三宮となる。正和4年(1315年)、院号宣下を受け延明門院と称する。正和6年(1317年)、27歳のとき父・伏見院の崩御により出家し、法名を信正恵と称する。その後の消息は不明で、没年も明らかでない。

参考文献[編集]

  • 安田元久編『鎌倉・室町人名事典』新人物往来社、1990年。
  • 芳賀登他監修『日本女性人名辞典』日本図書センター、1993年。
  • 志村有弘編『天皇皇族歴史伝説大事典』勉誠出版、2008年。