堀部圭亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほりべ けいすけ
堀部 圭亮
本名 同じ
別名義 火野 玉男
竜泉
生年月日 (1966-03-25) 1966年3月25日(52歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]台東区[2]
身長 178cm[1]
血液型 O型[1]
職業 俳優タレント放送作家脚本家映画監督
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1986年 -
事務所 鈍牛倶楽部
公式サイト DONGYU OFFICIAL SITE

堀部 圭亮(ほりべ けいすけ、1966年3月25日 - )は、東京都[1]台東区出身[2]俳優タレント放送作家。放送作家としては竜泉(りゅうせん)のペンネームを使う[3]鈍牛倶楽部所属。

来歴・人物[編集]

松田優作に憧れ[4]、俳優になるために高校を中退した[2]1986年お笑いコンビパワーズ」で中学校の同級生だった須間一弥の2代目パートナーとしてデビュー[2][5]。当時の芸名は火野 玉男(ひの たまお)[2][5]。相方の須間と共に茶々隊(CHA-CHAの前身)のオーディションを受け合格し、『欽きらリン530!!』(日本テレビ系)に出演。

1991年にパワーズから脱退した後は本名で活動を開始し、翌年の1992年に元CHA-CHAのメンバー、勝俣州和と「K2」を結成[2][5]。『笑っていいとも![2]風まかせ 新・諸国漫遊記』(フジテレビ系)などのバラエティ番組に出演していた。

1996年にはSABU監督の映画『弾丸ランナー』に出演。以降映画作品への出演が増え始める。

人気者でいこう!』(1997年-2001年)(朝日放送テレビ朝日系)では、進行役の覆面男など様々なキャラクターを演じ、2007年12月まで放送作家兼準レギュラー扱いで出演していた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の「七変化」では、シュールな役作りに挑んだ。

ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(出演時期1996年-2001年)(日本テレビ系)ではドーバー海峡横断部のメンバーとなり、アンカーとしてフランスにゴールし、リレー水泳による横断を達成。

弾丸!ヒーローズ』(2001年-2002年)(朝日放送・テレビ朝日系)に出演後、役者と放送作家としての活動を中心にし、数々の映画やドラマに出演。バラエティ番組に関しては『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)に時折出演をしている。

2008年ロカルノ国際映画祭短編オフィシャルコンペティション部門にて主演短編「BABIN」(平林勇監督)が審査員特別賞及び学生審査員賞受賞。

2009年、初監督作品『悪夢のエレベーター』公開[4]

2010年第60回ベルリン国際映画祭短編オフィシャルコンペティション部門に主演短編「aramaki」(平林勇監督)がノミネートされる。

エピソード[編集]

  • 幼少期の知能指数テストがIQ180だった[4]
  • 2012年大河ドラマ平清盛』では初めて大河ドラマのレギュラー出演を果たす。なお、『NHK大河ドラマ・ストーリー』第1刷では大河初出演と書かれていたが、これは誤り(『新選組!』に出演していたため)。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 代償(2016年10月、hulu) - 茂手木一之 役

舞台[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

放送作家[編集]

監督[編集]

DVD
  • やさぐれぱんだ 白盤・黒盤(2007年) - 兼脚本
  • やさぐれぱんだ 金盤・銀盤・銅盤(2008年) - 兼脚本
  • やさぐれぱんだ 笹盤・竹盤(2011年) - 兼脚本
映画

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 堀部圭亮|鈍牛倶楽部”. DONGYU OFFICIAL SITE. 鈍牛倶楽部. 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 堀部圭亮”. KINENOTE. 2016年7月1日閲覧。
  3. ^ 堀部圭亮 (2009年10月22日). 『悪夢のエレベーター』/堀部圭亮インタビュー. インタビュアー:熊谷真由子. ぴあ映画生活.. http://cinema.pia.co.jp/interviews/26741/34/ 2013年12月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d 堀部圭亮 (2009年). 『悪夢のエレベーター』堀部圭亮監督インタビュー. インタビュアー:白石、梅木. cinemajournal.. http://www.cinemajournal.net/special/2009/akumu11/ 2015年8月1日閲覧。 
  5. ^ a b c 堀部圭亮 (2010年3月16日). 人生、他にも道はあるから大丈夫. (インタビュー). ORICON STYLE.. オリジナルの2013年12月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20131217215500/http://life.oricon.co.jp/interview/20100316_01.html 2016年7月1日閲覧。 
  6. ^ 「花子とアン」で敵役 俳優・堀部圭亮は元芸人で放送作家”. 日刊ゲンダイ (2014年8月22日). 2015年8月1日閲覧。
  7. ^ 鈴木亮平「全局で結果を出したい」 実写版『銭形警部』ゲスト出演者発表”. ORICON NEWS. オリコン (2016年12月26日). 2018年8月20日閲覧。
  8. ^ 木下ほうか&堀部圭亮が主演? ドラマ『アキラとあきら』パロディ版写真”. マイナビニュース (2017年8月5日). 2017年12月10日閲覧。
  9. ^ “今週のMissデビル:最終回 ホテル火災事故の真相が明らかに 父の真相を知った眞子の判断は”. MANTANWEB. (2018年6月16日). https://mantan-web.jp/article/20180615dog00m200044000c.html 2018年8月20日閲覧。 
  10. ^ おもな登場人物(キャスト)”. 捜査会議はリビングで!. NHK (2018年). 2018年8月20日閲覧。
  11. ^ 予習!復讐!ハゲタカ辞典”. ハゲタカ. テレビ朝日 (2018年). 2018年12月5日閲覧。
  12. ^ “司馬遼太郎「関ヶ原」映画化追加キャスト発表 東出昌大ら豪華俳優陣がずらり”. 映画.com. (2017年1月18日). http://eiga.com/news/20170118/10/ 2017年1月18日閲覧。 
  13. ^ 感動の実話を映画化 佐藤健&土屋太鳳がW主演『8年越しの花嫁』特報公開”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月15日). 2018年3月8日閲覧。
  14. ^ 佐野勇斗×本郷奏多「凜」に堀部圭亮「なに?このどっぷりミステリー感!」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年11月9日). 2018年12月5日閲覧。
  15. ^ ドラマの続編となる舞台で、小山慶一郎が再び主演。『0号室の客』、ついに開幕”. チケットぴあ (2010年11月15日). 2018年8月20日閲覧。
  16. ^ 堀部圭亮「泣いてしまうかもしれない」 デビッド・ルボー演出「昔の日々」が日本初上演”. TVfanweb (2014年4月17日). 2014年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]