金剛杵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金剛杵(ネパール)

金剛杵(こんごうしょ、: वज्र vajra, ヴァジュラ、ヴァジラ)は、密教チベット仏教における法具である。

仏の教えが煩悩を滅ぼして菩提心悟りを求める心)を表す様を、インド神話上の武器に譬えて法具としたものである。

形状[編集]

基本的な形は棒状で、中央に柄(鬼目部)がある。鬼目は大日如来と観想され、行者は大日如来と一体化する行法としてその膨らみを握った[1]。その上下に槍状の刃が付いている。刃の数や形によっていくつかのバリエーションがあり、それぞれ固有の名称をもつ。

神話[編集]

インド神話では、ヴァジュラはインドラ帝釈天)の武器である。「金剛杵」の漢名どおり、金剛(非常に硬い金属、もしくはダイヤモンド)でできており、を操る。

神話は金剛杵(ヴァジュラ)の由来を次のように説く:

インドラ(帝釈天)は、ヴリトラ(蛇の形をした悪魔の首領)を倒すため、ブラフマー梵天)に相談した。ブラフマー(梵天)は、「ダディーチャという偉大な聖仙に骨を下さいと頼めば、彼(ダディーチャ)は身を捨てて、自分の骨をくれるから、その骨でヴァジュラ(金剛杵)を造れ。速やかに実行せよ。」と述べた。インドラは、ダディーチャの隠棲処でそのように頼んだところ、太陽のごとく輝くダディーチャは、「お役に立ちましょう。身を捨てます。」と述べて息をひきとった。インドラたち神々はダディーチャの骨を取り出し、トゥヴァシュトリ(工巧神)を呼んで目的を告げた。トゥヴァシュトリ(工巧神)は一心不乱に仕事に励みヴァジュラ(金剛杵)を造り上げた。インドラはそのヴァジュラ(金剛杵)をつかんでヴリトラ(蛇の形をした悪魔の首領)を粉砕した。

— 『マハーバーラタ[2]

日本[編集]

日本には奈良時代から平安時代にかけて中国から伝わったと考えられる。護摩など密教の儀式において用いられ、祭壇に置かれている。 また、天台宗では仏堂を建立する際に本尊を安置する須弥壇の下に安鎮の結界(安鎮家国法)を作るが、独鈷杵を安鎮の霊器として用いた出土例がある[1][3]

古くは輸入して用いられていたが、平安時代以降は国産の物が増え、今日日本の寺院において輸入品が用いられることはほとんどない。

金剛杵を執る主な諸天[編集]

金剛杵の種類[編集]

独鈷杵(とっこしょ、どっこしょ)
槍状の刃が柄の上下に一つずつ付いたもの。
三鈷杵(さんこしょ)
刃がフォークのように三本に分かれたもの。
五鈷杵(レプリカ)
五鈷杵(ごこしょ)
中央の刃の周囲に四本の刃を付けたもの。
七鈷杵(ななこしょ)
中央の刃の周囲に六本の刃を付けたもの。
九鈷杵(きゅうこしょ、くこしょ)
中央の刃の周囲に八本の刃を付けたもの。
宝珠杵(ほうじゅしょ)
柄の上下に刃ではなく如意宝珠を付けたもの。
宝塔杵(ほうとうしょ)
柄の上下に刃ではなく宝塔を付けたもの。
鬼面金剛杵
柄に鬼の顔の飾りがついたもの。
金錍(こんべい)
独鈷杵の両端に宝珠が付いたもの。
羯磨(かつま)
二つの金剛杵を十字に組み合わせた形のもの。類似した物に車輪の様な輪にスポークの様に刃が付いた「輪鈷杵(りんこしょ)」も存在し、これもスポーク型の刃の数で種類がある。
金剛鈴(こんごうれい)
片側に刃のかわりに鈴が付いたもの。
割五鈷杵(わりごこしょ)
縦に二分割できる五鈷杵で、その中心に仏舎利を入れることを目的とするもの。また、分割した際にそれぞれが人形(ひとがた)にも見えることから、真言立川流においては「人形杵」(にんぎょうしょ)とも呼ばれた。現在は、一般に使用することはない。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 小野正敏、五味文彦、萩原三雄 編『金属の中世:資源と流通』高志書院 2014年、ISBN 9784862151377 pp.158-162
  2. ^ 上村勝彦 『インド神話 マハーバーラタの神々』 筑摩書房、2003年 95頁。
  3. ^ 石清水八幡宮で銅製法具出土 京都”. 日本経済新聞 電子版. 2015年10月16日閲覧。

参考文献[編集]