覲子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

覲子内親王(きんしないしんのう、養和元年10月5日1181年11月13日) - 建長4年6月8日1252年7月15日))は、平安時代後期の皇族、女院後白河天皇の第六皇女で、女院号は宣陽門院(せんようもんいん)。母親は高階栄子(丹後局)。

生涯[編集]

文治5年(1189年)、僅か9歳で内親王宣下を受けると同時に准三后とされ、建久2年(1191年)には11歳で院号宣下を受けた。建久3年(1192年)1月、父・後白河院から長講堂およびその附属領(長講堂領)をはじめとする広大な所領を譲渡された(後白河院は同年3月に崩御)。建久6年(1195年)に上洛した源頼朝北条政子夫妻から拝謁を求められるなど、権勢を誇った。元久2年(1205年)に出家、法名を性円智と称する。建長4年(1252年)、72歳で没した。

後鳥羽天皇の皇子・雅成親王養子とし、また、関白近衛家実の娘・近衛長子(鷹司院)を養女とし、後堀河天皇のもとへ入内させた。

長講堂領は承久の乱の折、鎌倉幕府に没収されたが翌年に返還された。養女・長子に譲渡しようとしたが、後嵯峨上皇の反対を受け、建長3年(1251年)に上西門院領を除いて後深草天皇に譲渡された(上西門院領は長子に譲渡された)。