近衛前子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近衛 前子(このえ さきこ、天正3年(1575年) - 寛永7年7月3日1630年8月11日))は、織豊期から江戸時代初期の女性。後陽成天皇女御女院後水尾天皇母。父は近衛前久、母は若狭武田氏か。猶父は豊臣秀吉。院号は中和門院(ちゅうかもんいん)。

経歴[編集]

天正14年(1586年)12月に豊臣秀吉の猶子となり、後陽成天皇に入内。従三位に叙され、女御となる。摂家からの入内は久しく無く、南北朝期以来の女御再興となった。元和6年(1620年)6月2日准三宮となり、同日院号宣下があって中和門院と号する。元和8年(1622年)に南光坊天海を戒師として出家。寛永7年(1630年)7月3日に死去。泉涌寺に葬られた。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • 芳賀登他監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1993年。