徒然草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正徹本・永享三年(1431年)写

徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好(兼好法師、兼好、卜部兼好)が書いたとされる随筆清少納言枕草子』、鴨長明方丈記』とならび日本三大随筆の一つと評価されている。

概要[編集]

徒然草の作者 吉田兼好(『前賢故実菊池容斎画 明治時代)

兼好を作者とするのが僧・正徹(後述)以来、定説になっている(ただし正徹は100年ほど後の人物であり、兼好が書いたとする明確な証拠はない)。

成立については、室町幕府の九州探題である今川貞世(了俊。兼好の弟子の命松丸と親交があった)が、兼好の没後、草庵に残っていた原稿を編纂したと言われてきたが、疑わしい[1]。国文学者橘純一は、鎌倉時代末期、1330年8月から1331年9月頃にまとめられたとし、長く有力説とされてきた[2]。この説によれば南北朝の争乱以前に中年期の兼好が著したことになるが、異論もある。現在は長年書き溜めてきた文章を1349年頃にまとめたとする説も有力になっている。

序段を含めて244段から成る。文体は和漢混淆文と、仮名文字が中心の和文が混在している。序段には「つれづれなるままに」書いたと述べ、その後の各段では、兼好の思索や雑感、逸話を長短様々、順不同に語り、隠者学の一に位置づけられる。兼好が歌人、古典学者、能書家などであったことを反映し、内容は多岐にわたり、また、兼好が仁和寺がある双が丘(ならびがおか)に居を構えたためか、仁和寺に関する説話が多い。 徒然草が伝える説話のなかには、同時代の事件や人物について知る史料となる記述が散見され、歴史史料としても広く利用されている。中でも平家物語の作者に関する記述(226段)は現存する最古の物とされる。

『徒然草』序段[3]
つれづれなるまゝに、日くらし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ。

作品の名にもとられる書き出しの「つれづれ」(徒然)は「やるべき事がなくて、手持ち無沙汰なさま」[4]を意味する。「つれづれなり」と「よしなしごと」や、「書き付く」は先行する文学にも用いられている組合せであり、作品および自己を卑下する謙遜の辞である[5]

執筆後約百年間は注目されなかったようで、同時代の史料に『徒然草』への言及は伝わらない。室町中期に僧・正徹が注目し、自ら書写した写本にこの作品を兼好法師のものとし、兼好の略歴も合わせて記している。これが正徹の弟子の歌人や連歌師たちに波及し、応仁の乱の時代に生きた彼らは、「無常観の文学」という観点から『徒然草』に共感をよせた。江戸時代になると、版本が刊行され、加藤磐斎の『徒然草抄』(1661年、寛文1年)、北村季吟の『徒然草文段抄』(1667年、寛文7年)といった注釈書も書かれていく。『徒然草』に記された教訓は町人などにも親しみやすく、身近な古典として愛読され、江戸期の文化に多大な影響を及ぼした。こうして『徒然草』は古典となり、文学史上の位置が確定した。写本は江戸時代のものが多く、室町時代のものは非常に少ない。

諸本[編集]

現存最古の写本は、正徹が永享三年(1431年)の3月27日および4月12日に上下二巻を書写・校合した本(正徹本・静嘉堂文庫蔵)である。現存する諸本は、通説では

の4種類に分類されるとされる[6]

絵画[編集]

絵画化は近世に入ってからと見られ、寛永7年(1630年)刊の絵入版本が最古とされる。その後絵入の『徒然草』は広く愛好され、土佐光起住吉具慶如慶海北友雪といった当時一流の絵師の筆による絵巻、画帖が現存している。特に海北友雪の「徒然草絵巻」(サントリー美術館蔵、全20巻)は、『徒然草』のほぼ全ての章段を絵画化した大作である。また、絵本や絵入版本も大量に作られ、今日でも数多く残る。

解釈[編集]

江戸時代以降はもっぱら教訓書として読まれてきたが、国文学者の内海弘蔵は「趣味論者」兼好による「一大趣味論」と捉えている[7]。また、兼好の無常観、死生観を強調する見方もある。

評価[編集]

小林秀雄は「徒然草」という短いエッセイで、兼好の「物が見え過ぎる眼」を指摘し、本書を「空前の批評家の魂が出現した文学史上の大きな事件」と評価している[8]

加藤周一は、徒然草の他に類を見ない顕著な特徴として、「心に移りゆくよしなしごと」を次々と書きとめることで、多面的でしばしば相反する思想を一冊の小著にまとめあげた点を指摘している[9]。この点において加藤は、徒然草にジェイムズ・ジョイスの「意識の流れ」の先駆を見ている。

清水義範は徒然草を「日本の知的エッセイの基本形、知識人エッセイの原形」と評しており、エッセイは「世の中の間違いを叱り飛ばす」形式で書くべきという思い込みに囚われていると指摘している[10]。清水は、人間は皆、兼好が徒然草で喝破したように、毒を吐いて「けしからん」と言うのが愉しいのだと指摘する[11]

参考文献[編集]

  • 加藤周一『日本文学史序説(上)』 筑摩書房
  • 清水義範『身もフタもない日本文学史』 PHP研究所〈PHP新書〉、2009年7月、ISBN 978-4-569-70983-3
  • 上野友愛 佐々木康之 内田洸(サントリー美術館)編 『徒然草 美術で楽しむ古典文学』 サントリー美術館、2014年6月

漫画化作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川瀬一馬校注『徒然草』解説(講談社文庫、p310)。
  2. ^ 前掲書。五味文彦『増補「徒然草」の歴史学』(角川ソフィア文庫、2014年、p308)も1330年を画期と捉えている。
  3. ^ 表記は久保田淳校注、新日本古典文学大系『方丈記 徒然草』岩波書店、1989年により、一部改変。
  4. ^ 「徒然」『日本国語大辞典』第二版(オンライン版)、2000‐2002年
  5. ^ 久保田淳校注、新日本古典文学大系『方丈記 徒然草』岩波書店、1989年
  6. ^ 廣田哲通「徒然草常縁本系統の一考察 - 章段配列を中心に -」『文学史研究』13、1972年
  7. ^ 三木紀人「徒然草研究史」(『徒然草講座3』有精堂、1974年。p32)。内海弘蔵「兼好が趣味論としての徒然草」[1](『徒然草評釈』1911年)。
  8. ^ 『モオツァルト・無常という事』新潮文庫、1961年、p64-65。
  9. ^ 加藤周一『日本文学史序説(上)』p371
  10. ^ 身もフタもない日本文学史・67頁
  11. ^ 身もフタもない日本文学史・68頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]