放送作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

放送作家(ほうそうさっか)とは、放送番組(テレビ番組ラジオ番組)制作に於ける「企画」・「構成」と呼ばれる仕事を専門に行う作家である。構成を行う作家の意味で構成作家(こうせいさっか)とも言う。放送業界では、ただ単に「作家」とも言う。ラジオ業界では、構成作家という呼び方が一般的。

概要[編集]

仕事の内容・種類[編集]

企画とはプロデューサーディレクターの要請に応じて、番組プラン・案を企画書に起こす作業である。一方構成とは、番組の進行プランを練り上げ、放送台本を作成する仕事を指す。放送番組は放送作家が書いた構成台本を元に制作される。ディレクターやプロデューサーが台本を書かずに、案だけを企画や構成にする場合もある。

放送作家の主な仕事は、担当する番組の制作会議に出席し、ナレーション原稿や番組台本などを書くことである。ラジオ番組の場合はこれらの他に、投稿葉書・FAX・メール選びや収録の立ち会い、番組の進行指示も行う。テレビ番組の場合は、番組のスタッフロールなどに記載されることが多いが、ラジオ番組の場合は名前が出るのは稀で、番組がCD化されても記載されないことが多い。24時間テレビ 「愛は地球を救う」や「27時間テレビ」、「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」などの長時間番組の台本は分厚く、放送作家一人で台本を書くのは不可能に近い作業であるため、複数の放送作家が分担して書いている。

ラジオ番組の場合は、その性質上少人数で制作できるため、ディレクター(ミキサーを兼務する場合は、エンジニアとも呼ばれる)・アシスタントディレクターが放送作家を兼務することも多い。

特殊な分野の放送作家としては、特定の芸能人ブレーンを担当する「座付き作家」(元々は劇団専属脚本家に対する呼称)、クイズ問題の作成を専門とする「クイズ作家」、番組監修等の企画プロデュース業を中心とする「プランナー」(通称、企画屋)等がある。

なお、ドラマの台本を書く職種は脚本家と呼ばれ、放送作家とは呼ばない。

娯楽番組黎明期の代表的放送作家に、三木鶏郎がおり、彼を中心にキノトール能見正比古永六輔神吉拓郎野坂昭如らがトリローグループを構成し活躍、テレビ放送が始まると、これらの作家群に、前田武彦大橋巨泉青島幸男小林信彦井上ひさしらが加わり、後の放送文化に大きな影響を与えた。

青島幸男景山民夫秋元康清水ミチコらのように、放送作家のときに才能を見出されて、タレント小説家政治家などに転身する者もいる。逆に明石家さんまダンカンのように、タレントが自分の番組で企画・構成といった放送作家の仕事に関わったり、タレントから放送作家に転身する場合もある。

収入[編集]

実力が認められ仕事量が増えれば当然収入も増える。放送作家の収入はピンからキリまであり、多くのテレビ番組を手がける放送作家は土地高級車が買えるまでになるとも言われている。その番組に出演する芸能人などが放送作家と同様に制作に関わる際には、クレジットに名前が載る。その際は、番組の出演料に制作に関った分のギャランティーが上乗せされる。

ラジオ番組ではギャランティーがテレビ番組に比べて1・2桁程度安いため、これをカバーするために、別に本業(主にフリーライター)を持っていたり、パーソナリティを兼務する者もいる。

放送作家になるためには[編集]

放送作家になる為に必要な資格は特にない。プロの放送作家に弟子入りするか、専門学校で学ぶ(「放送作家セミナー」と呼ばれる放送作家を育成する講座も存在する)、またはラジオ番組の常連ハガキ投稿者(ハガキ職人)・制作デスクのアルバイトがラジオ局のスタッフに認められ、放送作家見習いを経て放送作家になるのが一般的。その後は放送作家の事務所に所属したり、フリーで活躍する者も多い。昔は小説家や脚本家から放送作家になる者が多かったが、最近は芸人として夢破れてから放送作家に転身する者も多い。

いずれも徹夜で作業が続く為、ある程度の体力が必要である。

また下積み時代は量産を覚える為、一日につきギャグ100個考えるのが業界内の掟である。

主な放送作家一覧[編集]

あ行[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行 わ行[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]