伊都内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊都内親王(いとないしんのう- 貞観3年9月19日861年10月26日))は、平安時代前期の皇族。名は伊豆とも表記し[1]、「いと」とも読む[2]桓武天皇の第8皇女で、母は宮人・藤原平子中納言藤原乙叡女)[注釈 1]平城天皇嵯峨天皇淳和天皇らの異母妹。阿保親王の妃で、在原業平の母。無品[3]

生涯[編集]

天長2年(825年)に息子の在原業平を産んでいるので、この頃までには平城天皇の第1皇子の阿保親王の妃になっていたとされる。天長10年には母・平子と死別し、承和9年(842年)には夫とも死別している。嘉祥元年(848年)には都の自宅に落雷があった[4]。『伊勢物語』によると、晩年は長岡(現在の京都府長岡京市)の山荘に暮らしていたらしい。[5]貞観3年(861年)9月19日に薨去[3]

伊都内親王願文[編集]

橘逸勢によって書かれたとされる伊都内親王願文。末尾には「伊都」の署名が書かれている。

伊都内親王が、天長10年に死去した母の藤原平子の遺言により山階寺(現在の興福寺)に香灯読経料を寄進した時の願文が伊都内親王願文で、三筆のひとりである橘逸勢によって書かれたものだと伝えられている。末尾の署名、また文中の手形は内親王本人のものだとされている。御物[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本朝皇胤紹運録
  2. ^ 伊都内親王』 - コトバンク
  3. ^ a b 日本三代実録』貞観三年九月十九日条
  4. ^ 続日本後紀』嘉祥元年七月丙戌条
  5. ^ 伊勢物語』八十四段「さらぬ別れ」
  6. ^ 『日本大百科全書』「伊都内親王願文」

注釈[編集]

  1. ^ 『本朝皇胤紹運録』では藤原南子とされている

参考文献[編集]

関連項目[編集]