仁和寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仁和寺
Ninnaji Kyoto07n4500.jpg
金堂(国宝)
所在地 京都府京都市右京区御室大内33
位置 北緯35度1分51.8秒
東経135度42分49.7秒
座標: 北緯35度1分51.8秒 東経135度42分49.7秒
山号 大内山
宗派 真言宗御室派
寺格 総本山
本尊 阿弥陀如来
創建年 仁和4年(888年
開基 宇多天皇
正式名 大内山 仁和寺
別称 旧御室御所
札所等 真言宗十八本山6番
京都十三仏霊場9番
近畿三十六不動尊14番
御室八十八ヶ所霊場
神仏霊場巡拝の道 第92番
文化財 金堂他(国宝)
五重塔他(重要文化財)
世界遺産
テンプレートを表示
双ヶ岡より仁和寺を望む

仁和寺(にんなじ)は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇。「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている。

皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称された。明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」と称するようになった。

御室は桜の名所としても知られ、春の桜と秋の紅葉の時期は多くの参拝者でにぎわう。徒然草に登場する「仁和寺にある法師」の話は著名である。当寺はまた、宇多天皇を流祖とする華道御室流の家元でもある。

普段は境内への入場は無料であり、御殿・霊宝館の拝観のみ有料となる。ただし、御室桜の開花時(4月)に「さくらまつり」が行われ、その期間は、境内への入場にも拝観料が必要となる。

歴史[編集]

仁和寺は光孝天皇の勅願で仁和2年(886年)に建て始められたが、同天皇は寺の完成を見ずに翌年崩御した。遺志を引き継いだ宇多天皇によって、仁和4年(888年)に落成し、「西山御願寺」と称されたが、やがて年号をとって仁和寺と号した。宇多天皇は出家後、仁和寺伽藍の西南に「御室」(おむろ)と呼ばれる僧坊を建てて住んだため、当寺には「御室(仁和寺)御所」の別称がある。なお、「御室」の旧地には現在、「仁和寺御殿」と称される御所風の建築群が建つ。御所跡地が国の史跡に指定されている。

仁和寺はその後も皇族貴族の保護を受け、明治時代に至るまで、覚法法親王など、皇子や皇族が歴代の門跡(住職)を務め(最後の皇族出身の門跡は、伏見宮純仁法親王、後の小松宮彰仁親王)、門跡寺院の筆頭として仏教各宗を統括していた。非皇族で仁和寺門跡になった人物に九条道家の子法助足利義満の子法尊の2名がいるが、ともに当時の朝廷における絶対的な権力者の息子でかつ後に准后に叙せられるなど皇族門跡に匹敵する社会的地位を有していた。室町時代にはやや衰退し、応仁の乱(1467年-1477年)で伽藍は全焼した。近世になって、寛永年間(1624年-1644年)、徳川幕府により伽藍が整備された。また、寛永年間の皇居建て替えに伴い、旧皇居の紫宸殿、清涼殿、常御殿などが仁和寺に下賜され、境内に移築されている(現在の金堂は旧紫宸殿)。

仁和寺歴代門跡[編集]

伽藍[編集]

宸殿の南庭、勅使門
宸殿の北庭、宸殿
中門
  • 金堂(国宝)- 慶長18年(1613年)に建立された旧皇居の正殿・紫宸殿を寛永年間(1624年-1644年)に移建改築したもので、近世の寝殿造遺構として重要。宮殿から仏堂への用途変更に伴い、屋根を檜皮葺きから瓦葺きに変えるなどの改造が行われているが、宮殿建築の雰囲気をよく残している。
  • 五重塔(重要文化財) - 1644年建立
  • 観音堂(重要文化財) - 1641-1645年建立
  • 中門(重要文化財) - 1641-1645年建立
  • 二王門(重要文化財) - 1641-1645年建立の和様建築。
  • 鐘楼(重要文化財) - 1644年建立
  • 経蔵(重要文化財) - 1641-1645年建立の禅宗様建築。
  • 御影堂中門(重要文化財)- 1641-1645年建立
  • 御影堂(重要文化財)- 1641-1645年建立。旧皇居の清涼殿の用材を用いて建設したもの。宗祖空海を祀る。
  • 御殿 - 二王門から中門に至る参道の西側の、宇多法皇の御所があった辺りに建つ。
    • 勅使門(登録有形文化財)
    • 宸殿(登録有形文化財) - 近世初期の皇居・常御殿を移築したものであったが、1887年(明治20年)に焼失。現在の建物は明治時代末-大正時代初期に亀岡末吉の設計により再建されたものであるが、宸殿の南北に配置された庭園とともにかつての宮殿の雰囲気を漂わせている。
    • 白書院(登録有形文化財)
    • 黒書院(登録有形文化財)
    • 本坊
    • 本坊表門(重要文化財)- 1596-1615年建立。
    • 遼廓亭(重要文化財) - 1661-1750年建立。江戸時代の画家・尾形光琳の屋敷から移築されたもので、葺下し屋根の下に袖壁を付け、その中ににじり口を開いているのが珍しいとされる。
    • 飛濤亭(重要文化財) - 1830-1867年建立。江戸時代末期に光格天皇の好みで建てられた草庵風の茶席で、腰をかがめずに入れるように鴨居の高い貴人口が設けられている。
  • 九所明神本殿(重要文化財) - 1641-1645年建立
  • 九所明神拝殿

文化財[編集]

孔雀明王像(国宝)
後嵯峨天皇宸翰消息(国宝)

国宝[編集]

  • 金堂
  • 木造阿弥陀如来及両脇侍像 - もと金堂に安置され、現在は寺内の霊宝館に移されている。仁和4年(888年)創建時の本尊といわれる。
  • 木造薬師如来坐像 - 本坊北側にある霊明殿(仁和寺の歴代門跡の位牌をまつる堂)の本尊。1986年、京都国立博物館の調査で初めて概要が明らかになり、1990年、国宝に指定された。康和5年(1103年)、白河天皇の皇子・覚行法親王の発願により仏師円勢と長円が造像したものである。本体の像高11センチメートル、光背と台座を含めても24センチメートルほどのビャクダン(白檀)材の小像で、光背には七仏薬師像と日光・月光菩薩、台座には前後左右各面に3体ずつの十二神将を表す入念な作である。
  • 絹本著色孔雀明王像(絵画) - 中国北宋時代の仏画。
  • 宝相華蒔絵宝珠箱(ほうそうげ まきえ ほうじゅばこ)(附:木製彩絵四天王像4枚) - 平安時代前期の漆工芸品。蒔絵の初期の遺品として貴重。
  • 三十帖冊子(30帖)・宝相華迦陵頻伽蒔絵𡑮冊子箱(ほうそうげ かりょうびんが まきえ そく さっしばこ(「そく」は土へんに「塞」)) (附:行遍僧正消息1巻、三十帖策子々細1巻)- 「三十帖冊子」は、空海が唐から持ち帰った写経の小冊子(サイズは縦横とも十数センチメートル)30冊で、一部に空海自筆を含む。古来、真言宗の重宝として尊重されている。付属の箱は朝廷から下賜されたもので、平安時代の漆工芸品として貴重である。
  • 御室相承記 6巻 - 仁和寺の歴代法親王の記録。鎌倉時代。
  • 高倉天皇宸翰消息(附:守覚法親王消息) - 「宸翰」は天皇の直筆、「消息」は手紙の意。若くして崩御した高倉天皇の18歳の筆で、同天皇の現存唯一の遺筆。
  • 後嵯峨天皇宸翰消息 - 後嵯峨天皇の確証ある遺筆としては唯一のもの。
  • 黄帝内経明堂 巻第一 2巻(永仁四年、永徳三年書写)、黄帝内経太素 23巻(仁安二年、同三年書写) - 中国の医学書『黄帝内経』の注釈書。「明堂」は鎌倉-南北朝時代、「太素」は平安時代の写本。
  • 医心方 巻第一、第五、第七、第九、第十残巻 5帖 - 日本最古の医学書『医心方』の平安時代後期の写本。
  • 新修本草 巻第四、第五、第十二、第十七、第十九 5巻 - 唐時代の薬草に関する本『新修本草』の鎌倉時代の写本。

重要文化財[編集]

二王門
五重塔

建造物[編集]

  • 「仁和寺」14棟
    • 五重塔
    • 観音堂
    • 中門
    • 二王門
    • 鐘楼
    • 経蔵
    • 御影堂
    • 御影堂中門
    • 九所明神社本殿 3棟
    • 本坊表門
    • 遼廓亭
    • 飛濤亭

絵画[編集]

  • 絹本著色聖徳太子像
  • 絹本著色僧形八幡神影向図
  • 紙本白描及著色密教図像 17点
    • 唐本曼荼羅図(金剛界五仏等)、唐本曼荼羅図(千臂軍荼利等)、阿弥陀如来像、阿弥陀如来像、摩尼珠像、如意輪観音、地蔵菩薩曼荼羅図、唐本蜜菩薩像、不動明王二童子像、不動明王三童子像、愛染明王像、毘沙門天像、毘沙門天像、迅疾金剛童子像、一切念誦行事勾当像(以上白描)、襄麌利毒女像、北斗曼荼羅図(以上著色)
  • 紙本墨画高僧像 1巻
  • 紙本墨画四天王図像 1巻
  • 紙本墨画弥勒菩薩画像集 1帖
  • 紙本墨画薬師十二神将像 1巻
  • 紙本墨画別尊雑記(図像入)57巻
  • 絹本著色賢聖障子 20面 狩野孝信筆 慶長19年(1614年)[1]

彫刻[編集]

  • 厨子入木造愛染明王坐像
  • 木造吉祥天立像
  • 木造悉達太子坐像 - 当初「木造聖徳太子坐像」として指定。1991年に現名称に変更[2]
  • 木造増長天・多聞天立像
  • 木造文殊菩薩坐像

工芸品[編集]

  • 住吉蒔絵机
  • 色絵瓔珞文花生 仁清作 
  • 銅製舎利塔・五鈷鈴・三鈷鈴・九頭竜鈴・五鈷杵
  • 日月蒔絵硯箱
  • 宝珠羯磨文錦横被(附:宝珠羯磨文錦裂)

書跡典籍[編集]

  • 絹本墨書尊勝陀羅尼梵字経(伝不空三蔵筆) 
  • 紺紙金泥薬師経 光格天皇宸翰、済仁親王書継 
  • 孔雀経 巻中下 2巻
  • 十地経 並十力経・廻向輪経 2帖
  • 草書法華玄義 巻第二、第八 2帖 
  • 如意輪儀軌 天正二年任助法親王跋(附:相承文書2通)
  • 般若経理趣品 建仁二年藤原良経書写奥書
  • 理趣釈 淳祐筆 延喜廿年奥書 
  • 仁和寺黒塗手箱聖教(しょうぎょう) 65巻、3冊、138帖、32通、16鋪、28枚(附:聖教箱2棹)[3]
  • 淡紫紙金泥般若心経 桜町天皇宸翰 
  • 秘密曼荼羅十住心論(巻第六補写)10帖 
  • 摧邪輪 2帖1冊 巻上正和5年(1316年)書写、巻中元応元年(1319年)書写、巻下享禄3年(1530年)書写[4]
  • 万葉集注釈 9冊
  • 後鳥羽天皇御作無常講式 建長元年書写奥書
  • 後宇多天皇宸翰消息(五月十一日 御法号)
  • 後宇多天皇宸翰消息(徳治二年九月廿日)
  • 後醍醐天皇宸翰消息(何事候哉云々)
  • 後醍醐天皇宸翰消息(去夜心閑云々)
  • 孔雀明王同経壇具等相承起請文
  • 承久三、四年日次記残闕 
  • 消息 1巻(高野御室消息 1通、華蔵院宮法印消息 1通、返事案 2通)
  • 貞観寺根本目録(貞観十四年三月九日) 
  • 法勝院領田地公験紛失状(安和二年七月八日) 


考古資料、歴史資料[編集]

  • 仁和寺境内出土品 一括
    • 金堂阯出土 銅板経 銅筥付120枚、金銅輪宝1箇、銅四橛1本
    • 円堂阯出土 金盒子1口、銀小盒子1口、白磁盒子1口、青磁盒子2口(1口蓋亡失)(金盒子は1947年盗難)[5]
    • 附:唐草瓦1枚(裏面に東寺と型押あり)
  • 日本図 嘉元三年書写奥書

典拠:2000年(平成12年)までに指定の国宝・重要文化財については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000)による。

登録有形文化財[編集]

  • 宸殿
  • 大玄関
  • 白書院
  • 黒書院
  • 霊明殿
  • 勅使門
  • 皇族門
  • 霊宝館

名勝(国指定)[編集]

  • 御室(サクラ) - 一帯の桜が国の名勝に指定されている。後述。

史跡(国指定)[編集]

  • 仁和寺御所跡

御室八十八ヶ所霊場[編集]

御室八十八ヶ所、一番霊山寺

1827年文政10年)に、仁和寺第29世門跡であった不壊身院御室・済仁法親王が、四国八十八箇所を巡拝ができない人々のために発願し、仁和寺寺侍久富遠江守に命じて、四国八十八箇所を巡拝して、各札所の砂を持ち帰らせた。仁和寺境内の成就山に四国八十八箇所を模して、同じ数の88宇の堂を設けて、持ち帰った砂を設けた堂に埋めたことが起源とされる。

成就山に四国八十八箇所霊場を小規模に再現した巡礼地である。各札所にあたる小規模な堂が約3キロメートルの山道沿いに点在する。88宇の堂には実際の四国八十八箇所の札所寺院と同じ本尊と弘法大師を祀ってある。成就山八十八ヶ所とも称される。

また、かつては「御室 仁和寺 成就山88ヵ所スタンプハイク」が仁和寺主催で年6回行われていた。

御室桜[編集]

御室桜

仁和寺の桜には特に「御室桜(おむろざくら)」の名が付いている。江戸時代から名高く、貞亨元年の雍州府志には「今御室清水為一双」、享保三年の貝原益軒の京城勝覧には「春は此御境内の奥に八重ざくら多し。洛中洛外にて第一とす」と絶賛されていた。

約200本あり、八重咲き。樹高が低いのは、この地の岩盤が固く、深く根を張れないためという。「花(鼻)が低い」ということから「お多福桜」ともいう。この事から京都では、背が低くて鼻が低い女性のことを「御室の桜のような」と評することがあるという。満開は例年4月20日過ぎと遅く、桜の名所の多い京都で季節の最後を飾る。御室桜は日本さくら名所100選に選定されている。

クローン技術による増殖の研究が行われている[6]

授与品[編集]

御室桜でよく知られることから、授与品としてがデザインされたお守りがある。また、人工ではない、植物の四つ葉のクローバーを使ったお守り「幸福守」・「縁結び守」がある。

霊明殿の本尊・薬師如来にちなんで、薬師如来の縁日である毎月8日に限り、金堂前の寺務所に申し出ると、有料であるが薬師如来の御朱印を受けられる。

仁和寺を舞台にした映画[編集]

公演会場としての仁和寺[編集]

仁和寺ではたまに、参道に客席を設置して、ライブを開催することがある。ライブを行うのは、メジャーからマイナーアーティストまで幅広い。

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

不祥事[編集]

  • 過重労働によるうつ病発症労災認定 - 2013年7月、労働基準監督署は、仁和寺が経営する宿泊施設御室会館で働く料理長が月200時間の残業により、うつ病を発症したことについて、労災を認定した[7]。料理長は2012年8月にうつ病の診断を受けたため休業したが、うつ病発症前年の1年間の勤務日数は356日に及んでいた。その後、休業中や時間外の未払い賃金4700万円を求める訴訟を仁和寺に対して起こした。2016年4月12日、京都地裁で仁和寺に約4200万円の支払いを命じる判決が下された。判決理由で、「極めて過酷な長時間労働を強いて、多額の時間外手当を労働基準法に違反して支払っておらず悪質」とし、業務と発症との因果関係も認めた[8]

参考文献[編集]

  • 山本健吉、森諦円 『仁和寺』 井上靖・塚本善隆・監修、淡交社〈古寺巡礼京都11〉、京都、1977年全国書誌番号:77011003NCID BN0352385X
  • 竹村俊則 『昭和京都名所圖會 洛西』4、駸々堂、京都、1983年ISBN 4397501300NCID BN00765841
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝(仁和寺)』4号、朝日新聞社・編、朝日新聞社、1997年NCID BA60171264
  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』27、平凡社、平凡社。
  • 『角川日本地名大辞典 京都府 総説・地名編』第26上巻、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1978年全国書誌番号:82036781NCID BN00094881
  • 『角川日本地名大辞典 京都府 地誌編・資料編』第26下巻、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1982年全国書誌番号:82036781NCID BN00094881
  • 『国史大辞典』 八代國治・ほか編纂、吉川弘文館。NCID BA4436909X

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成22年6月29日文部科学省告示第97号
  2. ^ 平成3年6月21日文部省告示第84号
  3. ^ 平成15年5月29日文部科学省告示第104号
  4. ^ 平成13年6月22日文部科学省告示第109号
  5. ^ 盗難年次は文化庁文化財保護部監修『文化財保護行政ハンドブック 美術工芸品編』(ぎょうせい、1998)、p.126、による。
  6. ^ “総本山仁和寺にんなじ 御室桜おむろざくら研究プロジェクト:“名勝 御室桜”組織培養による苗木増殖に成功” (日本語) (プレスリリース), 住友林業, (2014年3月4日), http://sfc.jp/information/news/2010/2010-02-10.html 2010年4月4日閲覧。 
  7. ^ “長時間労働でうつ…料理長、世界遺産の寺を提訴”. 読売新聞. (2014年1月24日). http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20140124-OYT8T00790.htm 2014年3月4日閲覧。 
  8. ^ 仁和寺に4200万支払い命令 「精神疾患発症」と58歳元料理長訴え 産経west 2016年4月12日

外部リンク[編集]