近衛維子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近衛維子
第119代天皇嫡母
皇太后 安永10年(1781年)3月15日
盛化門院
院号宣下 天明3年10月12日1783年11月6日

誕生 宝暦9年12月9日1760年1月26日
崩御 天明3年10月12日1783年11月6日
陵所 月輪陵京都府京都市東山区
旧名 倫君
父親 近衛内前
母親 吉田良倶養女
配偶者 後桃園天皇
子女 欣子内親王
養子女 光格天皇
女御宣下 安永元年(1772年)12月5日
准后 安永8年(1779年)6月3日
テンプレートを表示

近衛 維子(このえ これこ、宝暦9年12月9日1760年1月26日) - 天明3年10月12日1783年11月6日))は、後桃園天皇女御。関白太政大臣近衛内前の娘。弟に右大臣近衛経熙がいる。

経歴[編集]

明和5年(1769年)11月、皇太子英仁親王(のちの後桃園天皇)と結婚。明和7年(1770年)、英仁親王の即位に伴い、安永元年(1772年)12月に女御宣下を受ける。

安永8年(1779年)1月に第一皇女・欣子内親王を出産し、同年6月には准三后に叙される。しかし、同年11月に後桃園天皇が崩御。天皇には欣子内親王以外に子女がなかったため、急遽傍系の閑院宮典仁親王の第六王子・祐宮(のちの光格天皇)を維子の養子とし、皇位を継承させることとなった。

安永10年(1781年)3月、皇太后となり、名実ともに嫡母として新帝を補佐する立場に置かれるが、それから間もなく、天明3年10月12日(1783年11月6日)に崩御。享年24。同日、女院号を宣下され、盛化門院(せいかもんいん)と称される。陵墓は京都府京都市東山区月輪陵