隠蔽捜査 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
隠蔽捜査 > 隠蔽捜査 (テレビドラマ)

隠蔽捜査』(いんぺいそうさ)は、今野敏の『隠蔽捜査』を原作とした日本の実写映像化作品シリーズ。

テレビ朝日版[編集]

隠蔽捜査
ジャンル テレビドラマ
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2007年10月28日 - 2008年10月4日(2回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 真船禎
原作 今野敏
脚本 西村タカシ
プロデューサー 稲垣健司(テレビ朝日)
照喜名隆(ザ・ワークス)
井上由紀(ザ・ワークス)
出演者 陣内孝則
柳葉敏郎
原田美枝子
大東俊介
井村空美
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング 歴代オープニングを参照
エンディング 歴代エンディングテーマを参照
外部リンク 土曜ワイド劇場
テンプレートを表示

2007年から2008年までテレビ朝日系の2時間ドラマ土曜ワイド劇場」で放送されたシリーズ。全2回。主演は陣内孝則

キャスト(テレビ朝日版)[編集]

主要人物(テレビ朝日版)[編集]

竜崎伸也
演 - 陣内孝則(幼少期:吉武怜朗[1]〈第1作〉)
経歴:警察庁長官官房総務課 課長(第1作) → 大森中央署 署長(第2作)
第1作では警察庁長官官房総務課課長。私利私欲に走らず官僚の基本行動に忠実であり、陰でのあだ名は「警察組織の番犬」。ラストでは息子の不祥事の責任をとって、西杉並署署長に左遷される[2]
第2作では大森署(ドラマでは大森中央署[3])に署長として赴任する。管内で起きた立て篭もり事件では、前線本部長としてSIT・SATや刑事課を指揮を執る事になったが…。
伊丹俊太郎
演 - 柳葉敏郎(幼少期:森優貴〈第1作〉)
警視庁刑事部長。
第1作・北綾瀬の殺人事件で捜査本部長として指揮を執るも警察庁の幹部から「迷宮入り」を指示されるが、その情報をキャッチした竜崎の機転でもみ消しを撤回。正式に容疑者を逮捕。もみ消し工作を知った警察庁長官の激怒により指示した幹部は更迭されるも、伊丹はお咎め無しだった。それ以来、竜崎には恩義を感じており、「頭が上がらない」と明言している。
第2作・大森中央署管内で起きた立て篭もり事件で、指揮本部長として大森中央署に赴く。

竜崎家(テレビ朝日版)[編集]

竜崎冴子
演 - 原田美枝子
伸也の妻。第2作にて胃潰瘍で倒れる。
竜崎邦彦
演 - 大東俊介
伸也の息子。
竜崎美紀
演 - 井村空美
伸也の娘。OL。

ゲスト(テレビ朝日版)[編集]

第1作「驚愕のもみ消し工作」(2007年)
第2作「〜果断〜奇妙な立てこもり事件 署長の危機!」(2008年)

スタッフ(テレビ朝日版)[編集]

放送日程(テレビ朝日版)[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率
1 2007年03月10日 驚愕のもみ消し工作 『隠蔽捜査』 西村タカシ 真船禎 15.3%
2 2008年10月04日 〜果断〜奇妙な立てこもり事件 署長の危機! 『果断 隠蔽捜査2』 11.9%

TBS版[編集]

隠蔽捜査
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2014年1月13日 - 3月24日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 (チーフプロデューサー)
橋本孝
演出 岡本伸吾
酒井聖博
田中健太
原作 今野敏
『隠蔽捜査』シリーズ
脚本 中澤圭規
嶋田うれ葉
松本美弥子
熊本浩武
プロデューサー 橘康仁
出演者 杉本哲太
古田新太
安田顕
松澤一之
三倉茉奈
八十田勇一
鈴木砂羽
生瀬勝久
ナレーター 麻実れい
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング wacci「東京」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回はTBSに限り、19:55 - 20:00に『もうすぐ隠蔽捜査』も別途放送。
テンプレートを表示

2014年1月13日[13]から3月24日まで毎週月曜日20:00 - 20:54[14]に、TBS系の「月曜ミステリーシアター」枠で放送された。

杉本哲太古田新太のダブル主演で、杉本は本作が民放の連続ドラマ初主演、古田はゴールデンタイムの連続ドラマ初主演となる[15]

杉本や松澤一之など、テレビ朝日版のキャストが一部出演している。

キャスト(TBS版)[編集]

詳細な人物説明は原作項目を参照。本項目は簡単な続柄を記載。複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。

主要人物(TBS版)[編集]

竜崎伸也
演 - 杉本哲太(少年期:酒井天満〈第1話・第2話・最終話〉)
経歴:警察庁長官官房総務課 課長 → 大森北警察署 署長
伊丹俊太郎
演 - 古田新太(少年期:篠田涼也〈第1話・第2話・最終話〉)
警視庁刑事部 部長。

竜崎家(TBS版)[編集]

竜崎美紀
演 - 三倉茉奈[16][17]
伸也・冴子の娘。
竜崎邦彦
演 - 佐野玲於
伸也・冴子の息子。
竜崎冴子
演 - 鈴木砂羽
伸也の妻。

大森北警察署[編集]

戸高善信
演 - 安田顕
大森北警察署 刑事課強行犯係 巡査部長。
貝沼悦郎
演 - 松澤一之
大森北警察署 副署長。
斎藤治
演 - 八十田勇一
大森北警察署 警務課 課長。
山田淳也
演 - 春海四方(第1話・第2話)
大森北警察署 地域課 巡査部長。
小松茂
演 - 大浜直樹(第3話・第5話・第9話 - 最終話)
大森北警察署 刑事課強行犯係 係長。
芦田典久
演 - 渡辺憲吉(第6話)
大森北警察署 警備課 課長。
関本良治
演 - 佐戸井けん太(第3話 - 第5話・第8話 - 最終話)
大森北警察署 刑事課 課長。

警察庁(TBS版)[編集]

牛島陽介
演 - 神保悟志(第1話・第2話・第10話)
警察庁長官官房審議官。
谷岡香織[18]
演 - 青山倫子(第1話・第2話・第4話 - 第7話・第10話・最終話)
警察庁長官官房総務課 課長補佐。
上條貴仁[19]
演 - 生瀬勝久
警察庁長官官房総括審議官。

警視庁(TBS版)[編集]

野間崎正嗣
演 - 古舘寛治
警視庁第二方面本部 管理官。
下平栄介
演 - 斎藤歩(第3話・第5話・第10話・最終話)
警視庁刑事部 SIT第2係 係長。
川端守雄
演 - 久松信美(第5話 - 第7話)
警視庁刑事部捜査第一課 課長。

その他[編集]

福本多吉
演 - 中村育二(第1話・第2話・第4話・第8話)
東日新聞社会部 部長。

ゲスト(TBS版)[編集]

第1話 - 第2話
  • 坂上栄太郎(警察庁刑事局捜査第一課 課長) - 矢島健一
  • 宇部隆夫(少年犯罪加害者) - 田島茂樹(第1話のみ)
  • 保志野俊一(少年犯罪加害者) - 河野マサユキ
  • 水戸健介(少年犯罪加害者) - 佐藤匡泰(第1話のみ)
第3話 - 第5話
  • 石渡剛志(警視庁警備部 SAT小隊長) - 藤本隆宏(第3話・第5話のみ)
  • 源田清一(スナック磯菊 店主) - 有薗芳記(第3話・第5話のみ)
  • 源田芳美(清一の妻) - 小椋あずき(第3話・第5話のみ)
  • 瀬島睦利(消費者金融強盗犯) - 重住綾(第3話のみ)
  • 小田切貞夫(警察庁長官官房首席監察官) - 池田成志(第4話・第5話のみ)
第6話 - 第7話
  • 畠山美奈子(警視庁警備部警備第一課 警部) - 伊藤歩
  • ケン・ハックマン(アメリカ合衆国国土安全保障省シークレットサービス特別捜査官) - 岡田浩暉
  • 永芳明日香(羽田空港総合土産店ソライロ アルバイトスタッフ) - 原史奈
  • ジョン・ストリングフィールド(アメリカ合衆国国土安全保障省シークレットサービス特別捜査官) - イアン・ムーア
  • 須永栄樹(警視庁公安部 課長) - 岡本光太郎
  • 小野恵令奈(アイドルタレント・一日警察署長) - 小野恵令奈(本人役・第6話のみ)
  • 柳田雅人(警視庁中央空港警察署警備課 巡査部長) - 小椋毅
  • 小島久雄(トラック運転手) - 小手伸也
  • 久住宏(警視庁中央空港警察署警備課) - スギウチタカシ
  • 布施純一(警視庁刑事部捜査官の情報屋) - 正木俊和
  • 藤本実(警視庁警備部部長) - 金田明夫
第8話 - 第9話
  • 折口秀彦(警察庁警備局公安課 課長) - 飯田基祐
  • 天木兼一(隆東会幹部構成員) - 今奈良孝行(第9話のみ)
  • 八田道夫(元在ブラジル大使館政務参事官) - 山川勝之
  • 若尾光弘(元在コロンビア大使館専門調査員) - 小磯幸記
  • 内山昭之(外務省第三国際情報室室長) - 堀部圭亮
  • 矢島滋(厚生労働省麻薬取締部) - 升毅
第10話 - 最終話
  • 中丸真造(衆議院議員・元経済産業大臣) - 五王四郎
  • 菊地誠(神奈川県警察刑事部捜査第一課 刑事) - 出合正幸
  • 倉持雅史(勲の息子) - 川原一馬
  • 小宮山英二(耕吉の弟) - 森下亮
  • 板橋武(神奈川県警察刑事部捜査第一課 課長) - 小木茂光
  • 田辺勇作(中丸の秘書・元警視庁公安部) - 加藤虎ノ介
  • 榊重臣(警察庁長官官房長) - 大石吾朗
  • 本郷芳則(神奈川県警察刑事部 部長) - 池田政典
  • 島村明彦(神奈川県警察横須賀南警察署 署長) - 水橋研二
  • 倉持勲(建築会社経営者) - 佐藤正宏(第10話のみ)
  • 小牧勝正(神奈川県警察 STS小隊長) - 吉永秀平(最終話のみ)
  • 平井進(中丸の運転手) - 山崎画大

スタッフ(TBS版)[編集]

放送日程(TBS版)[編集]

各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 視聴率[21]
第1話 1月13日 事件は現場だけじゃない!会議室と家庭でも起きてるんだ! 『隠蔽捜査』 中澤圭規 岡本伸吾 8.2%
第2話 1月20日 辞職か大逆転か!? 責任は俺が取る! 7.2%
第3話 1月27日 犯人射殺の謎と罠!最終決断!妻の命か人質の命か! 『果断 隠蔽捜査2』 嶋田うれ葉 酒井聖博 7.5%
第4話 2月03日 「あなたは一国一城の主」―妻から託された想い
さらなる降格か!? 所轄の大逆襲始まる!
田中健太 6.7%
第5話 2月10日 非情の捜査中止命令―
現場の意地を見せてやる!なるか一発逆転!
酒井聖博 6.0%
第6話 2月17日 恋に落ちた警察署長…意外な刺客
来日の米大統領をテロから守れ!
『疑心 隠蔽捜査3』 松本美弥子 岡本伸吾 7.4%
第7話 2月24日 爆弾テロまで72時間!
恋に落ちた署長は米大統領暗殺を防げるか!?
6.3%
第8話 3月03日 キャリア官僚連続殺人―
外務省VS警察庁!? 恐るべきワナを見破れ!
『転迷 隠蔽捜査4』 熊本浩武 田中健太 8.8%
第9話 3月10日 ついに上條失脚へ!
変人コンビがキャリア官僚の大罪を暴き出す!
嶋田うれ葉 酒井聖博 8.3%
第10話 3月17日 変人コンビ最後の事件!
誘拐された国会議員!要求は死刑囚の釈放
『宰領 隠蔽捜査5』 松本美弥子 岡本伸吾 8.8%
最終話 3月24日 変人コンビ最後の大勝負!
国会議員誘拐事件の黒幕を暴き出せ!
7.0%
平均視聴率 7.5%[22](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)


TBS 月曜ミステリーシアター
前番組 番組名 次番組
刑事のまなざし
(2013.10.7 - 2013.12.16)
隠蔽捜査
(2014.1.13 - 2014.3.24)

脚注[編集]

  1. ^ TV - 吉武怜朗 Official WEB SITE
  2. ^ 現実では警視長の階級に在る警察官が所轄の署長職に就くことは左遷人事だとしても在り得ない。
  3. ^ 原作に登場する大森警察署は実在する警察署であるため「大森中央警察署」に名称を変更した。
  4. ^ プロフィール - アルファセレクション
  5. ^ プロフィール - 希楽星(アーカイブ)
  6. ^ プロフィール - ファイブ エイト
  7. ^ プロフィール - 希楽星
  8. ^ 杉本は後のTBS版連続ドラマで竜崎信也役を担当することになる。
  9. ^ プロフィール - オフィス斬
  10. ^ 放送日決定! - 田浦リオブログ 2008年9月30日
  11. ^ プロフィール - NeoAgency
  12. ^ プロフィール - 宝井プロジェクト(アーカイブ)
  13. ^ 古田新太、“あまちゃん便乗”意見に困惑「意識してない」”. ORICON STYLE (2014年1月8日). 2016年8月19日閲覧。
  14. ^ 初回はTBSに限り、19:55 - 20:00に『もうすぐ隠蔽捜査』も別途放送。
  15. ^ “あまちゃん組”杉本哲太&古田新太、刑事ドラマでW主演”. ORICON STYLE (2013年11月21日). 2016年8月19日閲覧。
  16. ^ 近況などなどーっ - 三倉茉奈オフィシャルブログ 2013年12月13日
  17. ^ 三倉茉奈 (2014年2月26日). 三倉茉奈が見ていて安心できる理想の男性のタイプとは!?. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/44751/ 2016年8月19日閲覧。 
  18. ^ 原作の谷岡裕也に相当。
  19. ^ 上條は原作には登場しないドラマオリジナルキャラクター。外務省と結託し麻薬密売組織への潜入捜査を発案・統括する(第8話 - 第9話エピソードより)。
  20. ^ 東京”. ORICON STYLE. 2016年8月19日閲覧。
  21. ^ “杉本哲太&古田新太W主演「隠蔽捜査」最終回は7.0%”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年3月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/25/kiji/K20140325007843370.html 2017年1月20日閲覧。 
  22. ^ “連ドラ評論家・木村隆志が冬ドラマを総括! テレ東『おっさん』躍進でフジは枠廃止 -ベスト&ワースト作品発表”. マイナビニュース. (2014年3月28日). https://news.mynavi.jp/article/20140328-fd/ 2016年8月19日閲覧。 

外部リンク[編集]