こちら本池上署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
警察署長 (漫画) > こちら本池上署
こちら本池上署
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレパック
TBS
演出 脇田時三
山内宗信
黒澤淳
池澤辰也
大久保智己
杉村六郎
松原信吾
川田理
脚本 横田与志
伊藤崇
吉田弥生
津軽海渡
櫻井武晴
福田卓郎
宮村優子
中島淳彦
出演者 高嶋政伸
水野真紀(1 - 4)
松本明子(5)
金子賢
野波麻帆
知念里奈
佐藤B作(1-2、4-5)
西岡徳馬(2-)
伊原剛志(1-2、4)
高橋由美子(4 ‐ )
星由里子
橋爪功
第1シリーズ
放送時間 月曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2002年7月8日 - 9月16日(11回)
オープニング 藤木直人涙のいろ
外部リンク BS-TBS
第2シリーズ
放送時間 同上
放送期間 2003年4月14日 - 7月21日(15回)
オープニング NANA KATASE「Shine」
外部リンク BS-TBS
第3シリーズ
放送時間 同上
放送期間 2004年1月12日 - 3月22日(11回)
オープニング COOL DRIVE「風向きはいつだって変わる」
外部リンク BS-TBS
第4シリーズ
放送時間 同上
放送期間 2004年10月11日 - 12月27日(11回)
オープニング スガシカオ光の川
外部リンク BS-TBS
第5シリーズ
放送時間 同上
放送期間 2005年6月13日 - 9月12日(14回)
オープニング THE ALFEE100億のLove Story
外部リンク BS-TBS
テンプレートを表示

こちら本池上署』(こちらほんいけがみしょ)は、TBS系列の『ナショナル劇場』(後にパナソニック ドラマシアター月曜ミステリーシアター)枠(毎週月曜日20:00 - 20:54[1]JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は高嶋政伸

原案は、たかもちげん作・やぶうちゆうき画の漫画警察署長』。

水戸黄門』と交代のシリーズドラマとして2002年から2005年の第5シリーズまで放送された。

概要[編集]

東京都南部にある警視庁麾下の架空の警察署・「本池上警察署」がドラマの舞台(ちなみに「池上」は大田区に実在する地名)。本池上署署長の椎名啓介高嶋政伸)がドラマの主人公。本池上署の警察官、主人公の家族、犯罪と立ち向かう本池上署管内の地元住民の人間模様を描く。なお、シナリオや主人公の周辺以外の殆どのキャラクターはドラマオリジナルの設定である。

ナショナル劇場枠は、『水戸黄門』や『大岡越前』、『江戸を斬る』など時代劇中心のドラマ枠だったが、1960年代は『七人の孫』など現代劇中心の枠だった。2001年10月から1クールで放送された『こちら第三社会部』から32年ぶりに現代劇の製作を復活し、本作はその第2弾としてスタート。最初のシリーズが好評だったことから、本作が『越前』に代わって『黄門』の新シリーズスタートまでの間(1クール)に放送されるシリーズとなった。高嶋にとっては『HOTEL』と並ぶライフワーク的ドラマシリーズでもあった。

第1シリーズから高嶋の娘役として加護亜依が出演し、第3シリーズからは中澤裕子が雑誌記者役で出演、さらに、高橋愛などモーニング娘。もゲストで出演するなど、ハロー!プロジェクトとも関わりのあるドラマでもある(高橋出演の回では、一部の雑誌などでは、出演者予告として最初は吉澤ひとみがゲスト出演と掲載されていたが、スケジュールの不都合から高橋に変更された)。

第1シリーズはナショナル劇場初のハイビジョン撮影作品で、本作品は全シリーズがハイビジョン撮影となっている。

原作漫画「警察署長」が終了し、同じく椎名が警視庁第一方面本部長に異動後のエピソードを描いた「警視正 椎名啓介」も連載終了した事もあり、実質上は第5シリーズをもって完結したと言えよう。 2011年4月から6月29日まで第1シリーズから第5シリーズまでの全シリーズがBS-TBSで再放送された。

キャスト[編集]

本池上署員[編集]

男性陣は一部の署員を除き荒っぽさが感じられる。女性陣は普段は品良く振舞いつつも、ときおり強気な所を見せることもある。男女問わず、人情深く、気さくな人間達ではあるが、犯罪者相手なら一切容赦はしない。

椎名 啓介(しいな けいすけ・全シリーズ)
演 - 高嶋政伸
署長、警視正。東京大学法学部卒で国家公務員試験I種をトップで合格するも警察としては異例となる長年所轄の署長を務める。堂上、高杉とは同期。
青柳 十三(あおやぎ じゅうぞう・全シリーズ)
演 - 橋爪功
副署長、ノンキャリアの警視。
前島 恭平(まえじま きょうへい・全シリーズ)
演 - ベンガル
刑事課兼生活安全課課長(第3シリーズからは刑事課長専任)。警視
篠田 吾郎(しのだ ごろう・第1・2・4・5シリーズ)
演 - 佐藤B作
刑事一課主任、巡査部長。元高校体育教師。菊川の夫とかつてコンビを組んでいた。
堂上(菊川) 麻衣(どうがみ(きくかわ) まい・第1-4シリーズ)
演 - 水野真紀
刑事二課係長、警部補。三年前に刑事だった夫を、逃走中の犯人に撲殺されその犯人探しに執念を燃やす。家族には一女がいる。第1シリーズの最終回で夫殺しの犯人を逮捕。後堂上と再婚、堂上姓になり、堂上との間にも子供をもうけた。
関川 佑作(せきかわ ゆうさく・全シリーズ)
演 - 田口浩正
刑事一課主任。第5シリーズでは刑事二課の主任に転属。巡査部長。待機寮の寮長も務める。
相馬 俊彦(そうま としひこ・全シリーズ)
演 - 池内万作
刑事二課巡査。大卒ノンキャリアで、出世志向。いつも昇進試験の勉強に余念がない。第3シリーズで巡査部長に昇格。名前は原作に登場するキャリアの刑事課長代理から。
新藤 敦子(しんどう あつこ・第1-3・5シリーズ)
演 - 知念里奈
刑事一課巡査。中国への語学研修を経て暴力団対策係の特別捜査官として本池上署に復帰。名前は原作に登場した警察事務職員から。
水木 健司(みずき けんじ・全シリーズ)
演 - 金子賢
地域課から刑事一課に転属した新米刑事。父の失踪をきっかけに非行に走っていた頃、少年係だった麻衣に世話になったことから警察官に。第5シリーズでは再会した父が病に倒れ、介護のために警視庁を退職、高知県警に採用され(所轄名不明)沖の島駐在所勤務の巡査部長に。名前は原作初期に登場した刑事から取られているが、人物像は水木の異動後に配属された前田吾郎のものも組み合わせて設定された。
堀内 純子(ほりうち じゅんこ・第1-2シリーズ)
演 - もたいまさこ
生活安全課少年係長、警部補。原作同様に通称「家事さん」。第3シリーズでは交通課に転属。
中井 あずさ(なかい あずさ・全シリーズ)
演 - 野波麻帆
蒲田署交通課から生活安全課少年係に配属された。第4シリーズでは警視庁捜査一課現場資料班に栄転。そこで巡査部長に昇格するも水木と共に生きる道を選び警視庁を退職、高知県警(所轄名不明)沖の島駐在所勤務の道に。名前は原作に登場する地域課の中村あずさから。
権藤 薫(ごんどう かおる・第3シリーズ)
演 - 村田雄浩
刑事一課主任、巡査部長。FBIの研修歴がある。課内では一匹狼を気取っている。離婚歴ありで娘が1人いる。
丸山 節子(まるやま せつこ・第3-5シリーズ)
演 - 銀粉蝶
ポストを退いた前島の後任の生活安全課課長、警部。前島とは警察学校の同期でライバル。
伊佐美 悠子(いさみ ゆうこ・第3シリーズ)
演 - 猫背椿
生活安全課主任、巡査部長。旦那も警察官。
高杉 巴(たかすぎ ともえ・第4・5シリーズ)
演 - 佐藤藍子
生活安全課少年係巡査。初登場時、署長と知らずに職務質問をしたことがある。亡くなった兄は椎名、堂上の同期。
千葉 銀志郎(ちば ぎんしろう・第4・5シリーズ)
演 - 阿部薫
刑事一課巡査。涙もろい。赴任初日にスリに会う。漫画好きで秋葉系ガンオタで似顔絵作成をするようになる。
滝沢 純(たきざわ じゅん・第4シリーズ)
演 - 成松慶彦
生活安全課所属。
山野 咲(やまの さき・第5シリーズ)
演 - 松本明子
刑事一課係長。警部補。
竜崎 愛(りゅうざき あい・第5シリーズ)
演 - 金子昇
暴力団対策係から水木の後任で刑事一課に転属。巡査。名前で呼ばれるのを嫌う。
飛田 満ちる(ひだ みちる・第5シリーズ)
演 - 小倉優子
生活安全課の新米巡査。群集警備演習ではアイドルの小倉優子に扮した。
古賀 大作(こが だいさく・第5シリーズ)
演 - 小島邦裕
生活安全課所属。

警視庁[編集]

堂上 洸一(どうがみ こういち・第1・2・4シリーズ)
演 - 伊原剛志
椎名と同期入庁。第二方面本部長から刑事部参事官を経てFBIに出向。麻衣の前夫である菊川警部補の上司だった。
鈴木 祐一郎(すずき ゆういちろう・全シリーズ)
演 - 岡本竜汰
捜査一課管理官、警視。キャリアであり、職種が違うにも関わらずノンキャリアの小山田を信奉し、小山田が署に来る時には同行することが多い。通称、カバン持ちの鈴木。堂上の本部長時代にもしばしば同道していたが、信条が椎名に近かったためかあまり馬が合わなかった模様。
菊川 真之(きくかわ まさゆき・第1シリーズ)
演 - 比留間由哲
捜査一課係長で麻衣の前夫。連続強盗殺人事件の犯人に拳銃を奪われた上に殉職した。
小山田 進一(おやまだ しんいち・第2-5シリーズ)
演 - 西岡徳馬
堂上の後任として第二方面本部長を務める警視正。ノンキャリアの叩き上げ。椎名のやり方には一定の理解を示しつつも良い顔はしていない。

椎名家[編集]

岡本 敏江(おかもと としえ・全シリーズ)
演 - 星由里子
啓介の義母・英子の母。署長官舎に啓介達と同居し、多忙な英子の代わりに家事一切をこなす。
椎名 由美(しいな ゆみ・全シリーズ)
演 - 加護亜依
啓介の長女。中学生。第4シリーズから高校生に。
椎名 英子(しいな えいこ・第5シリーズ)
演 - 高橋由美子
啓介の妻。絵本作家「しいなえいこ」として活躍しており、取材で飛び回るか執筆で部屋に篭るかで滅多に顔を見せない。そのため第4シリーズまでは特定の役者が設定されていなかった。

味里[編集]

奥山 ゆり子(おくやま ゆりこ・全シリーズ)
演 - 伊藤榮子
女将。
笠松 しのぶ(かさまつ しのぶ・第3-5シリーズ)
演 - 清水めぐみ
仲居。
佐伯 次郎(さえき じろう・全シリーズ)
演 - 田辺伸之助
板前。

その他[編集]

宮本 憲一(みやもと けんいち・第1シリーズ)
演 - 大竹周作
毎朝新聞社会部記者。
町内会会長(全シリーズ)
演 - 城後光義
本池上町内会の会長。シリーズによって名前が違う。
元宮 すず(もとみや すず・第3-5シリーズ)
演 - 中澤裕子
雑誌記者。一時期英子の担当編集者だった。
原 実咲(はら みさき・第3シリーズ)
演 - 杉林沙織
権藤の娘。離婚した権藤のことを毛嫌いしていたが、ある事件をきっかけに関係に変化が。
小池 愛(こいけ あい・第3-5シリーズ)
演 - 村川敦子
署内にある喫茶店店員
東 恵理香(あずま えりか・第3-5シリーズ)
演 - 江口のりこ
丸山食堂の店員。
向井 晴子(むかい はるこ・第3・4シリーズ)
演 - 草村礼子
とある事件後に保護司となり内海陽介の保護司になる。
内海 陽介(うつみ ようすけ・第4シリーズ)
演 - 宮崎将
以前水木に逮捕され少年院を仮退院後、更正にはげんでいる。
内海 比沙子(うつみ ひさこ・第4シリーズ)
演 - 山口美也子
陽介の母。
山野 桜(やまの さくら・第5シリーズ)
演 - 野村昭子
咲の姑。特技はマッサージ。
山野 陸生(やまの りくお・第5シリーズ)
演 - 朝倉伸二
咲の夫。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

第1シリーズ(2002年)[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 演出 視聴率
第1回 2002年
7月08日
署長の三不思議 渡辺典子掛田誠 横田与志 脇田時三 18.2%
第2回 7月15日 盗まれた拳銃 渡辺典子、掛田誠宮田早苗あづみれいか 14.1%
第3回 7月22日 ノゾキと父の記憶 宇都宮雅代谷津勲米倉斉加年 山内宗信 14.1%
第4回 7月29日 時効24時間前の涙 深水三章西尾まり伊東貴明 16.9%
第5回 8月05日 水木刑事失恋する 保田圭高橋元太郎佐藤梨紗 伊藤崇 黒澤淳 15.2%
第6回 8月12日 食い逃げ家族 高杢禎彦安永亜衣野仲イサオ唐沢潤上田耕一 横田与志 15.4%
第7回 8月19日 花火と副署長の涙 愛里松金よね子佐渡稔 吉田弥生 池澤辰也 15.9%
第8回 8月26日 父親を売った少年 モロ師岡松田敏幸 伊藤崇 14.4%
第9回 9月02日 女子高生禁断の罪 大鶴義丹高杉瑞穂高橋愛、芦田昌太郎 横田与志 黒澤淳 15.9%
第10回 9月09日 刑事殺人犯逮捕 大鶴義丹、芦田昌太郎 吉田弥生 池澤辰也 14.0%
最終回 9月16日 9時間前の大逆転 大鶴義丹、石井洋祐 横田与志 黒澤淳 12.8%
平均視聴率 15.17%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

第2シリーズ(2003年)[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 演出 視聴率
第1回 2003年
4月14日
署長降格? 青木堅治花原照子 横田与志 脇田時三 18.6%
第2回 4月21日 被害者の傷跡 片瀬那奈、高杉瑞穂、三浦涼介 吉田弥生 17.1%
第3回 4月28日 記憶の中の父 車だん吉清水あすか東丘いずひ 伊藤崇 山内宗信 15.9%
第4回 5月05日 疑心の張込み 小沢和義横山あきお飯田基祐、小松エミ 横田与志 14.0%
第5回 5月12日 心のかけ橋 清水ゆみ、REI、愛川裕子山崎海童 吉田弥生 黒澤淳 15.1%
第6回 5月19日 私だれの子? 新克利矢口真里堀勉 津軽海渡 14.6%
第7回 5月26日 寮長に最敬礼 堤大二郎小市慢太郎杉崎ひろや大後寿々花 横田与志 大久保智己 14.4%
第8回 6月02日 副署長の恋人 黄川田将也池上季実子山上賢治 伊藤崇 16.1%
第9回 6月09日 黙秘をする男 的場浩司湶尚子 横田与志 黒澤淳 16.3%
第10回 6月16日 父親の遺伝子 木場勝己山村紅葉絵沢萠子、掛田誠 吉田弥生 16.4%
第11回 6月23日 狙え!総監賞 紺野あさ美斉藤暁山崎大輔 櫻井武晴 大久保智己 17.1%
第12回 6月30日 警察嫌い! 金田拓三、小林元樹伊藤幸純、堤大二郎 横田与志 16.5%
第13回 7月07日 ママは17歳 あいはら友子山西道広木村茜藤澤志帆 吉田弥生 池澤辰也 15.1%
第14回 7月14日 署内大騒動! 加藤啓橋沢進一大関正義 櫻井武晴 15.5%
最終回 7月21日 署長交替 伊藤昌一川口真五松永久仁彦須部浩美 横田与志 黒澤淳 14.9%
平均視聴率 15.84%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

第3シリーズ(2004年)[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 演出 視聴率
第1回 2004年
1月12日
警察官失格! 河原雅彦三田あいり原金太郎 横田与志 池澤辰也 15.0%
第2回 1月19日 葬式サギ師 下川辰平三波豊和大河内浩浅利陽介須永慶杉浦直樹 吉田弥生 15.2%
第3回 1月26日 どろぼう指南 左とん平小橋賢児政岡泰志池谷のぶえ 伊藤崇 大久保智己 15.9%
第4回 2月02日 誤認逮捕! 宮地真緒中野英雄山中崇史森下千里千葉雅子朝田帆香樋渡真司 横田与志 15.7%
第5回 2月09日 職務質問の女 いしのようこ近藤芳正甲本雅裕 櫻井武晴 池澤辰也 16.1%
第6回 2月16日 結婚サギ師 池上季実子、西田健、鳥居しのぶ、山西惇木村翠 横田与志 杉村六郎 15.6%
第7回 2月23日 空き巣犯の謎 金子貴俊、つちだりか、菅井きん 福田卓郎 大久保智己 17.3%
第8回 3月01日 強盗犯の脅迫 洒井敏也、原日出子 宮村優子 池澤辰也 15.3%
第9回 3月08日 刑事の観察眼 ふとがね金太浪花勇二駒田健吾本多晋長谷川初範 櫻井武晴 杉村六郎 13.5%
第10回 3月15日 時効7時間前 川久保拓司草村礼子、高杉瑞穂、金田明夫 吉田弥生 大久保智己 13.4%
最終回 3月22日 刑事殉職 大村波彦、原日出子、丹古母鬼馬二原金太郎 横田与志 池澤辰也 11.9%
平均視聴率 14.99%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

第4シリーズ(2004年)[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 演出 視聴率
第1回 2004年
10月11日
小さな目撃者 一條俊 宮村優子 脇田時三 13.0%
第2回 10月18日 銃と自転車 渡辺哲浅井江理名久保晶井上佳子 池澤辰也 12.1%
第3回 11月01日 子連れ泥棒 増田由紀夫糟谷健二 伊藤崇 松原信吾 14.7%
第4回 11月08日 信じるということ 久保晶、せんだみつお藤田哲也笠原秀幸 櫻井武晴 12.9%
第5回 11月15日 絶対音感の女 安藤希金井勇太中山克己泉晶子 宮村優子 池澤辰也 15.1%
第6回 11月22日 幻のエース 金山一彦山本龍二 中島淳彦 15.8%
第7回 11月29日 消えた被害者 今福将雄赤塚真人大地泰仁 吉田弥生 川田理 14.3%
第8回 12月06日 小学校荒らし 渡辺寛二立原勇武橋本悠一郎 福田卓郎 大久保智己 11.1%
第9回 12月13日 孫と勝負師 野波麻帆笠原秀幸塩澤英真神山繁 宮村優子 11.6%
第10回 12月20日 16年目の真実 野村祐人高杉亘山本ふじこ 池澤辰也 11.7%
最終回 12月27日 幼子達のSOS! 宮下直紀青山知可子古川りか笠菜月 12.5%
平均視聴率 13.16%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

第5シリーズ(2005年)[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 演出 視聴率 備考
第1回 2005年
6月13日
銭湯籠城 ダンカン建みさと田口主将IZAMお宮の松田島絵里香 宮村優子 池澤辰也 13.1%
第2回 6月20日 振り込め詐欺 吉野きみか薬師寺保栄 福田卓郎 12.5%
第3回 6月27日 本池上署爆破 結城しのぶ原田大二郎前園りさ蒲生純一七枝実 平林幸恵 山内宗信 12.7%
第4回 7月04日 盗まれた手口 渋谷琴乃小沢和義正名僕蔵、石井洋祐 櫻井武晴 14.3%
第5回 7月11日 百日紅の花 岸本祐二青木麻由子 池澤辰也 11.9%
第6回 7月18日 父娘の再会 坂本あきら小向美奈子 伊藤崇 10.2%
第7回 7月25日 疑惑の窃盗犯 山崎樹範、ともさと衣、山本康平松本彩友美 大久保智己 12.9%
第8回 8月01日 殺人の予告状 中原丈雄宝積有香日向明子眞島秀和宇佐美なな矢口聖来 土屋保文 12.2%
第9回 8月08日 夢の二人三脚 加藤茶、湖映佳奈子 小木曽豊斗 山内宗信 12.6%
第10回 8月15日 伝説のスリ師 加藤武井上晴美清水萌々子岡田正典土平ドンペイ山口祥行 平林幸恵 12.2%
第11回 8月22日 騒音の隣人 岡平健治吉野紗香千石規子 中島淳彦 池澤辰也 11.5%
第12回 8月29日 優しい嘘 遠野凪子三船美佳山田誉子、須永慶、武えり 福田卓郎 11.8%
第13回 9月05日 幽霊タクシー 山口果林、せんだみつお、伊東孝明、森脇英理子前田吟 櫻井武晴 山内宗信 13.6%
最終回 9月12日 秘密泥棒 黒田アーサー奥田達士、安藤咲良 宮村優子 池澤辰也 13.0%
平均視聴率 12.46%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

第4シリーズ第3回は当初、2004年10月25日に放送される予定だったが、日本シリーズ第4戦が台風上陸の影響で順延され、TBSが放映権を獲得した第7戦もこの日にずれ込んだため放送を休止し、予定より番組終了を1週遅らせて対応した。

関連書籍[編集]

  • こちら本池上署 - ノベライズ (エンターブレイン 2003年7月)

しいなえいこ名義での絵本が出版されている。

脚注[編集]

  1. ^ ABSFBCJRTは日曜22:30 - 23:24

外部リンク[編集]

ナショナル劇場現代劇枠
前番組 番組名 次番組
こちら本池上署