嵯峨本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

嵯峨本(さがぼん)とは、日本近世初期に行われた古活字本である。

概要[編集]

京都嵯峨の豪商、角倉家が本阿弥光悦らの協力を得て出版を行った。角倉本、光悦本ともいわれる。

16世紀末にキリシタン版朝鮮半島を通じて活版印刷術が伝わったことに刺激を受けて、日本でも次第に出版が盛んになってゆくが、その最初期のものの一つが嵯峨本である。当時の京都には富を蓄積した商人、五山版以来の職人、読者層が存在していたことが嵯峨本が生まれた背景である。

藤原惺窩ら儒学者とも交友を持った角倉素庵了以の子)が出版業を思い立ち、本阿弥光悦、俵屋宗達らの協力で出版したものが嵯峨本といわれる古活字本である。17世紀の始め(慶長元和期)に作られ、雲母刷の用紙を使ったり、装幀に意匠が凝らされた豪華本であった。

内容は古典文学が主で『伊勢物語』『徒然草[1]方丈記』のほか、謡曲の本が残されている。なお、「源氏物語」の嵯峨本と伝えられるものは嵯峨本とするには疑問があるため「伝嵯峨本源氏物語」と呼ばれている。

木活字[編集]

嵯峨本は、一文字/一活字で組み合わせるのではなく、光悦(素庵の説もある)が書いた縦書き、崩し字の文字を数字(2-3字など)単位で木活字に作り、組み合わせて製版していた。伊勢物語では約2100個の活字が作られ、加えて1度しか使わない活字が全体の16%にも及ぶなど[1]制作に手間がかかった。繰り返し版を重ねるには木版印刷の方が容易であることから、やがて木活字は衰えてしまい、日本の印刷の歴史は活字印刷から木版印刷に逆行するような形となった。

関連本[編集]

  • 辻邦生『嵯峨野名月記』 嵯峨本をテーマにした小説

注釈[編集]

  1. ^ a b NIKKEI ART REVIEW 「嵯峨本」の謎、活字を芸術にする 『日本経済新聞』 2011年3月10日付朝刊 p.33

出典[編集]

外部リンク[編集]