安良岡康作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安良岡 康作(やすらおか こうさく、1917年9月14日 - 2001年10月1日)は、日本の国文学者東京学芸大学名誉教授。日本中世文学、国語教育専攻。

略歴[編集]

  • 1917年9月14日、埼玉県熊谷市に生まれる。
  • 1934年3月、第二東京市立中学校(のち東京都立上野高等学校)第4学年修了。在学中、西尾実の教えを受ける。
  • 1937年3月、第一高等学校卒業
  • 1940年3月、東京帝国大学文学部国文学科卒業。卒業論文「徒然草の自照性」。
  • 1940年4月、日本文化中央聯盟研究員。
  • 1941年4月、長野師範学校教諭。
  • 1947年4月、東京第二師範学校女子部教諭。
  • 1949年4月、東京学芸大学助教授。
  • 1971年6月、東京学芸大学教授。
  • 1981年4月、東京学芸大学定年退職。6月、名誉教授となる。
  • 1981年4月、専修大学文学部教授。
  • 1988年3月、専修大学定年退職。
  • 2001年10月1日、死去。享年84。叙従四位、叙勲四等旭日小綬章

著作[編集]

  • 『読むこと』(1956、福村書店)
  • 『徒然草全注釈』上下巻(1967-1968、角川書店)
  • 『中世的文学の探究』(1970、有精堂出版)
  • 『徒然草 現代語訳対照』(1971、旺文社文庫)
  • 歎異抄 現代語訳対照』(1974、旺文社文庫)
  • 『文芸作品研究法』(1977、笠間書院)
  • 『新研究古文』(1978、旺文社)
  • 方丈記』(1980、講談社学術文庫)
  • 『中世的文芸の理念』(1981、笠間書院)
  • 『古典鑑賞徒然草の世界』(1983、教育出版)
  • 『歎異抄全講読』(1990、大蔵出版)
  • 『日本文芸における個性的文体の考察』(1992、笠間書院)
  • 『西尾実の生涯と学問』(2002、三元社)
  • 正法眼蔵・行持』上下(2002、講談社学術文庫)