橘逸勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
橘逸勢
時代 平安時代初期
生誕 延暦元年(782年)?
死没 承和9年8月13日842年9月24日
官位 従五位下但馬権守従四位下
主君 平城天皇嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘入居
兄弟 永継永名逸勢御井子、田村子
達保?、男子、龍剣、実山、妙仲
テンプレートを表示
『伊都内親王願文』
(部分)

橘 逸勢(たちばな の はやなり)は、平安時代初期の貴族書家参議橘奈良麻呂の孫。右中弁橘入居の末子。官位従五位下但馬権守従四位下。書に秀で空海嵯峨天皇と共に三筆と称される。

経歴[編集]

延暦23年(804年)に最澄・空海らと共に遣唐使としてに渡る。中国語が苦手で、語学の壁のために唐の学校で自由に勉強ができぬと嘆いている。おかげで語学の負担の少ないを学ぶことになり、大同元年(806年)の帰国後はそれらの第一人者となった[1]

承和7年(840年)に但馬権守に任ぜられる。のち、老いと病により出仕せず、一時期は静かに暮らしていた[2]

承和9年(842年)の嵯峨上皇が没した2日後の7月17日に皇太子恒貞親王東国への移送を画策し謀反を企てているとの疑いで、伴健岑と共に捕縛された。両者はで何度も打たれる拷問を受けたが、両者共に罪を認めなかった。しかし、7月23日には仁明天皇より両者が謀反人であるとの詔勅が出され、春宮坊が兵によって包囲された。結局、大納言藤原愛発中納言藤原吉野参議文室秋津は免官され、恒貞親王は皇太子を廃された。逸勢と健岑は最も重い罰を受け、逸勢は姓を「非人」と改めた上で[3]伊豆国へ、健岑は隠岐国(後に出雲国に移されたが経緯は不詳)への流罪が決まった(承和の変)。

逸勢は伊豆への護送途中に遠江国板築駅で病没し同地に葬られた(『日本文徳天皇実録』嘉祥3年5月15日条)[4]。60余歳という。病没した「板築駅」については、浜松市北区三ケ日町日比沢付近であるとする説がある[4]。一方で「駅」は駅家のことではなく漢文流の表現で、罪人は伝馬で輸送され郡家(郡衙)を宿舎としたことから、袋井市に残る伝承をもとに山名郡家の所在地と推定される袋井市上山梨であるとする説もある[4]。このとき、逸勢の後を追っていた娘は板築駅まできたときに父の死を知り、悲歎にくれた。その娘はその地に父を埋葬し、尼となり名を妙冲と改め、墓の近くに草庵を営み、菩提を弔い続けた[2]

死後、逸勢は罪を許され、嘉祥3年(850年)に正五位下位階を追贈して京に改葬された[4]。また、仁寿3年(853年)には従四位下が贈位された。逸勢の娘の妙冲は逸勢に位階が追贈され京に改葬された際に孝女として称えられ、『日本文徳天皇実録』斉衡元年(854年)7月26日条で遠江国の剰田7町を与えられた尼妙長は逸勢の娘の妙冲のことと推定されている[4]仁安元年(1166年)には橘以政によって伝記『橘逸勢伝』が著された。

また、無実の罪を背負って死亡した事で逸勢は怨霊となったとも当時の人々に考えられ、貞観5年(863年)に行われた御霊会において文屋宮田麻呂早良親王伊予親王などと共に祀られた。そして、逸勢は現在も上御霊神社下御霊神社で「八所御霊」の一柱として祀られている。

[編集]

在唐中、柳宗元に学び、唐人は逸勢を橘秀才と賞賛したという。ただし、逸勢の真跡として確認できるものは今日ほとんど伝わっていない。その中で、空海三十帖冊子の一部分、興福寺南円堂銅燈台銘、伊都内親王願文が逸勢の筆とされていて、確証は未だ見つかっていないものの、逸勢以外の書家から書風の可能性を見出すこともできないため、逸勢の筆との説が有力視されている。

伊都内親王願文[編集]

『伊都内親王願文』(いとないしんのうがんもん)は、桓武天皇の第8皇女・伊都内親王が生母・藤原平子の遺言により、天長10年9月21日833年11月6日)、山階寺東院西堂に香灯読経料として、墾田十六町余、荘一処、畠一丁を寄進した際の願文である。楮紙行書で68行あり、末字に「伊都」の2字がある。朱で捺された内親王の手形が25箇所ある。書風は王羲之風であるが、その中に唐人の新しい気風が含まれており、飛動変化の妙を尽くし、気象博大と評されてもいる。御物

人物[編集]

性格は放胆で、細かいことには拘らなかったと伝えられている[2]

系譜[編集]

参考文献[編集]

登場する小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鐘江宏之『律令国家と万葉びと (全集 日本の歴史 3)』140頁
  2. ^ a b c d e 日本文徳天皇実録』嘉祥3年5月15日条
  3. ^ 北山茂夫『平安京 日本の歴史4』(中公文庫、1973年)、210p
  4. ^ a b c d e 12 貴族が流された国伊豆”. 静岡県立中央図書館. 2022年1月4日閲覧。
  5. ^ a b 『続日本後紀』嘉祥2年10月26日条

関連項目[編集]