水戸黄門 (第14-21部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水戸黄門 第14 - 21部
ジャンル 時代劇
放送国 日本の旗 日本
制作局 C.A.L
(放送局:TBS
監督 各項目を参照
原作 葉村彰子(原案)
脚本 各項目を参照
出演者 西村晃
里見浩太朗(第17部まで)
あおい輝彦(第18部より)
伊吹吾郎
中谷一郎
高橋元太郎
宮園純子
山口いづみ(第17部まで)
由美かおる(第16部より)
せんだみつお(第16部-第17部)
野村将希(第17部より) ほか
音声 モノラル放送
字幕 文字多重放送
オープニング ああ人生に涙あり
エンディング 同上
第14部
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1983年10月31日 - 1984年7月9日(37回)
第15部
放送時間 同上
放送期間 1985年1月28日 - 1985年10月21日(39回)
第16部
放送時間 同上
放送期間 1986年4月28日 - 1987年1月19日(39回)
第17部
放送時間 同上
放送期間 1987年8月24日 - 1988年2月22日(26回)
第18部
放送時間 同上
放送期間 1988年9月12日 - 1989年5月1日(33回)
第19部
放送時間 同上
放送期間 1989年9月25日 - 1990年4月16日(29回)
第20部
放送時間 同上
放送期間 1990年10月22日 - 1991年 10月7日(48回)
第21部
放送時間 同上
放送期間 1992年4月6日 - 1992年 11月9日(32回)
テンプレートを表示

本項では、TBSナショナル劇場(後にパナソニック ドラマシアター→現在の月曜ミステリーシアター)において放送された日本時代劇水戸黄門』(みとこうもん)のうち、1983年放送の第14部から1992年放送の第21部までの西村晃が主演したシリーズについて記述する。

出演者[編集]

各部の概要[編集]

放送日はTBSおよび同時ネット局を基準とし、レギュラー・準レギュラーの経験があるゲストは太字で表記する。

第14部[編集]

水戸黄門 第14部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1983年10月31日-1984年7月9日(全37回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下幸之助
監督 倉田準二
荒井岱志
山内鉄也
居川靖彦
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
里見浩太朗
伊吹吾郎
高橋元太郎
山口いづみ
中谷一郎
片山由香
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第14部」(みとこうもん だい14ぶ)は1983年10月31日から1984年7月9日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全37話(通算418回)。

ストーリー[編集]

盛岡藩のお世継ぎ騒動を解決するために旅に出る。事件解決後に諸国を漫遊した後、高松藩を取り潰そうとする柳沢吉保陰謀があることを名張(第30話)で知り、高松へと向かう。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 第3部で隠居に追い込まれた柳沢が11年ぶりに再登場した。光圀役は西村晃、格之進役は伊吹吾郎、中山備前役は中村竹弥になる。格之進の母多加(高峰三枝子)が初めて登場した。
  • 第13話では志乃の従兄弟・小野塚新九郎(和田浩治)とその妻・絹(本阿弥周子)が登場する。この回で志乃の父・小野塚兵衛と志乃の母が亡くなっていることも語られる。なお、第9部で小野塚兵衛を演じた水島道太郎は第1話で南部藩家老・柴田弥左衛門(由紀の父)を演じている。
  • 第15話の「化物まつり」では光圀・助三郎・格之進・八兵衛が女装している。また、志乃・由紀は男装をしている。
  • 第27話では高部知子が出演する予定だったが、高部がいわゆる『ニャンニャン事件』の影響で降板したため、急遽(きゅうきょ)杉田かおるに変更して撮影し、放送日に間に合わせた。光圀が米俵に腰掛けて叱られるというシーンがある。
  • 第30話では助三郎が、第37話では八兵衛が光圀に扮している。
  • 第6話(1983年12月5日放送)から、福島県での放送局が福島テレビから前日に開局したばかりのテレビユー福島に変更となった。
  • TBSチャンネルでは、2010年ごろに放送されていた。

第15部[編集]

水戸黄門 第15部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1985年1月28日-1985年10月21日(全39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下幸之助
監督 倉田準二
山内鉄也
居川靖彦
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
里見浩太朗
伊吹吾郎
高橋元太郎
片平なぎさ
中谷一郎
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第15部」(みとこうもん だい15ぶ)は1985年1月28日から1985年10月21日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全39話(通算457回)。

ストーリー[編集]

14部の復路、柳沢の陰謀で危機に瀕した福岡藩の娘・綾姫を助け、福岡を目指して旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 綾姫が最終回の江戸まで旅に同行。格之進との淡い思いが描かれた。
  • 福岡藩騒動解決後、弥七が江戸屋敷への伝令として江戸まで走り、第12話から第15話までの4回は登場してない。第16話から一行の元に戻って来たが、その後も弥七の登場しない回があった。
  • TBSチャンネルでは、2010年末まで放送されていた。

第16部[編集]

水戸黄門 第16部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1986年4月28日-1987年1月19日(全39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下幸之助
監督 倉田準二
山内鉄也
居川靖彦
矢田清己
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
里見浩太朗
伊吹吾郎
由美かおる
高橋元太郎
せんだみつお
中谷一郎
鳥越まり
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第16部」(みとこうもん だい16ぶ)は1986年4月28日から1987年1月19日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全39話(通算496回)。

ストーリー[編集]

和歌山紀州徳川家のお家騒動を解決するため、旅に出る。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
  • 水戸光圀:西村晃
  • 佐々木助三郎:里見浩太朗
  • 渥美格之進:伊吹吾郎
  • うっかり八兵衛:高橋元太郎
  • かげろうお銀由美かおる(第1話〜第5話、第7話、第9話〜第24話、第28話〜第31話、第33話〜第35話、第37話、第39話)
  • 煙の又平:せんだみつお(第1話〜第5話、第7話、第9話〜第10話、第14話〜第24話、第28話〜第31話、第33話〜第35話、第37話、第39話)
  • 風車の弥七:中谷一郎(第1話〜第15話、第17話〜第19話、第21話〜第23話、第25話〜第27話、第30話〜第32話、第34話、第36話〜第39話)
  • 富田香織:鳥越マリ
  • 竜神坊:市村昌治(第1話〜第3話、第6話〜第7話、第9話〜第10話)
  • 千丈坊:上野山功一(第1話〜第3話、第6話〜第7話、第9話)
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • お家騒動の裏で暗躍する刺客の前に散った紀州藩士・富田新八郎(加納竜)の妹・香織が、本シリーズのレギュラーとして、初回から最終回まで(西山荘から西山荘まで)、旅の供をする。なお、そのシリーズ限りの女性レギュラーが初回から最終回まで一行に同行することは、本シリーズ以後長い間無くなっていた。(里見黄門シリーズでは復活している。)
  • 藤林無門は1995年に放送された「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」にも登場している。
  • 藤林無門の登場する9話10話は、前後編扱いである。
  • 第22話でお銀が黒姫の十兵衛(今井健二)に捕まった際には、忍装束を脱がされてレオタード姿で縄で縛られ、猿轡も咬ませられた。
  • 第24話では光圀自らが悪者達に印籠を見せている。
  • お銀の登場により「入浴シーン」が印籠と並ぶ定番シーンとなっていく。
  • 「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」の第1話の冒頭でお銀が「10年振りに故郷に帰る」と発言しており、かげろう忍法帖の時間設定は第16部の約10年後であると考えられる。なお、かげろう忍法帖の劇中では悪人が所持している証書等に「元禄十年」と記載されていることが何度かあり、劇中の時間設定は元禄10年の前後である可能性がある為、その場合、第16部の時間設定は貞享4年の前後となる計算になる。
  • 邦楽監修を担当していた中本敏生がこのシリーズで降板する。
  • 本シリーズより、現像を請け負っていた東洋現像所が、会社名を変更したのに伴い、「現像・IMAGICA」となる。ただ、初期は字の表記法にやや混乱が見られ、縦書きと横書きの繰り返しを経たのち、縦書き(アルファベットの一文字一文字が、日本語と同じように縦に書かれたもの)として定着する。
  • TBSチャンネルでは、2011年に放送された。

第17部[編集]

水戸黄門 第17部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1987年8月24日-1988年2月22日(全26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下幸之助
監督 山内鉄也
矢田清己
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
里見浩太朗
伊吹吾郎
由美かおる
高橋元太郎
野村将希
中谷一郎
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第17部」(みとこうもん だい17ぶ)は1987年8月24日から1988年2月22日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全26話(通算522回)。

ストーリー[編集]

鳥羽藩取り潰しを画策する柳沢の陰謀を粉砕するために、鳥羽へ向けて旅立つ。事件解決後、旅先で知り合った少女・千春を母親に会わせるために四国へと向かう。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 1987年11月2日、西村黄門に紫綬褒章が授与される。
  • このシリーズから、初回から同行した女性レギュラー(旅立ちのきっかけとなる騒動の関係者)の出演は旅の目的地までとなる。また、番組編成が3部編成(本編→CM→本編→CM→本編)から4部編成(本編→CM→本編→CM→本編→CM→本編)に変わった。
  • 第1話から第9話まで鳥羽藩取り潰しのエピソードであり、第10話からは、新たな旅を開始させるパターンとなっている。
  • 第1話で煙の又平は、弥生の警護中に黒谷の道鬼一味の襲撃を受け、弥生を庇って殉職した。
  • 第1話で志乃、お新、お銀の共演シーンがある。
  • 第2話でくれないお蓮と戦ってたお銀は敵だった飛猿に羽交い締めにされ、動きを封じられてしまう。
  • 第2話で里見が光圀に扮している。この回には増田恵子がゲスト出演しており、お蓮役のMIEと合わせて元ピンク・レディーの2人が揃って出演したことになる。
  • 第8話で道鬼のアジトで飛猿と共に滝下へと落下したお銀は、飛猿に助けられ、近くの小屋で忍装束を脱がされて、上半身裸で包帯を巻いた状態で怪我の手当てを受ける。
  • 第8話で煙の又平がクレジットされているが、実際は第1話で収録した映像が、回想シーンで用いられている。
  • 第8話は第9話との前後編のため、ラストシーンは光圀らの潜む船小屋が刺客によって爆破されるというもので、放送当時、苦情の電話が殺到したという。
  • 第9話でお銀は黒谷の道鬼を討ち、煙の又平の敵討ちを果たした。また、第9話でお銀が煙の又平の火炎大筒を使用した。
  • 第18話のクライマックスでは、お銀がいつもの忍装束ではなく、通常の着物姿で立ち回りを行っている。
  • 最終回は前後編の後編にあたるが、話の展開上、途中江戸に移動するため、オープニングクレジットでも、「大坂・江戸」と表記されている。
  • 上記のとおり、第8話と第9話、並びに、第25話と第26話が前後編扱いである。また、視聴者の要望によりこのシリーズを最後に前後編扱いは廃止され、第18部以降は1話完結式に施行された。
  • 1987年11月16日に野村将希千代幸子さんと婚約を発表。
  • 助三郎役の里見浩太朗と志乃役の山口いづみ、第14部から登場していた2代目中山備前守役の中村竹弥の最終シリーズである。里見は第3部から17年間457回[注 1]、山口は第9部から8年間106回の出演だった。里見は、光圀役が西村晃に替わる時点で助三郎役を降板するつもりだったが、プロデューサーの逸見稔に「西村さんが慣れるまで(里見が助三郎役を)やってくれなければ困る」と泣きつかれ、本シリーズまで続投する事に。
  • 柘植の飛猿の登場により「入浴シーン」が確立された(お銀が入浴、それを見た悪人が混浴したさにお銀のいる湯屋に近づき、混浴しようかというところで、お銀が悪人にお湯をかけてパニックに落としいれ、悪人が逃げ回っているところに飛猿が登場、空手技で悪人を失神させて終わりというものや、飛猿が代わりに入浴しているパターンもある)。ただし、本作ではお銀の入浴シーンはあまりない。
  • 第17部のポスターから松下電器のロゴが一新され、それまでのNマークに変わりNationalマークが登場した(第38部まで続く)。
  • TBSチャンネルでは、2011年から12年にかけて放送された。また、地上波のTBSでも、2011年の初夏に再放送された。

第18部[編集]

水戸黄門 第18部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1988年9月12日-1989年5月1日放映(全33回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下幸之助
監督 山内鉄也
矢田清巳
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
あおい輝彦
伊吹吾郎
由美かおる
高橋元太郎
野村将希
中谷一郎
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第18部」(みとこうもん だい18ぶ)は1988年9月12日から1989年5月1日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全33話(通算555回)。

ストーリー[編集]

清国を巻き込んだ平戸藩の内紛を解決するため、旅に出る。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
  • 水戸光圀:西村晃
  • 佐々木助三郎:あおい輝彦
  • 渥美格之進:伊吹吾郎
  • かげろうお銀由美かおる
  • 柘植の飛猿:野村将希
  • うっかり八兵衛:高橋元太郎
  • 風車の弥七:中谷一郎(第1話〜第13話、第19話、第29話、第31話〜第33話)
  • 麗花(お梅):愛鈴(第1話〜第17話)
  • 玄竜(天竺屋清兵衛):川合伸旺(第1話〜第5話、第9話〜第10話、第12話、第15話〜第17話)
  • 緋竜:中村れい子(第1話〜第5話、第9話〜第10話、第12話、第15話〜第17話)
  • 青竜:浜田晃(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
  • 呑竜:北九州男(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
  • 玄竜の配下A:西村陽一(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
  • 玄竜の配下B:森山陽介(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
  • 玄竜の配下C:菊池香理(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
  • 玄竜の配下D:清家利一(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
  • 玄竜の配下E:稲田龍雄(第1話〜第5話、第9話、第12話、第15話〜第17話)
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 助三郎役は、あおい輝彦になる。それに伴い、設定が所帯持ちから独身に変更となった。この関係もあって、第一話では、渥美多加が格だけでなく、助の縁談もまとめて執り行いたい、などという老婆心を見せる場面があった。また、主題歌のアレンジも19年目にして初めて変更になる(歌詞はそのまま)。
  • 中谷一郎が立ち廻りの収録中に右足くるぶしを痛める怪我をする。この為第14話〜第18話、第20話〜第28話、第30話まで出演不能となる。
  • 第3話から第16話まで、オープニングの麗花のクレジット表記が、お梅と差し替えられた。
  • ここ数シリーズでは第1話は必ず火災炎上シーンがあったが、このシリーズの第1話では火災炎上シーンは無い。
  • このシリーズでお銀は、第2話・第3話・第15話で玄竜(川合伸旺)一味に捕まっているが、お銀が同じ刺客集団に3回も捕まったのはこのシリーズのみである。
  • 第2話でお銀が玄竜一味に捕まった際には、忍装束を脱がされてレオタード姿で磔にされ、激しい拷問を受けた。
  • 第3話では、お銀と一緒に飛猿も玄竜一味に捕まり、激しい拷問を受けた。
  • 第2話・第3話と連続で玄竜一味に捕まり、激しい拷問を受けたお銀は、第3話の最後の立ち回りの場面では、刀を杖替わりにしないと立っていられない程ボロボロな状態で危ない所を光圀や弥七に助けられた。
  • 第19話の印籠シーンで、格之進がアップ用ではなく薬入れ用の印籠を出している。だが、ストーリーの関係で、格が牢屋に入れられるため、事前に老公に印籠を渡していた可能性もあり、定かではない。なお、この放送回では、印籠は老公がさりげなく格に渡す形で、いつもの流れに入っている。定番の「一同、ご老公の御前である…」などのセリフも、助が格の、また格は助のセリフをいう形であった。
  • 第20話でお銀は忍装束姿で軽業を披露した。
  • 第9部以来久々に大量の新BGMが追加された。
  • 第18部のポスターのみ「水戸黄門」の書体が縦文字となっている。
  • 第17話が放送された2日前の1989年1月7日に昭和天皇崩御したことに伴い、CMは自粛。本来CMが入る箇所は全て、CM前に表示される画像(題字と徳川家の家紋)が表示されたまま、次の場面までずっと主題歌のインストを流し続ける、いわゆるフィラーの形態となっていた(本来ならばCMが流される時間の部分は公共広告機構のCMに差し替えられるところであった。また、当然のことながら、再放送では普通にCMが放送されている)。
  • 第14部より格の母親・渥美多加役の高峰三枝子(詳細は後述)、第1部から登場していた光圀の宿敵・柳沢吉保役の山形勲の最終シリーズである(実際に登場したのは第1-3、14-15、17-18部)。
  • 第1話で側用人役として登場した中村錦司が、最終回でも同じ役として登場する。ただし、第1話登場時は側用人という役名とともにクレジットされていたが、最終回では役名はなかった。しかし、劇中助三郎が「御用人」と呼んでいるところから、第1話と同じ役柄であることがわかる。落ち着きのない人物像もそのまま継承されている。また、その落ち着きのなさから、最終回では「囲碁は心を鎮める」として光圀に囲碁の相手をさせられるさい、「さあ、中村」と呼んでいることから、苗字がそのまま劇中で使われていることがわかる。なお、この側用人中村役は、20部最終回でも再び中村錦司が演じる形で登場する。
  • 準レギュラーのメンバー(多加を除く)が、初回と最終回だけだなく、第2回にも出演した。
  • TBSチャンネルでは、CS初として、2011年から12年にかけて放送された。

第19部[編集]

水戸黄門 第19部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1989年9月25日-1990年4月16日(全29回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下正治
監督 江崎実生
山内鉄也
矢田清巳
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
あおい輝彦
伊吹吾郎
由美かおる
高橋元太郎
野村将希
中谷一郎
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第19部」(みとこうもん だい19ぶ)は1989年9月25日から1990年4月16日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全29話(通算584回)。

ストーリー[編集]

庄内藩お世継ぎ騒動を解決するため旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 放送20周年記念シリーズ。
  • このシリーズから飛猿の忍び服から刀が無くなったが、その後も飛猿が刀を使用する場面が稀にあった。
  • 第1部から製作総指揮を務めていた松下幸之助の死去に伴い、松下正治が最終シリーズの第43部まで製作総指揮となる。
  • 第1部からナレーターを務めていた芥川隆行が1990年10月2日に死去し、本作が最終シリーズとなる。第20部より同じ元・TBSアナウンサーだった杉山真太郎が後を継ぐ。
  • 第19部のポスターから「水戸黄門」の書体が横文字に戻った。
  • 第13部以来7年ぶりに山野辺兵庫が登場し、高松英郎が山野辺を演じた。
  • 今シリーズから、制作協力が東映から東映太秦映像に変わった。
  • TBSチャンネルにおいて、2012年1月よりCS初放送。
  • 第1話・第2話でお銀は鬼巌坊(山本昌平)一味に捕まるが、お銀が刺客に2話連続捕まるのは、第18部の第2話・第3話に次いで、2度目だった。
  • 第2話で助三郎が光圀に八兵衛が助三郎に扮して、捕まったお銀を助けに行った。

第20部[編集]

水戸黄門 第20部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1990年10月22日-1991年10月7日(全48回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下正治
監督 江崎実生
山内鉄也
矢田清巳
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
あおい輝彦
伊吹吾郎
由美かおる
高橋元太郎
野村将希
中谷一郎
オープニング ああ人生に涙あり
テンプレートを表示

水戸黄門 第20部」(みとこうもん だい20ぶ)は1990年10月22日から1991年10月7日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全48話(通算632回)。

ストーリー[編集]

光圀の実子である高松藩主・松平頼常荻島真一)が、参勤交代に出府してこないという大事が起きる。表向きの理由は病気だが、頼常の病気騒動には何か裏があると確信した光圀は、将軍・綱吉の許しを得て高松へ向けて旅立つ。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 水戸黄門シリーズで最も話数の長い部である。そのため、放送期間が約1年もかかった。
  • 第19部の放送終了後に格之進の母・多加役の高峰三枝子が逝去(1990年5月27日没)したため、一行が旅に出ている間に多加も死去した設定となり、一行が西山荘に戻ってから初めて多加の死を知るエピソードが第1話で描かれた。
    • 多加の死去に伴い、格が多加の日記を見て回顧するシーンや、多加の遺言でお見合いをさせられかけたこと、これまでご老公の安否を気遣っていた山野辺兵庫が、多加の遺志を継いでお見合いを迫るなど、引き続き見合い話が持ち出されている。
  • ここ数シリーズでは第1話は旅の出立の話で終わることが多かったが、第15部以来久々に第1話で立ち回り・印籠を出すシーンが登場した。
  • 第20部を記念して北海道と沖縄を除く全都府県を回り、各都府県出身のタレント(中村玉緒大坂オール阪神・巨人高知西川きよし間寛平福岡武田鉄矢長崎坂上香織八代八代亜紀鹿児島坂上二郎別府麻丘めぐみ西村知美長岡小林幸子酒田ケーシー高峰など)をゲスト出演させた。尚、第9話はミヤコ蝶々の出演が予定されていたが本人の都合が合わなかったため、村田知栄子が彼女の代役として出演することとなった。
  • ミス水戸黄門の公募が行われ、各局の代表がそれぞれ何らかの役で出演している。
  • 第11話では八兵衛が光圀に扮している。
  • 第13話で西川きよし西川弘志親子が親子役、間寛平が悪党の子分役で出演している。またこの回では立回り後に印籠を見せるシーンがなく、光圀一行はお縄を受けて牢に自ら連行される。
  • 第19話において柳沢が老中として健在であることが確認できる。
  • 第31話で、一部のクレジットが別のに差し替わる。顕著なのは、高橋元太郎の「橋」の字の木へんがはねていることと、監督の高倉祐二が、従来はしごだか()で表記されていたものが、新字体の高に変わっていた。このクレジットは第32話においてもとに戻ったものの、第39話以降最終回まで、再び使用されるようになった。
  • 第47話の見どころの殺陣シーンは、珍しくロケによるものであった。
  • 第47話では西村のスケジュールの都合で、光圀と助・格・八の絡みが一切ない。そのためクライマックスでは、助と格が偽黄門(小松政夫)を仕立て、彼を利用して「控えおろう」と悪人を平伏させる異色の展開となった。また、圧倒的に光圀の登場シーンが少ない。結局、この回で光圀と絡みがあったのは、ゲスト出演者と風車の弥七だけであった。
    • 冒頭から光圀が登場しないため、八が光圀に扮して事の経緯を再現するという形で、1分20秒超をノーカットで演じて見せた。
  • 第47話冒頭から終わりまで絡みがない代わりに、ゲスト出演の芦屋雁之助演じる左甚五郎とともに日光を発つ形で終了し、第48話に話が続く。第47話の途中で、堀田備前守の話も出てきていることから、第48話への伏線ともなっている。
  • 第1部から本作の編集を担当していた河合勝巳が第46話の作業終了後に逝去(担当回数630回)。
  • 最終回の霞のお新のクレジットは、段の字を用いた霞の字を使用していた。
  • 最終回で、側用人中村役で中村錦司が登場する。クレジットも、役名が単に「中村」となっている。第18部以来の登場である。
  • 最終回では、クライマックスにおける殺陣のシーンで弥七が登場しない代わりに、同シーンと、それ以外の場面で、霞のお新が久々に忍び姿で刀を交えて、老公一行を補佐している。この時にお新が風車を使用する場面があった。この際には、お新・お銀・飛猿という珍しい組み合わせで立ち回りが行われた。簡単な技を披露した第18部第2話以来の活躍である。
  • 光圀と敵対する老中として堀田備前守(永井秀明)が登場する。
  • 第20部では各話終盤部分での印籠と共に光圀が正体を明かす場面において、他の部とは違ったBGMが使われることが多かった。
  • 富山県でのネット局が、北日本放送からチューリップテレビ(第20部開始の3週間前にあたる、1990年10月1日に開局)に変更となった。

第21部[編集]

水戸黄門 第21部
ジャンル テレビドラマ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1992年4月6日-1992年11月9日(全32回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 松下正治
監督 江崎実生
山内鉄也
矢田清巳
原作 葉村彰子
脚本 葉村彰子
プロデューサー 西村俊一
出演者 西村晃
あおい輝彦
伊吹吾郎
由美かおる
高橋元太郎
野村将希
中谷一郎
オープニング ああ人生に涙あり

特記事項:
初回:19:00 - 20:54 (114分)
テンプレートを表示

水戸黄門 第21部」(みとこうもん だい21ぶ)は1992年4月6日から1992年11月9日までTBSで放送されたナショナル劇場のドラマ。製作はC.A.L。全32話(通算664回)。

ストーリー[編集]

岡崎藩のお世継ぎ騒動を解決するため、旅に出る。

キャスト[編集]

メインレギュラー[編集]
準レギュラー[編集]

スタッフ[編集]

行程[編集]

解説[編集]

  • 西村黄門最終シリーズ。
  • 第1話は水戸黄門史上初の2時間スペシャルで放送した。水戸から目的地・岡崎まで一気に突っ走り、内容も盛りだくさんだった。また本シリーズでは久々に第一話にタイトルが付された。初回からあざやかにスタートしたがシリーズ開始後の1992年4月9日、西村晃の最愛の妻である則子さんが急性心不全で死亡、このショックで体力が続かなくなり、第14話の宇和島では、佐野浅夫が偽黄門役でゲスト出演している。これは次代の黄門役の候補の1人としてのテスト出演であった(偽黄門の服装の色は第1部の東野黄門に近いものであった)。そして同年8月25日に西村は勇退を表明。足がけ9年、283回の世直し旅を演じた。9月25日の収録では最後の立ち回りのシーンは目が涙目になっていてスタッフ、キャストより花束が送られた時は亡き妻・則子さんを思い出し涙目だった。また第1部から番組制作に携わってきたプロデューサーの西村俊一もこのシリーズを最後に降板した。尚、1992年は当時のTBS社長・磯崎洋三ムーブを立ちあげられ「クイズ100人に聞きました」、「わいわいスポーツ塾」、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」、「料理天国」、「クイズダービー」、「KATO&KENテレビバスターズ」等の人気番組も放送を終了し、同シリーズの終了も合わせTBSは1つの時代を終わらせた。
  • 2012年11月1日よりTBSチャンネル1にてCS初の再放送がされた。
  • 再放送素材では、第一話が前編後編と別れたものであり、各話ごとにオープニングクレジットも、出演者に合わせたものに置き換えられている。また、通常左下に書かれる地名が、再放送素材では「前編」「後編」と書かれており、地名の表記は一切なかった。一方、TBSチャンネル1での放送では、本編に入る前に挿入されるTBSチャンネル独自のタイトルクレジットに(水戸・岡崎)と地名も付されたうえで、(前編)(後編)という区分けが記されていた。
  • 第20部第47話に引き続いて、第一話前編でも小松政夫が、似た格好と似たキャラクターで登場し、また偽黄門を演じた。
  • 第1話の川合伸旺演じる幻鬼は、第18部の刺客の首領と似たロングヘアーと衣装であった。また、配下の青竜、呑竜が同じ名前であるうえ、第18部で呑竜を演じた北九州男を連想させる大前均が起用されている。また、刺客として登場した俳優は、そのシリーズでは他の役で出演することはないが、このシリーズのみそれぞれ他の役で(川合伸旺は第18話、内田勝正は第23話、大前均は第28話にて、)出演している
  • このシリーズのテーマが「名湯と名産を津々浦々に尋ねる漫遊記」であるため、毎回お銀の入浴シーンがある。
  • 第14話から助三郎の着物が21部のポスターのものではなく違う着物を着ている。
  • 第21部のポスターからNationalの下の松下電器・松下電工の書体位置が一回り大きくなり、TBSのロゴマークが変更された(第23部から現在のロゴに変更)。
  • 第21部の終盤になって愛媛県での放映が南海放送からあいテレビ(9月21日 - 9月30日サービス放送、10月1日 - 開局)に変更された。

他のドラマとのコラボレーション[編集]

第16部放送開始10日前の1986年4月18日に放送された『うちの子にかぎって…スペシャル1 金曜日の子供たちへ 水戸黄門と夢の共演!! 京都修学旅行大騒動』(田村正和主演)の中で、事実上の番組の宣伝が行われた。内容は、『うちの子にかぎって…』に登場する小学生が修学旅行先の京都で水戸黄門の出演者と会うというもの。この中で小学生たちが撮影現場に乱入し、教師の石橋徹が止めに入るという場面があり、それを見ていた西村が「あの先生にかぎって」と言うユニークな演出がなされた。この翌年に放送された田村主演の『パパはニュースキャスター』と翌々年に放送された『パパは年中苦労する』では本作のナレーターでもある芥川隆行がナレーションを担当している。

補足[編集]

西村と里見は番組降板後、NHK大河ドラマ炎立つ』で共演している。撮影の休憩時間、里見が西村に対して「ご隠居!江刺は初めてですか?」と声をかける場面もあったという。 また、1992年に西村をはじめとする当時のレギュラー陣がナショナルのジャーポットのCMに出演した(ただし、このCMでは全員ブレザーを着ていた)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後、2002年に主人公・5代目水戸光圀役として復帰

出典[編集]

外部リンク[編集]